自作ウインドジャマー

市販されているマイクロホンによってはウインドスクリーンが最初から付属するものもありますが、「OLYMPUS ME51SW」には付属しないので、ウインドジャマーを自作しました。

ウインドスクリーンとかウインドジャマーというのは、簡単に言うと風防。マイクロホンに風の音が入らないようにするためのマイクのカバーです。

171003-10

材料は手芸用品店で買ってきた「フェイクファーテープ」。

本当は3年以上前、HDR-AS100Vを買ったばかりの時に用意していたものです。
HDR-AS100Vのマイクに付けるとヒゲを生やしたみたいになるので、何となく付けるのをためらっていて、やっと活躍の場が得られたのです。

171003-11

カバーするマイクのサイズに合わせて必要分カット。
裏向きに二つ折りにして二方を縫い付け袋状にします。
開いている一方に紐を通す。この紐は蛍光灯にぶら下がってていたスイッチの紐です。

黒っぽい生地に黒の糸で縫っているから、どこを縫っているか分からなくなります。縫い方も粗いので同じ場所を二度縫いしてごまかしました。
手芸が苦手でもひっくり返したら何も分からなくなるから大丈夫。

171003-12

ファーの側が表を向くようにひっくり返す。
縫い代で巻き込まれてしまったファーを表に引きずり出してやります。

171003-13

マイクを中に入れるとまるで毬栗のよう。

171003-14

マイクが外に出てこないように、入口の紐を絞って完成です。う〜んボサボサ頭。

171003-15

寝起きの誰かみたいだったので、ま〜るくなるように適当にカット。見映えが良くなりました。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー