大井川リバティ

今日(11月21日(土))は、大井川緑地公園までBESV JR1をトランスポートして大井川マラソンコース「リバティ」を走ってきた。

掛川からは国道1号(バイパス)を通らないで金谷の峠道を走ってきたのだけど、坂を上る20台近くの自転車の集団に出会った。
さすがに歩いて上っている人も数人いたが、バモスでもヒーコラ言わす坂なので「たいへんだな」と思った。

いつもリバティは大井川緑地公園辺りから南へ向かい、国道150号の富士見橋で離脱してしまう。なので、今日はリバティの端から端までを往復することにした。

まずは北へ向かい、リバティーの終点方面へ行く。バモスで対岸から渡ってきたばかりの大井川橋の下をくぐる。

国道1号の向こう側に「茶」の文字が描かれた粟ヶ岳。この場所から意外と大きく見えるのに驚いた。

リバティの終点は新東名高速道路の手前にあった。

第1期工事区間の終点であるため、突然途切れたみたいな終わり方になっている。第2期工事はいつ行われるのだろうか?

ここでUターンして始点の端まで行く。

島田市陸上競技場の東端辺りから逢来橋の手前辺りまでの赤いウレタン舗装区間が、滑りやすいからという理由で通行規制されていた。

逢来橋。

逢来橋の東側に、以前来たときは工事中だったけどキレイな駐車場ができていた。

リバティの始点はあと1kmくらいで大井川河口という場所にあり、コースはループ状になっていた。

始点まで来たので、再びUターンしてバモスの所まで戻る。

迷走距離:36.44km Av:20.83km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー