自作ジグソーテーブル

前回ほぼ完成状態までできていた自作ジグソーテーブルは致命的な設計ミスがあり、そこから無理矢理リカバリーして、とりあえず完成した。

これが完成状態だ。裏側にぶら下がっているジグソーをワークベンチの開いた2枚の天板の間に入れ込んでいるのがミソだ。

ブレード押さえをテーブル側面から突き出し、ブレードの刃先はちゃんとこちらを向いている。

ボールベアリングの位置調整は、上下はテーブル側面に取り付けた支柱の長穴で調整する。左右は支柱に取り付けたブレード押さえの長穴で、前後はベアリングを取り付けてあるブロックが前後できるようにしてある。

ジグソーを取り付けた裏面の状態。余計な脚が付いて重量が重くなってしまった。

天板サイズが300×300だと、ノブスターを回すためのペースが少なくやりにくい。それに、脚をサイドに持ってきた場合、脚が邪魔になってブレードの取り外しも難儀する可能性が高い。
やはり、横幅を450mm位にした方が使い勝手は良さそうだが、そうすると今度はワークベンチに載っからないかも知れない。

試運転してみた。

ジグソーの本来の使い方であれば、切断する材をジグソーの重みで押さえるので材が暴れないが、ジグソーテーブルでは材がフリーなので大暴れ。
小さな材を切断するときは注意が必要だ。

完成したテーブルは途中で設計変更したので脚部の状態が異なるが、設計が最初から問題なければこの図面のようになっていたはず。
なお、図面は「ボッシュ PST 1000PEL」用なので、機種が異なれば当然寸法や取り付け方法などは異なる。

材料は、

品名 サイズ 数量 用途
シナ合板 9t×300×300mm 1枚 天板
ラワン合板 12t×300×600mm 1枚 天板・他構造部品
ラワン合板 3t×300×300mm 1枚 ブレード押さえ・支柱ストッパー
2×4材 300mm 2本
1×4材 50×50mm 1個 ボールベアリングブロック
ボールベアリング Φ16×6t×軸穴Φ4 2個
ノブスター M6 6個 ジグソー・ブレード押さえ他取り付け
六角ボルト M6×30mm 5個 ジグソー・ブレード押さえ支柱取り付け
六角ボルト M6×35mm 2個 ボールベアリングブロック取り付け
六角ボルト M6×60mm 1個 ブレード押さえ取り付け
トラス小ネジ M4×15mm 2個 ボールベアリング取り付け
座金 M6×2t×22mm 13枚 ジグソー・ブレード押さえ他取り付け
座金 M4 4枚 ボールベアリング取り付け
バネ座金 M6 6枚 ジグソー・ブレード押さえ他取り付け
ナット M6 1個 ブレード押さえ他取り付け
ナット M4 2個 ボールベアリング取り付け
鬼目ナット Eタイプ・M6×13mm 5個 ジグソー・ブレード押さえ支柱取り付け
鬼目ナット Eタイプ・M4×10mm 2個 ボールベアリング取り付け
ゴム板 2t×67×161mm 1枚 ジグソー振動吸収
コースレッド 若干

ボールベアリングブロックを取り付けるネジは六角穴付きボルトが良かったのだが、近所のホームセンターにはM6×35mmのサイズは六角ボルトしか販売されていなかった。

ブレード押さえと支柱の取り付けはボルトとナットで取り付けたが、支柱の受けを2枚重ねにして鬼目ナットで取り付ける方が締めたり緩めたりが簡単。将来改造するかも知れない。

このジグソーテーブルはワークベンチに載せて使うのが前提にしているが、ワークベンチに固定できるようにはなっていない。ワークベンチにクランプできるような改造をするつもりでいる。

ついでに思いがけない発見があった。使っている掃除機「E-Value EVC-200PCL」のホースが「ボッシュ PST 1000PEL」の吸じんホース差し込み口とピッタリサイズだった。
アタッチメントとかなしでそのまま繋げられてうれしい。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー