築地本願寺

ももいろクローバーZのライブ「ももクロ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」から一夜明けて、5月24日(木)は東京観光をしてから家に帰ります。

180524-01

シングル朝食付き5,500円の格安プランだったのあまり期待していなかったのですが、朝食メニューはビュッフェ形式。主食はご飯だったのですが、惣菜は5〜6品。サラダ類もありました。

180524-02

飲み物も日本茶やミルクのほか、コーヒーもありました。
写真のようなコーヒーサーバーを昔会社のオフィスで使っていました。

180524-03

食事をとりながら、ふと窓の外を見ると、不動産屋のショーウインドーに「かなこ」を空目してしまいました。

チェックアウト時間間際まで粘ってホテルを出発。

180524-04

線路沿いの空きスペースに有料駐輪場が並んでいました。

180524-05

池袋大橋の上から池袋駅方面を見ると、ひっきりなしに電車が出入りしています。

180524-06

橋の東側を池袋駅に向かって降りていくと、今日最初の目的地です。
池袋駅前公園には何故か大勢の人が何かを待っている様子。時折係員らしき人がやって来て呼び出しをしています。何んでしょう?

180524-07

やって来たのは「Y’s roadチャーリー店」。ビルの2階にお店があるのですが、中は小さなスペースに所狭しと大量のグッズやパーツがギッシリ。

180524-08

店の外というか通路には自転車が折り重なるように並べられていました。倒れたらドミノなことになりそうです。

昨日試着したヘルメットをもう一度確認したくて来たのですが、ここには「aero-R1」はあまり置いてなくて目的を果たすことはできませんでした。

仕方ないので次の目的地へ移動します。まず池袋駅へ行って、そこから東京メトロ有楽町線で新富町駅へ。次の目的地は築地場外市場です。

新富町に着いて最初にしたことはコインロッカーを探すこと。改札の駅員さんに尋ね、1番出口側に行くと小さなロッカーがありました。

昨日のライブ会場で書籍を何冊も購入したのでリュックが重い。この状態で長時間歩きたくはありません。実際築地場外市場は混んでいたし、旅行用キャリーバッグの持ち込み禁止だったので、コインロッカーは正解でした。

180524-09

駅構内から地上に出て築地場外市場方面へ向かうと、途中に築地本願寺があります。

このお寺で最初に目に付いたのは、外国人の多さと警備員の多さ。

180524-10

本堂は自由にお参りできるようなので寄っていくことにしました。

180524-11

お寺と言うには特異な建物です。

180524-12

関東大震災で元の本堂が焼失したため、1934年に古代インド仏教様式の外観で落成されたそうです。2014年には国の重要文化財に指定されています。

180524-13

石段から見上げると、重厚な佇まいに威圧されます。

180524-14

エントランスのステンドグラス。お寺にステンドグラスって珍しくないですか?

180524-15

館内に案内係(?)のような方に尋ねたら、撮影OKだそうです。

180524-17

館内はお香の臭いが漂っていてます。外国の方が着席されて雰囲気を味わっているようでした。

180524-18

正面にあるご本尊は阿弥陀如来。僕もみんなに混じって焼香してきました。

180524-19

振り返ると、ご本尊と対面する位置にパイプオルガンがありました。

係の方の説明によると、仏教用の特注品(既製品ってそもそもあるの?)で、2000本のパイプで構成されていて、一番小さいパイプは小指くらいだとか。
6つの山は「南無阿弥陀仏」を現し、左右の中央よりが高くなっているのは、「合掌」している手の形を現しているそうです。

180524-20

オルガン本体は入口から入ってすぐの左側にあり、コンサートや仏前結婚式の時に使われているそうです。

本堂の隣には日本料理店の入った会館もあり、普段行くお寺とは違う雰囲気を持ったお寺でした。そんな感じで今日の最終目的地へ移動します。
(つづく)

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー