ブラウン管テレビの処分

ブラウン管テレビやエアコンは家電リサイクル法によって粗大ゴミとして廃棄できない。
リサイクル料金や運賃などの手数料を所有者が負担し、業者に回収してもらわないといけない。

パソコンもリサイクル料金が必要だが、ネットで探すと無料で回収してくれる業者もいる。
ブラウン管テレビも21型以下だと同様な回収業者がいるが、32型だと振り向いてもくれない。回収業者の一括見積もりサイトにポストしたら見事に全滅。どこからも返答がなかった。orz

販売店には、過去に販売した商品や新規購入の際に引き取りを求められた場合は、回収する義務があるらしい。
それで、家にあった32型のブラウン管テレビと窓用エアコンを買ったお店に回収して貰うことにした。

テレビを買ったのは、まだ「ギガス」という店名だった頃の「ケーズデンキ」。古い話だ。
電話をしたら女性が出た。

「以前そちらで買ったテレビを回収していただきたいのですが。」

あまりこのような電話がないのか、一瞬間があき、「粗大ゴミで出してください。」

「えっ?テレビは粗大ゴミで出せないでしょう。リサイクル回収をお願いしたいんですけど。」

どう返答したらよいかわからないらしく、待てと言って誰かと相談している様子だ。
しばらくして「運搬費用に3,150円かかります」と返答。

とにかく回収してくれるらしい。

「あの、いっしょに窓用エアコンもあるんですが、これもその費用内でできますか?」

また、「ちょっと待ってください」と電話が途切れたら、今度は電話の相手が男性の方に代わった。
その方によると、3,150円は販売店が回収・運搬に必要な費用で、これとは別に店からメーカーへ送る費用が1点ごとに1,050円かかるとのこと。
で、リサイクル費用(テレビ)2,835円+(エアコン)2,100円+お店の運搬費3,150円+メーカーへの配送費2,100円=合計10,185円なり。

新品購入時の下取りなら、多分お店の運搬費がもう少し安くなるんだと思う。
ブラウン管テレビをまだお使いの方、新規買い替え以外では処分に困ると思うので今からお覚悟を。

>参考:一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

後日販売店の方がテレビを回収に来たときにリサイクル券を持って来られた。
申し込んだときには住所、電話番号、名字だけ伝えただけなのだが、リサイクル券にはフルネームで印字されていた。
大手の家電量販店だと古い商品でも顧客情報の管理がしかっりしているんだ。
「お宅で買った」と嘘ついてもバレバレだね。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー