掛川城下ゆり祭り

先週の金曜日、行きつけの病院へ行ったついでに、逆川の百合が咲きそろってきたと聞いていたので見てきました。

160603-01

仁藤町近くの奥姫橋のあたりの左岸はオレンジ色で染まっていました。

160603-02

白い色の百合も良いけど、オレンジは華やかで良いね。

160603-03

大手橋からは色とりどりになります。

160603-04

写真に写っている橋が大手橋。

160603-05

百合の向こうに掛川城が見えます。

160603-06

商工会議所前の松尾橋の辺りから見た黄色い百合と掛川城。

160603-07

松尾橋から東の緑橋の方を見たら、川の中に何やら櫓を組んでいました。
作業をしている人に尋ねたら、今晩プロジェクションマッピングを上映すると言います。

160603-08

緑橋の上ではスクリーンの準備をしていました。

160603-09

このとき初めて、その晩から次の日の夜に掛けて、「掛川城下ゆり祭り」が掛川城周辺で開催されることを知りました。
家に帰って確認したら朝刊にチラシが入っていました。

160603-10

ちょっと早めの夕飯を済ませ、3日・4日の夜に行われる「スローな花火と光のイリュージョン」というイベントにカミさんと一緒に行くことにしました。

160603-11

緑橋の上に来たら、紅白幕が張られていて、すでに大勢の人であふれていました。

160603-12

スクリーンを正面から臨める松尾橋の上で待機することにしました。

いよいよ始まると、まず主催者と掛川市長の長いご挨拶から。橋の上で一緒に観ていた観客からも苦情が漏れます。

160603-13

どんなイベントかと期待していたのですが、プロジェクションマッピングなどではなく、レーザー光線をスクリーンに投映し、観客が手持ち花火を楽しむ催しでした。
しかも花火は可睡ゆりの園の招待券5枚付きで1,000円という価格で販売されたもの。

160603-14

見ているだけでは盛り上がらないイベントでした。

160603-15

空中を飛び交うレーザー光線の面白い写真が撮れました。

160603-16

日中の写真はiPhoneで撮ったものですが、夜の写真はRX100。

160603-17

シーンモードの手振れ夜景で撮ったら、フラフラしててもピントピッタリ。面白い。

160603-18

160603-19

何か雰囲気の良い写真が撮れました。見慣れた風景がよその場所のよう。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー