御前崎へづけ丼を食べに Time-lapse Cycling 7

7月2日(日)は御前崎の「なぶら市場」へ行って、づけ丼を食べてきました。

ルートは昨年御前崎へ行ってパンクしたときとほとんだ同じですが、帰りは菊川市街、菊川運動公園を抜けて満水(たまり)の方から帰ってきました。

この日はとくに暑く、熱中症の警報も出ていたようです。実際に途中の水分補給も多かったし、翌日の疲労感は半端なかったです。

先週に引き続き、HDR-AS100Vでタイムラプス撮影もしてきました。

カメラの設置位置を変えたのでシフターは写っていませんが、先週撮影途中にプロテクターレンズが脱落し、付けなおしたときの位置がおかしくて、画角のフチに映り込んでしまっています。

それに岬では風が強くて潮が顔に当たるほど。帰ってきてから撮影した映像を見て、レンズが途中から曇っていたことに気がつきました。

170702-01

往路途中に寄った御前崎のサークルK。入口が二重になっているのって珍しくない?
よくある構造ならいいんだけど、クルマの飛び込み緩衝帯なのかな?と思いました。

170702-02

「なぶら市場」で食べたづけ丼(1,000円)。

こちらのお店も先週行った「漁師のどんぶり屋」と同じく客席が空いていました。なぜ?最近アニサキスが話題になっていたから?
自分はお陰様で走って疲れただけでピンピンしているよ。

170702-03

静岡県最南端の標識の前で。

いつもなら標識の台座に自転車をもたせ掛けて撮影するんですけど、とにかく風が強くて自転車が動いてしまいます。
しょうがなく横の柵にもたせ掛けたんだけど、風で倒れてしまわないかヒヤヒヤ。

170702-04

御前埼灯台。

灯台の左上方に縦になって写っている白い紐みたいなものと、その影みたいなものはなんだろう?
撮影中は気がつかなかったんだけど、2枚撮影した写真、2枚とも同じように写っています。

御前崎の自転車道はあいかわらず路面は最悪で、コンクリート舗装の継ぎ目はボロボロ。
マシなところを選んで通過するから右へ左へ移動して撮れた映像もブレブレ。そして誰も通らないから草ボーボーの悪循環。

今回は記録の意味も込めてコース全部を走ったけど、舗装が変わらない限り、多分2度と走らない。
スピードも抑えて走ったのでパンクもせず、まさに走破した。

迷走距離:75.63km Av:17.76km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー