桃神祭2015の帰りに掛川駅まで歩く人のために

ももいろクローバーZのライブ「桃神祭」が地元にあるエコパスタジアムで開催される。しかし、宿泊施設や交通の便があまりよろしくない僻地なので、宿や足の確保に頭を悩まされている方が多い。

自分も天気が良ければ自転車で行くつもりでいる。雨が降ったらちょっと憂鬱だ。

帰りは掛川駅から新幹線に乗られる人も大勢いるようだ。愛野駅での電車やシャトルバスにすぐ乗れるのか、新幹線の最終に間に合うのか気が気でない。
待っている間に掛川駅まで歩いてしまった方が早いのじゃないかと考えている人のために、道すがらの写真を撮ってきた。

ルートは、自分が自転車で帰るために用意したものだ。
ライブにはカミさんや娘が同伴するため、暗くなっても安全に走れるように全線ほぼ100%歩道があり、まばらだが街灯もあるから走りやすいだろうという理由で設定した。

自転車ではもちろん前照灯を点灯して走るが、徒歩の場合も懐中電灯持参をおすすめしたい。下見の感じでは街灯はなくはないが、やっぱりまばら。足元を照らしたほうが安心できると思う。

150719-09

スタジアムから出たら、愛野駅へ向かう陸橋ではなく、写真左手方向の「西第1駐車場」へ進む。

駐車場手前右手に階段があり、それを降りて歩道に出る。

150719-01

この交差点はまっすぐ行くと愛野駅。反対側には歩道がないので、信号を渡らずに右に曲がる。自転車も通行できない車止めが行く手を遮っているので注意。

150719-10

エコパを右手に見ながら歩いて行くと「掛川市」の標識。この建物は遠州トラックの倉庫。

150719-11

T字路交差点にぶつかったら右に曲がる。

150719-12

道路の反対側にローソンがある。補給が必要なら、手前に写真の奥の方に写っている歩道橋で横断できる。

この歩道橋はエコパの敷地内に繋がっていて、通常ならばそこからも出入りすることができるのだが、当日の規制によっては行けなくなってるかも知れない。
規制がなければ、エコパ内の道路は若干登り坂になるが、ショートカットできるかも知れない。

150719-13

掛川ゲート前の信号で横断歩道を渡る。まっすぐ進んでも行くことができる。

ちなみにこの道路はどんどん行くと東名高速道路掛川インターチェンジの前を通過する。
その100m手前には「げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか」がある。桃神祭の座席券を見せると「カンパイドリンク」を8月2日まで無料で1人1杯いただけるそうだ。

150719-14

県道から離れ側道の坂を下ってくると一旦停止の標識。ここを左折する。
掛川ゲート前信号をまっすぐ進んだ場合は、右のガード下をくぐってくることになる。

150719-15

左に曲がって振り返った景色。

150719-16

どんどん歩いてくると、右手に地域の救急病院を担っている中東遠総合医療センターの建物が見えてくる。

150719-17

信号をまっすぐ調剤薬局方向へ渡る。右に曲がると中東遠総合医療センターへ。

150719-18

東名高速道路のガードをくぐる。ここから突き当たりの交差点までの100mくらい路側帯しかないので車に注意。ガード内は右側にのみ路側帯が設けられている。

写真手前の道を右へ行くと下り線の小笠PAへ行ける。上り線のPAはガードをくぐってから左へ曲がる。上下PAとも「ぷらっとパーク」なので、一般道から利用できる。

150719-19

突き当たりの交差点を右へ曲がる。曲がってすぐにミニストップあり。この辺りから景色も変わり、だんだん街らしくなってくる。

150719-20

少し行くと左手に資生堂掛川工場の入り口。

150719-21

またしばらく進むと左手に掛川年金事務所。

150719-22

ドラッグストア・セイジョーのある交差点を渡る。

150719-23

右手の建物は法務局と裁判所。

150719-24

右側に掛川信用金庫、左にスルガ銀行のある交差点を左に曲がる。

150719-25

掛川駅南口(新幹線口)に到着。参考にJR東海の駅構内案内時刻表をリンクしておく。

南口の右に「これっしか処」という物産店舗があるのだが、ここの通販サイトに夏菜子ちゃんおすすめの「まるたや・あげ潮」を扱っている。未確認情報で申し訳ないが、店頭にもあるかもしれない。

ルートラボでは、距離6.5km、自転車26分、徒歩1時間17分となっているが、実際はもっとかかるかも知れないのでお気を付けて。

<2015年8月4日追記>
このエントリーをご覧になった方かわからないが、7月31日、8月1日とライブ終了後にこのルートを歩いている人を多く見かけた。
実際に自分も夜間に走ってみて、街灯がまばらどころか、エコパ周辺の道路には街灯がほとんど無いことがわかった。

幸い満月が出ていて月明かりがあったことがせめてもの救い。エントリーを信じて歩かれた方にはお詫びしたい。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー