結束バンドのような「HIPLOK Z LOK」

サイクリングの時、コンビニなどでちょい駐めするときに便利なワイヤーロックを買った。

170908-20

HIPLOKの「Z LOK」というワイヤーロックだ。

2本組みで販売されていて、レッド・ライム・グレーの3色ラインナップされている。ホントはレッドが欲しかったのだが、手に入れたときはグレーしかなくて断念。
Yahooショッピングのン倍ポイントは期限が短すぎて、使いどころに困る。

170908-21

パッケージの中は「Z LOK」が2本と共通のカギ1個。全長420mm、重量20g。

170908-24

「Z LOK」は結束バンドのように先端を反対側のスリットに通してロックする。

170908-22

結束バンドのような構造なので、どの位置でもロックできる。だから普通のワイヤーロックのように余りが出て、自転車がブランと傾く心配がないくらいに締めることができる。

サッと差し込んでキュッと締めるだけなので、ロックするのにそんなに時間を要しない。

170908-25

ロックは一方通行なので、緩めたりロックを外すときはカギを先端のカギ穴に差し込む。
カギ穴は両面にあり、どちらからでも挿入できる。これは意外と重要で、いろいろなケースに対応できる。

デメリットはカギが共通なので、同じカギを持っている人に対して無防備。鍵穴も超単純なので、道具さえあれば誰でも解錠できる。
だから使用はコンビニ休憩などの短時間駐輪に限られる。それで1本より2本ということなのか?

鍵穴の構造も微妙なので、使ううちに差し込みにくくなる可能性がある。

170908-27

一応ナイロン皮膜の中はステンレスプレートで、切断にはそれなりの強さがあるようだ。

しかし、それとトレードオフするように、使わないときは意外と小さくまとまらない。プレートのコシが強靱であるため仕舞う場所に難儀する。

170908-23

先端を差し込むときは平らの方から差し込む。逆からはつかえて差し込むことができないのですぐ分かる。

170908-28

地球ロックする相手がポールなんかだと、ロックも撤収も時間がかからず便利。
やっぱりグレーだと盗難抑止効果は低いかも。汚れが目立たないというメリットもあるけど。

手持ちのロックはすべてナンバー式にしていたので、カギを持ち歩くことになってしまったのが、ちょっと鬱陶しい。出先で紛失したら最悪だ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー