CATEYE CC-RD310Wがおかしくなった

DECOMA号のサイクルコンピュータ CATEYE CC-RD310Wが、やっと修理から戻ってきました。

実は今から2週間ほど前、サイクリング中にサイコンがおかしくなりました。
メーカーホームページの問い合わせページから症状を伝えたら、サイコンを送れと連絡があり、今日、新品になって送り返されて来たのです。

動作不良の症状はこんな感じです。

スタートからしばらくは正常に動作していました。11kmくらい走り、お店に寄ったときにメーターを外しました。ミスタッチでリセットされるのを防ぐために、いつも「走行距離1」から「走行距離2」にモード変更しています。
10分くらいでお店から出てきてメーターを取り付け、モードを変えようとしたら、なんと切り替わらなくなっていました。

何回かモードスイッチを押したけど変化がなくて、どうにもならないのでそのまま走行を始めたら、「走行距離2」の状態で速度も距離計も正常に動作してくれます。
走りながらモードスイッチを押してみましたけど、モードは相変わらず「走行距離2」のままです。

家に帰り着き、しばらく放置していたら、いつの間にか時計表示に変わっていました。正常に時を刻んではいましたが、今度は時計表示からモードを変えることができません。

それから、またしばらく放置したら、「km/h」だけ表示している状態になり、モードスイッチを押しても何の反応も示さなくなりました。

151219-05

最後の望みを掛けて新品電池に入れ替えたら、上の写真のような、全表示の状態になりました。
ACボタンを押しても、MENUボタンを押しても、モードボタンを押してもウンともスンとも。そればかりか、何時間経ってもスリープもせず、写真の状態でフリーズ。

これは完全にいかれたなと判断し、最初に書いたとおりメーカーに問い合わせることにしました。
サポートからの返信メールは翌日にはやって来ました。それには、「不具合が起きている可能性があるから検査する」と書いてあります。

その日の午後に郵便のレターパックで本体とセンサー、付属品一式、症状を書いたメモとAmazonの購入明細書など一切合切を送りました。レターパックだと追跡ができるので安心なのです。

サイコンがない間DECOMA号で走る機会がなかったので不都合はありませんでしたが、「到着日より営業日7日から10日」かかると返信メールに書いてあったとおり、きっちり営業日10日で戻ってきました。

修理報告書には「本体制御基板部に不具合があった。本体を交換、センサーは異常がないので電池だけ交換した」と書かれていました。
商品パッケージが同封されていたので期待したのですが、確かに本体や付属品は新品、センサーだけこちらから送ったお古でした。

過去にテールライトの不具合でキャットアイに送ったことが1度だけありました。その時も新品に交換して貰いました。
サイコンの不良品に出会ったことがことはありませんでしたが、もちろんあまり出会いたくはないが、キャットアイ製品にしておいて良かったと思いました。2年保証も心強いです。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー