キングブレードX10 IIがいきなり異常動作

ももいろクローバーZの夏のライブ「桃神祭2015」に参戦するために、ルイファン・ジャパンから発売されている「キングブレードX10 II」を追加購入した。
すでに1本持っているが、カミさんや娘と一緒に参戦するので、カラーチェンジができるペンライトがもう1本ある方が良いと思ったのだ。「キングブレードX10 II」を気に入っているし。

140425-02

5月末に手に入れ、電池を入れっぱなしの状態で目の前の壁にぶら下げておいたら、いきなりピカッと赤色に点灯し、ゆっくりと点滅し始めた。

「キングブレードX10 II」の電源のON/OFFはグリップ先端のA、Bボタンを同時押しするのだが、全然反応してくれず、電池を抜く以外に消灯する手段がなくなった。
電池を再び入れて電源を入れてみたが、赤以外のカラーへの切り替えができない。

「電池不足かな?」と、富士通のニッケル水素電池を入れていたので再充電。Bボタンでリセットし、ももクロメンバーカラーをセットしたら一旦は復旧したようにみえた。
しかし、しばらくするとまた勝手に点灯し、同じ現象が発生するようになった。

新品のアルカリ電池にも入れ替えてみたが、何度やっても異常動作が起こる。解決法が見いだせないのでルイファン・ジャパンにお尋ねのメールを送ってみた。
ルイファン・ジャパンのメールアドレスは取説やパッケージには記載されていない。ホームページにのみ記されている。

問い合わせの際、症状のほかに購入日やシリアルナンバーを伝えた。ちなみにシリアルナンバーは電池蓋の裏にプリントされている。

150709-01

半日ぐらい経ってから回答メールがあり、その内容は現品を確認し、修理または交換するとのこと。
郵便番号、住所、電話番号を伝えた後日、返信用封筒が同封された郵便物が届けられた。

ペンライトはブレードや電池を抜き、グリップだけを送り返す。
「ポスパケット」郵便は、信書が入れられないほか、送付物の厚さが3.5cm以内という制限があるため、緩衝材とか入れる余地がない。
しかたないのでグリップだけ入れて送ることにした。料金着払いなのが親切だ。

150709-02

その後、交換品が宅配便で送り返されてきた。
最初のコンタクトから10日でトラブルが解決した。ルイファン・ジャパンの対応に感謝したい。

しかし、ここでまた不安な要素が出現した。最初に買ったもう1本も不安定な挙動をし始めた。そいつもいきなり点灯し、電源が切れなくなり、カラーチェンジができなくなった。
こいつは電池を外した状態で1日置き、アルカリ電池を入れたらとりあえず復旧している。なんだか、入れた電池の影響が何かしらあるのかも知れない。しばらく電池を抜いて様子を見たい。

<2016年7月1日追記>
この記事をエントリーしてから1年近くなったけど、2本とも正常に活躍している。
でも、この件がトラウマになって、使わないときは電池を抜いて保管するようになった。このときのトラブルは電池を入れっぱなしにしておいて起きたから心配なのだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー