QUECHUA バックパック ULTRALIGHT 10L・20L

サイクル用品情報サイトの「サイクルベース名無し」を見ていたら、ロードバイクでサイクリングしたときに、急な荷物に対応できるバックパックを紹介していました。

ちょうど前からそんなバックが欲しいと思っていたのと、すごーく安かったし、「サイクルベース名無し」での評価も良かったので、僕も取り寄せてみました。

190130-01

手に入れたのは2種類あって、容量が10リットルの「QUECHUA バックパック ULTRALIGHT 10L」と20リットルの「QUECHUA バックパック ULTRALIGHT 20L」。

「サイクルベース名無し」のレビューページは、「UECHUA バックパック ULTRALIGHT 10L」と「UECHUA バックパック ULTRALIGHT 20L」。

これらのバックパックは「デカトロン」というフランスのスポーツ用品専門店の製品です。「デカトロン」は日本でいえば「アルペン」や「スポーツオーソリティー」みたいなお店のようです。
「QUECHUA(ケシュア)」は「デカトロン」のプライベートブランド商品みたいです。

で、先に書いた通り値段がすごく安い。10リットルのものが290円で、20リットルのものが990円。ネット通販で購入でき、しかも送料無料です。
2つ合わせても1,280円ですから、「とりあえず買っとく」と気軽にポチッとできる金額です。

他の情報では「デカトロン」の通販サイトが日本で始まったばかりで、キャンペーン価格みたいなものではとも。
この商品も昨年末から販売されているようで、僕が購入した時点で売り切れたカラーがあるみたい。欲しいと思った人はすぐに行動を起こさないと売り切れや価格アップがあるかも知れません。

190130-02

これらのバックパックは使わない時は小さく畳んでコンパクトになり、サドルバッグやジャージのポケットに放り込んでおくような用途に向いています。

森永キャラメルとキャメルバックのポディウムチルジャケットボトルと一緒に撮影してみました。10リットルのものはかなり小さくなります。

190130-03

収納ポーチの中からバッグを引きずり出すと、ポーチはバックパックにくっついていて分離できない構造になっています。

190130-04

パックパックの構造は袋に肩掛けベルトが縫い付けられているだけのシンプルなもの。荷室の中に収納されるポーチがポケット代わりになるくらいです。

写真の10リットルのものは、中に厚手のフリースジャケット1枚とタオルが2枚入っている状態です。

190130-05

背面にはシンプルな肩掛けベルトが縫い付けられています。

190130-06

値段が値段だけに、調節用のバックルやベルトもチープなものです。

190130-07

荷室の開口部。

190130-08

開口部のファスナーは1箇所のみ。

10リットルの生地はポリエステル100%。防水仕様ではないようです。重量は実測48g。

190130-09

20リットルのものも10リットルのものと同じ造りで、ポーチはバックパックにくっついていて分離できません。ポーチを失くす心配がないので良いかも知れません。

190130-10

これも荷室が1つだけの大きな袋に肩掛けベルトがつくだけのシンプル構造。

写真のバッグの中身は、厚手のフリースジャケット1枚と、内側ボア付きのパーカージャケット1枚が入っています。

190130-11

肩掛けベルトも10リットルのものとほぼ同じ。

190130-12

調節用バックルやベルトも10リットルのものとほぼ同じ。

190130-13

荷室の開口部。口の閉じ方がファスナーではなく、防水サドルバッグのようなロールアップ式。20リットルは10リットルと異なり防水仕様になっています。

190130-14

ロールアップされる部分にロールアップの仕方と目安のメモリがついています。「OK」サインの所までロールアップすれば大丈夫ということかと。

190130-15

ロールアップして左右のバックルを留めれば完了です。

190130-16

20リットルにはバンジーコードもついています。

20リットルのものも10リットルと同様生地はポリエステル100%。重量は実測96gでした。

収納ポーチからバッグを取り出して使う分には問題ないですが、逆にポーチに収納するのにテクニックがいります。

10リットルのものはさほど頭を使わなくても簡単に収納できました。しかし、20リットルは適当に畳むとポーチに入れることができませんでした。
普通、ポーチの長さと入れるものの長さを合わせるか若干短くします。このバッグの場合、そうすると開口部のベルトがじゃまして入れることができなくなります。

190130-17

まず。肩掛けベルト側を内側にして半分に畳みます。畳む位置は完全な2分の1ではなく、写真のように畳む側を若干短くします。

190130-18

さらに半分に畳みます。今度は2分の1でOKです。長さがポーチより少し長くなります。

190130-19

左右の端を中央に合わせるようなサイズで畳み、バックルを留めます。

収納ポケットの口の大きさに、さらに左右の端を折りたたみます。

190130-20

収納ポケットの中に押し込みます。

バッグを畳んだ長さを収納ポケットの長さと同じくらいにすると、写真のようにポケットに入れるときに反り返ってくれないので難しくなるのです。
ポケットより長くしておくと無理なく反り返ってポケットに入れることができます。

190130-21

あとはギュッギュッと詰め込んで、コードを絞ればできあがり。

「デカトロン」で注文する際には会員登録が必要です。買い物をすると、平日13時までなら当日発送。13時以降は翌日発送。 土曜13時以降やお休みの日の注文は翌営業日発送です。
僕の場合、土曜13時以降に注文して、月曜に発送完了メール着、火曜午前中に佐川さんが配達してくれました。

荷物が小さかったので「デカトロン」の紙袋に入って届き、中には商品と「返品依頼書」が同封されていました。
一定の条件を満たした場合、返送料無料で返品が可能なようです。

10リットルと20リットル。サイクリングの行く先やその時のバッグパックの収納スペースを見計らって使い分けたいと思います。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー