PHILIPS ノーズエチケットカッター NT5650/16

年取ると頭髪は薄くなっていくのに、何故か眉毛の生育は著しい。
ときどき眉毛や鼻毛をカットしているのだが、使っていたPHILIPSの「鼻毛・耳毛・眉毛トリマー NT3160/10」が急に動かなくなった。

電池を取り換えてもウンともスンとも言わない。寿命が尽きたようだ。
同じものを買い直そうと思ったら既に廃番で新型に置き換わっていた。一応旧型は市場在庫があるにはあるが、プレミアム価格でめちゃ高い。

価格的に新型の方がお安いので、新型の「ノーズエチケットカッター NT5650/16」を手に入れることにした。

PHILIPSのノーズエチケットカッターは、鼻と耳に対応する「NT1650/17」と鼻・耳・眉に対応する「NT3650/16」、そして鼻・耳・眉にプラスしてヒゲにも対応する、購入した「NT5650/16」の3種類のバリエーションがある。

ちょうど使っている電動ひげそりのもみあげカッターが動かなくなっていたので、迷わず「NT5650/16」にした。

パッケージの中身は、写真左から取扱説明書、ソフトポーチ、カッター本体、キワ剃り用ヘッドコーム、眉毛コームL(5mm)・S(3mm)、キワ剃り用ヘッド、クリーニングブラシ、単3乾電池。

取扱説明書は日本語・英語対応。2年間の保証書も掲載されている。

カッター本体。

旧機種のNT3160/10より若干サイズが大きい。

カッター先端の形状もまるっきり異なる。旧機種はカッター先端を水で流すだけだったが、新機種は同様にヘッド部のみだが、水に浸しての洗浄も可能になった。

旧機種は本体断面が円形だったが、新機種は台形になった。鼻毛をカットするとき本体をクルクル回すのがちょっとやりにくくなった。

旧機種は刃が1ヵ所で、新機種は2ヵ所あるので鼻毛や耳毛のカットには当てる面が倍になって都合が良いかも知れない。

電源スイッチは本体を回転するかたちからスライドスイッチに変わった。旧機種は電池蓋がスイッチだったので、電源を切るときに回しすぎると蓋が外れるので改良かな。

眉毛コーム。Lは仕上がり長さを5mm、Sは3mmにカットする。

旧機種の眉毛コームはLとSの判別が難しかった。形状が変わって多少判別しやすくはなったが、いっそのこと色分けしてくれたらもっとわかりやすくなるのにと思う。

眉毛コームをカッター先端に差し込む取り付け方は変わらない。

使い心地は旧機種より明らかに悪くなった。カットの仕方は同じだが、旧機種に比べ何度も何度もヘッドを往復させてやらないと短くしてくれない。

カッター先端のヘッドは旧機種同様取り外すことができる。
ヘッド側の▲マークと本体側の▲マークを向き合うように回転させると本体と分離する。

ヘッドを外すとクリーニングも捗る。

キワ剃り用ヘッドにも▲マークが刻印されていて、逆の手順でヘッドを交換できる。

キワ剃り用ヘッドにキワ剃り用ヘッドコームを取り付けると3mmの長さにトリミングできる。

電池の取り付け方法は、後端部のギザが刻まれている部分の▲マーク向き合うように回転させると電池ホルダーを外すことができる。

電源は単3乾電池が1本。マイナス側をホルダーに挿入する。

新機種はキワ剃りヘッドが付属するようになったのはプラス。眉毛カットの効率が落ちたのはマイナス。プラマイゼロである。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー