ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは

明日12月23日(水)はももクロのライブBlu-ray&DVD「ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは」のリリース日。

そしてフラゲ日のきょう、「楽天ブックス限定 オリジナル配送BOX」で届けられた。

名称の通り、楽天ブックスでこのボックス付きで予約注文をした者にだけ、この特製段ボール箱で配達される。
配達する人にも家人にもモノノフとバレるので、勇者のみが許される特製ボックスだ。

実は一番販売価格が安かったので楽天ブックスで予約したのであって、このボックスが欲しくて楽天ブックスで予約したわけでは決してない。

箱はデカいが、中身は商品パッケージと納品書だけなのでスカスカ。同じものが10セット以上は入れることができるだろう。

「ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは」は、今年の8月2日にコロナ禍の影響で無観客の生配信開催された夏ライブ。
無観客で配信であることを逆手にとって、今までにない演出で構成されいたようだ。

ももクロのライブは2018年の夏ライブをライブビューイングで参戦してから参戦しておらず、この「ももクロ夏のバカ騒ぎ2020 配信先からこんにちは」も配信に参加しなかった。
その罪滅ぼしでもないが、いつものライブとは違った趣向に興味もあったので、ディスクで購入することにした。

購入したのは2枚組のBlu-ray版。ちなみにDVD版は3枚組で収録内容は同じようだ。

パッケージの中はディスク2枚と20ページオールカラーの写真集のようなブックレット。

昔は大きなパッケージに入ったものだったが、最近はパッケージが小さくなった。収納スペースもバカにならないので、無駄に大きかったり、イレギュラーなサイズでない方が助かる。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー