マイ BESV JR1 で初ライド

先日、納車されたばかりの「BESV JR1」で可睡斎まで走ってきました。

本当はもう少し長めの距離を走りたかったのですが、翌日から旅行へ行く予定があったのと、午前中に来客があり午後からのスタートになって時間がなくなってしまったのです。

190210-01

少し上り坂も試したかったので、走行ルートは静岡カントリー袋井コースの東側を登り、油山寺の手前から山を抜けて可睡斎の駐車場側から至るルートです。

190210-02

可睡斎ではお約束のジェラートをいただきます。今日のメニューは「マンゴー&パッションフルーツソルベ+木いちごミルク」です。

190210-03

可睡斎境内のトイレで用を足して戻る時に何だか違和感にとらわれました。そうです山門がなくなっていたのです。

門前でピーナッツを販売しているお店の方に伺ったら、昨年遠州地方を襲った台風の強風で倒壊してしまったそうです。なんだか景色がさっぱりしてしまいました。

JR1は、静岡カントリーに入る手前と可睡斎に入るキツイ坂だけでパワーモードで、ほとんどエコモードで走行。バッテリー残量80%でスタートし、帰り着いた頃には60%になっていました。

納車された帰り道、エコモードで後ろから押されている感触がありました。しかし、この日はエコモードではそんな感動を味わうことができませんでした。
多分、サドルバッグや携帯工具、いろいろオプションパーツを積載したせいで重量が増加し、パワーがスポイルされたのかも知れません。

あと気付いたことは、タイヤサイズが25Cと太くなって、アスファルトが網目状に破損しているような路面もショックが少なく、多少の悪路でも安心して通過できるような安心感がありました。

BANANA号はフロントフォークがコラムも含めカーボンで、JR1はオールアルミに変わったので腕に伝わる衝撃の変化を気にしていました。
タイヤが太くなったお陰なのかそれほど気にすることもなく、この辺りは長距離を走るとまた違った感想があるかも知れません。

迷走距離:31.50km Av:16.40km/h

2件コメントがあります

コメント

  • 走行距離の心配が無いのなら楽しく乗れるスマートモードがいいですね。

    2019/02/14 09:59 PM:おとし

  • > おとしさん

    まだそれぞれのモードが、S・M・Lのような感覚で実感が乏しいのですが、たくさん走ってマシンが学習すると楽しさがわかってくるのでしょうか。

    2019/02/14 11:02 PM:なで王

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー