敷地川迷走サイクリング

1月14日(日)は、袋井市と磐田市を分ける丘陵の東端に沿って流れる敷地川を上流から下流へサイクリングしてきました。

前日の土曜も晴れていましたが、強風が予報されていたのでパス。この日が2018年の走り始めです。

敷地川は下流で太田川に合流し、さらに原野谷川とも合流して、太田川として太平洋に流入します。

走行ルートは、山梨を経由して川会の交差点辺りから敷地川堤防に入り、途中トンボで有名な桶ヶ谷沼に寄って、太田川と原野谷川が合流する辺りまで行って戻ってきます。

180114-01

写真は敷地川に入ってしばらく南下した辺り。

途中堤防道路の一部区間が通行止めになっていて、進路変更を強制されます。
予定外のルート変更のためとりあえず南に進みますが、県道277号に当たったところでその先の進路を決めあぐねていました。

ちょうどその時ロードバイクに乗った女性ライダーと出会い、彼女に「他のサイクリストが右折した先の堤防を走って行った」と教えていただきました。
ちなみに彼女は川を遡上してきて、これから獅子ヶ鼻公園へ行くつもりとのこと。

180114-02

敷地川の堤防を降り、桶ヶ谷沼へ行く手前にあった鶴ヶ池。

180114-03

鶴ヶ池は道路沿いにあり、日当たりも良かったのでベンチでお年寄りがひなたぼっこをしながらおしゃべりをしていました。

180114-04

池には渡り鳥の群れがいました。

180114-05

桶が沼は道路から奥へ入ったところにあります。
鶴ヶ池の方から来ると横道が2ヵ所ほどあるのですが、道の入口には「生活道路のため車・人の通行禁止」という看板が立っています。
桶ヶ谷沼へ行く進入路は、国道1号と県道413号と交わる交差点の手前にあります。

180114-06

シーズンオフのため訪れる人はいないようです。

180114-07

しばらく滞在した後、帰りがけにやっとひとりだけカメラを持った人とすれ違いました。

180114-08

桶が沼の進入路にある「磐田市桶が沼ビジターセンター」と奥の建物は「とんぼ茶屋」。「とんぼ茶屋」は火水木曜日はお休みです。

この先も堤防道路を走る予定だったのですが、行ってみると未舗装だったりしてルート変更を余儀なくされました。
そのため途中から通れる道を探しながらのサイクリングになってしまいました。

180114-09

予定ルートの最南端で太田川を向こう岸へ渡ります。その時川上を見るとなんとキレイな富士山が。なんか得した気分です。
この先注意していると富士山の姿をチラチラ見ることができました。

180114-10

最後にJR愛野駅前のファミマでホットコーヒーと肉まんを補給。写真はあんまんが売り切れだったため代わりに買ったプリンまん。
ただのカスタードクリーム入りかと思ったら、ちゃんとしっかりカラメルソースクリームも入って、味はプリンそのものでした。

迷走距離:55.14km Av:16.97km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー