HDR-AS100V・MAXエラーになった時の対応

HDR-AS100Vでタイムラプス(インターバル)撮影をしたときの撮影可能枚数は、メモリーカードが8GBで7,700枚、16GB:15,500枚、32GB:31,000枚、64GB:40,000枚が上限です。

フォーマットしたばかりの64GBメモリーカードなら、カウンターが「40,000」からスタートし、シャッターが切られるたびにカウントダウンしていきます。
そして、上限枚数に達すると液晶モニターに「MAX」と表示されて撮影できなくなります。

170704-01

1秒間隔で5時間撮影しても18,000枚なので、64GBのメモリーカードを入れていれば、そうそうエラーが出て撮影できなくなることはありません。

問題なのは、撮影したファイルをメモリーカードからパソコンにコピーし、メモリーカードの中身を削除して空っぽにしてもカウンターが「40,000」に戻らないこと。

そのまま何度も撮影しているとカウンターが積算し、いつしか「MAX」が表示されて撮影を中断させられることになります。メモリーカードの容量がいっぱい残っていても。

「MAX」が表示されたらどうするか?
製品のハンドブックには、「MAX:撮影できるファイル数の上限を超えています。」と記載されているだけで、対処法が書かれていないので途方に暮れます。

実際の対応方法は、まず撮影したファイルをパソコンなどにコピーします。それからメモリーカードをHDR-AS100Vでフォーマットする。
そうすると撮影したファイルも消えて、カウンターが初期値に戻ります。

製品ハンドブックの「やりたいことから探す」ページには、「画像を削除したい」→「フォーマット」のページが案内されています。

HDR-AS100Vには撮影した画像や動画を表示するためのモニターが装備されていないので、削除したい画像を選択することができません。
だから「全部消してしまえ」という対応しかできないのだ。

もし現場で「MAX」になってしまったら・・・メモリーカードを新しいものと入れ替えれば良い。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー