ゆうちょ銀行の手数料が2022年1月17日から大幅アップ

7月2日にゆうちょ銀行から「一部商品・サービスの料金新設・改定について」というニュースリリースがあった。

影響が大きな改訂は、

  1. 窓口やATMで各種払い込みで現金で支払うと110円掛かる。
  2. 窓口で預け入れや払い込みで硬貨を使うと手数料が掛かる。
    50枚以下なら無料だけど、それ以上だと100枚まで550円、500枚まで825円、1000枚まで1,100円。以降500枚ごとに550円プラス。
  3. 窓口の払い戻しで金種を指定すると手数料が掛かる。金額は上記の硬貨使用の場合と同じ。
  4. ATMで預け入れや払い戻しに硬貨があると手数料が掛かる。
    預け入れでは、25枚以下110円、50枚以下220円、100枚以下330円。100枚を超える取り扱いはなし。
    払い戻しでは、1枚以上110円。
  5. 日曜・祭日に駅やショッピングセンター、ファミマなどのATMを利用すると手数料が110円掛かる。
  6. ローソン銀行、イーネットのATMでの利用時に手数料が掛かる。
    ローソン銀行は110円アップ。イーネットは平日・土曜日は無料だったのが220円掛かる。日曜・祭日は110円アップして330円。

細かな注意事項や除外される案件もあるので、詳しくはニュースリリースを参照。

硬貨の取り扱いはゆうちょ以外は既に手数料を取っているところもあるようだけど、ついにゆうちょも始まったか。とりあえず手元に小銭がいっぱいある人は年内に処分しなければ。

これからは小銭を貰うと負けという感じ。ますますキャッシュレスが必須になるんだろうと思う。病院とかカードも使えない支払先もあるのだけどどうしたものか。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー