Neewer スマホホルダー付き防水浮動ハンドグリップ

サイクリングの時にSONYのアクションカムHDR-AS100Vで車載動画を撮影している。
目的地などで動画を撮るときはPanasonicのコンデジDMC-TZ70を使っているが、たまにHDR-AS100Vでも撮ったりする。

HDR-AS100Vは本体にモニターが付いていないので、スマホのWi-Fiとアプリでモニターしながら撮影する。そんな時は片手にスマホ、もう一方にHDR-AS100Vを持つことになる。

こんな具合に撮影していると、カメラを水平に保つのが意外と難しい。
モニターの延長上にカメラがないから、水平をとろうとすると頭が混乱して逆に回したりする。

170818-08

そこで秘密兵器を手に入れた。何の飾り気もない紙箱で届けられたのは「Neewer スマホホルダー付き防水浮動ハンドグリップ」。

パッケージのラベルには「STABILIZING GRIP WITH DUAL MOUNT」と記載されているし、Amazonの商品ページにも「スタビライザー」と表記されているが、スタビライザー(手振れ防止)の機能はもちろんなく、ただのグリップだ。

170818-09

パッケージの中身は、写真左からスマホホルダー取り付け用1/4ネジ変換アダプター、スマホホルダー、デュアルマウント、取り付けネジ3本、浮動グリップとハンドストラップ。
説明書や保証書などの類は一切入っていない。

この製品の最大の特徴は、カメラとスマホを同時にグリップできること。であるから、スマホでモニターしながらHDR-AS100Vの撮影をするのに最適な商品なのだ。

ただし、この製品はGoPro用であるため、HDR-AS100Vなど一般的なカメラで使うには1/4ネジ変換アダプターがもう1つ必要だ。

170818-10

バラバラにパッキングされていたパーツを組み立ててみた。

付属の1/4ネジ変換アダプターはカメラ側に使用し、手持ちの1/4ネジ変換アダプターをスマホホルダー側に取り付けてある。

170818-11

スマホホルダーはスマホをバネで挟んであるだけの簡単なもの。
取り付けたスマホはiPhone SE。商品説明では6〜8cm幅のスマホに対応しているようだ。

iPhone SEには元々手帳型のカバーを付けていたが、グリップに対応させるためにカバーまで買い換えることになった。

170818-12

スマホホルダーには背面と底面の2カ所に1/4メスネジが用意されており、写真のような取り付け方もできる。

GoProであれば背面に余裕があるのだろうが、HDR-AS100Vでは背面の出っ張りが大きく、取り付けに無理がある。

170818-13

iPhoneにアクションカム専用アプリ「PlayMemories Mobile」を入れてWi-Fi接続すると、こんな感じでモニターしながら撮影できる。

170818-14

グリップはフロートになっていて、水面に浮かばせることができる。

グリップのオレンジキャップは取り外すことができ、中が空洞で大事なものを入れられるようになっている。長時間撮影用にモバイルバッテリーを入れられるように加工すると良いかも。

グリップの表面はラバーで、太さ的にも持った感触は良好。でも、やっぱり太いので自転車で携行するには持て余すサイズ。

170818-15

ジョイントがGoPro規格であるため、グリップの代わりに自撮り棒などに付け替えられる。
写真は「SP GADGETS P.O.V. POLE 36」を取り付けた状態。

170818-16

人の頭越しに撮影するときに便利かな。

フロートグリップタイプを購入してから気付いたのだが、同じメーカーから同じ値段で自撮り棒グリップタイプも販売されていた。

170818-17

手持ちの1/4ネジ変換アダプターが付属のアダプターと同一仕様であるため、HDR-AS100Vを取り付ける時にカメラの方をクルクル回して取り付けなければならない。

このやり方だとカメラのストラップなどが邪魔して、結構使い勝手が悪い。そこで、別の仕様の変換アダプターを入手した。

170818-18

変換アダプターをグリップに取り付けてみた。この状態で重量は実測178g。

この変換アダプターはHDR-AS100Vは固定で、雲台横のダイヤルを回してカメラを取り付ける。

170818-19

HDR-AS100Vを取り付けた状態。

170818-20

雲台表面のゴムはとても薄くて柔らかい。一度しかも短時間カメラを装着しただけで、跡が残ってしまった。しばらくすると多少回復したが、完全に跡は消えず元に戻らない。
長い時間使った場合のことを想像したくないが、他のものに貼り替えた方が精神的に安らぐかも。

グリップも変換アダプターもプラスチック製であるため、振動が加わるような所では簡単に破損する可能性がある。耐久性が不明なので、カメラの落下防止対策も大切である。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー