Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー

GPSサイクルコンピュータ「Polar V650」をサイクリングのお供にするようになってから10ヵ月が経過した。
以前のエントリーにも書いているとおり、トレーニング目的やハードモードのサイクリストではないので、V650には速度と走行距離、走行時間、それに道案内してくれる地図があれば充分だ。

その程度の需要だから、スピードセンサーやケイデンスセンサーを取り付けず、GPSだけで速度などを計測していた。

しかし、GPS計測には困った問題があった。それは、自転車を降りてV650を持って歩いているだけで計測してしまうこと。
目的地などで観光や休憩中に歩いている間もデータを計測されるため、走行距離も時間も長くなり、平均速度は下がる。キャットアイのサイコンを外せない理由でもあった。

メーカーに問い合わせたら、オートストップ機能の一時停止とフロントボタン長押しの一時停止は動作が異なり、フロントボタン長押しの場合は解除しなければ停止状態が継続するという回答だった。
しかし、それから何回か確かめたが、フロントボタン長押しでも、歩く速度で計測する。

オートストップを復帰させるしきい値を歩く速度以上に上げれば良いかも知れないが、通常走行時にはその分のデータをロストすることになる。それでは問題解決にならない。

そこでGPS計測は諦め、センサーで計測し、手持ち歩行時の動作を確かめることにした。
昨日のサイクリングでお試ししてきたのは、新たに搭載したスピード&ケイデンスセンサーの動作テストだったのだ。

170908-01

V650はBluetoothに対応するセンサーであれば良いはず。純正センサーが一番良いのだろうけど、純正品はバッテリー交換ができず、はやい話し使い捨てだ。なので却下。

キャットアイやトピークなど、サードパーティー製品がいろいろある中、選んだのは「Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー」。

この製品の良い所は二つある。一つはBluetoothとAnt+両対応であること。
万一Ant+対応のGPSサイコンに買い換えたときもセンサーは流用できる。

もう一つは、センサーにマグネットを使用しなくてもよいこと。
最近のガーミン製センサーも同一仕様だが、スピードセンサーは前輪ハブに巻き付け、ケイデンスセンサーはクランクに貼り付けるだけで計測する。

170908-02

スピード・ケイデンス一体型センサーの場合、チェーンステーに取り付けるものが一般的だ。キャットアイのV3もそうだが、何度結束バンドが緩み後輪に巻き込んだことか。
チェーンステーの太さがテーパーになっているため、走っているうちにズレて、結束バンドが緩むのだろう。後輪に巻き込んだセンサーを弾き飛ばし、行方不明になったこともあったっけ。

そんな悩みを一挙に解決してくれるすばらしい仕様なのだ。

「Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー」が世に出たのはちょっと前なのだが、Wahoo製品を扱う日本代理店があまり積極的でなく、日本国内での扱いがケイデンスセンサーはともかく、スピードセンサーが入手困難だった。

今年になって代理店がアキコーポレーションに変わり、カタログにもリストアップされた。しかし、期待ほどどこでも買えるという状況にはならなかった。
先日名古屋へ入ったときにY’sロードへ行ったが、在庫はおろか、Y’sロードでは多分扱わないという話しにがっかりした。

海外通販も考えたが、サポートも考慮し、唯一国内通販している山口県の「自転車館びーくる・楽天市場店」から取り寄せることにした。
なお、「自転車館びーくる」は1万円以上の注文で送料が無料になる。CO2ボンベで金額調整した。

170908-03

パッケージの中身は、写真左からクランク取り付け用結束バンド、スピードセンサー、スピードセンサー用マウント&ストラップ、ケイデンスセンサー、ケイデンスセンサー用シューズクリッピングマウント、ケイデンスセンサー用シリコンマウント、ケイデンスセンサー用両面テープ、重要事項説明書とクイックスタートガイド。

クイックスタートガイにはセンサー取りつけ後のスマートフォンとの接続方法が記載されている。
しかし、ハードウェアの取り付け方法などの説明は一切なく、パッケージの裏に申し訳程度に取りつけ後のイラストがあるだけだ。

あまりの簡素振りにビックリ。メーカーホームページに英語版のガイドがあるのが救いだ。
スピードセンサーのSET UPガイド
ケイデンスセンサーのSET UPガイド

英語の苦手な人のために以下に取りつけ方法を書いておく。ただし、計測機器との接続説明はV650だけで、スマホでの場合はご自分で調べて。

170908-04

スピードセンサーはスピードセンサー用マウント&ストラップとセットで使用する。

170908-05

スピードセンサー用マウントはプラスチック製のマウントとゴム製のストラップに分離する。

170908-06

マウントに「Wahoo」ロゴが開口部から見えるようにセンサーを差し込む。その際、ストラップを引っ掛けるフックが下側になるようにする。

170908-07

マウントとストラップを合体。マウントのスリットに3本のストラップがしっかり収まるように。

170908-08

マウントと合体したセンサーを前輪ホイールのハブに巻き、マウント下部の2つのフックにストラップ引っ掛ける。
ホイールを回転させ、センサーがフォークなどに接触していないか確認する。

170908-09

ケイデンスセンサーの取り付けは3種類ある。

一つは、両面テープを直接センサー背面に貼り、そのままクランクに貼り付ける方法。
二つ目は、シリコンマウントに入れ、クランクに結束バンドで固定する方法。
三つ目は、シューズクリッピングマウントをサイクルシューズの甲にベルクロテープで固定し、センサーを取り付ける方法。

一つ目の方法は両面テープが剥がれ、いつの間にかセンサーがエスケープする可能性がある。

三つ目の方法は自分はサイクルシューズ持ってないし、スニーカーに付けるとしてもベルクロテープのようなものは自分で用意しないといけない。

自分は二番目の方法を採用した。

170908-10

シリコンマウントに「Wahoo」ロゴが奥になり、背面が見えるように挿入する。

170908-11

付属か手持ちの結束バンドをシリコンマウント左右にあるスリットに通し、チェーンリングがついていない側のクランクの裏面に取り付ける。

170908-12

クランクを回した時にセンサーがチェーンステーに干渉しないことを確認してから結束バンドを締め付ける。最後に結束バンドの余った部分をカット。

クランクもテーパーがついているものがあるので、使用中にズレる心配が少ない部分か、両面テープで補強すると良いかも。

170908-13

シューズの甲に取り付ける際は、マウントとサイクルシューズのベルクロテープが直交するように取り付ける。

センサーはスリットの横から水平に挿入し、90度にひねって固定する。Wahoo」ロゴの「w」か「o」がつま先に向かうようになる。

自転車にセンサーを取り付けたら、次の作業はV650とのペアリング。

  1. センサーを取り付けた前輪、またはクランクを回してセンサーを起動させる。起動するとインジケーターが青く点滅する
  2. 設定 > 基本設定 > ペアリング > 「新デバイスをペアリング」を選択。
  3. 「デバイスを検索中」と表示され、センサーを認識すると「WAHOO SPEED 1982」、または「WAHOO CADENCE 2C60」が表示され、選択する。
  4. 「ペアリング中」と表示され、次に設定する「バイク」を選択する。
  5. 「ペアリングに成功しました」と表示されたら「OK」をタップする。

「ペアリング」画面で「ペアリング済のデバイス」を選択すると、ペアリングしたセンサーと設定バイクの組み合わせを確認できる。

ペアリングを解除する場合は、「ペアリング済のデバイス」でバイクの組み合わせを選択し、次の画面で「ペアリングを解除」を選択する。

170908-14

設定 > 基本設定 > バイク設定 でセンサーが設定されていることを確認できる。

170908-15

実際の走行では、GPS衛星の捕捉完了と同様に、センサーを認識するとスタート画面下部のアイコンの円が点滅から点灯に変化する。

ペアリングが完了していれば、V650をセンサーに近づけるだけで「ピッ」と鳴って認識する。
最初の乗り始めは衛星の捕捉と同じように、認識するのに若干時間がかかる。しかし、計測中は、休憩後でもあまり意識しない程度に接続してくれるようだ。

写真は4番目のアイコンがケイデンスセンサー、5番目がスピードセンサー。

170908-16

ケイデンスセンサーをペアリングしたら、画面表示にケイデンスを表示させることを忘れずに。

V650の表示は若干タイムラグがあり、加速中などもV3の表示と隔たりがあるが、巡航状態になるとほぼ誤差程度といった感じ。

V3 走行距離:26.78km 走行時間:01:31:55
V650 走行距離:27.14km 走行時間:01:29:12

170908-17

写真は「polar frow」のログ画面。ちゃんと動作していたことがわかる。

170908-18

さて、肝心の歩行時の計測状態だが、歩行は櫓の上下移動ばかりだったのであまり良く分からない。
走行時間もV650の方が短いので、見た感じ歩行時には計測していないように思えるが、さらに追跡調査したい。

170908-19

パッケージを開けたときにビックリしたのは、センサーが活きていたこと。

100均商品でも普通バッテリーが通電しないようにスペーサーとかかましているのに、こいつは持ち上げるとピカピカ点滅。
商品が手元に届いたときにはバッテリーが消耗している可能性があるので注意。

バッテリーは本体横のスリットにコインを入れ、ひねって蓋を開ける。バッテリーはCR2032を1枚、+側を表に向けて入れる。

あと、最初にパッケージを開けてセンサーをいじっていたときは、スピードセンサーもケイデンスセンサーもピカピカ光っていたのに、ケイデンスセンサーだけシリコンマウントに入れた直後から光らなくなった。

その後、マウントから出して振っても光らない。電池を入れ替えた直後だけ光り、そのあと沈黙。もちろん電池を新品に替えても状態は変わらず。

初期不良かと買ったお店に電話したら定休日。アキコーポレーションは連絡先わからず。
やることないので、とりあえず自転車に取り付け、V650とペアリングさせたら無事成功。いったいなんだったのだろう。

どうせ走っているときはインジケーター見ないし、見えないからいいんだけど。ちょっと不安。

「Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー」はそれぞれのセンサー単独でも販売されている。ただし、バラで買うよりセットの方が少しお安い。
自分はスピードセンサーだけでも良かったのだけど、あとから悔しい思いをするのも嫌なのでセットにした。

<2017年9月13日追記>
先日の日曜日、サイクリングに出掛けて20kmくらいの地点で、V650の画面にスピードセンサー電池残量警告が表示された。
V650のアラートって一瞬表示されるだけなので、内容の理解が追いつかないことが多い。

出荷段階から電池の消費が始まっているため、入手した時点で電池が消耗している可能性は予想していた。しかし、テスト走行27kmを合わせて50kmも使っていない状態では速すぎだろう。

それから20kmほど走って電池が切れることはなかったが、念のため休憩に寄ったコンビニで替え電池を準備した。

その後、再び警告が表示され、その時ははっきり警告を見た。残り50%だと。

残量警告を出すのも速すぎだし、入手した時点で電池残量50%というのも何だかな。
いや、ひょっとしたら電池バカ食いのセンサーなのかも知れない。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー