夫婦で可睡斎サイクリング

カミさんと朝飯を食べている最中に、一緒にサイクリングに出掛ける話がまとまりました。

最初は可睡斎から油山寺へともくろんでいました。しかし、可睡斎でたっぷり時間を掛けてしまい、さらにSWEN袋井店に寄りたい希望が出てきたので上のコースで行ってきました。

出発直前になって、そういえば先日アジャストベルトが切れてしまい、使えるヘルメットがひとつしかないことに気がつきました。
仕方がないので、ふたりともノーヘルでなるべくクルマが少ない道を、ゆっくりポタリングの速度で走行することにしました。

160626-01

可睡斎に着いて、まずは「ジェラート元気」でいつものジェラートを食べます。ジェラートが可睡斎に来る大事な目的のひとつです。

160626-02

今日のジェラートは前回出ていなかったパッションフルーツにオマケはバニラ。ちなみにカミさんはカシス&ざくろにオマケはマンゴー。

160626-03

ジェラートを食べ終わったら可睡斎にお参り。

160626-04

山門の天井に方角を示す干支。

160626-05

中の山門で仁王像が出迎えてくれます。

160626-06

おさすり大黒様の横に「一年安鯛みくじ」が置かれていました。宝船の中に赤や黒の張子人形の鯛が入っています。1匹300円。

引いたおみくじを宝船の綱に結びつけてありますが、何匹か人形も混じっていました。

160626-07

輪蔵堂。

お賽銭を入れる前にカミさんが回そうとしたら、大きな擦れる音がして回らない。あらためてお賽銭を入れたら、あら不思議、静かに回すことができるではありませんか。

160626-08

次に本堂でお参り。

160626-09

その前にお線香を買って立てることにします。

160626-10

百合園の方は観光客で賑わっているようですが、こちらを参拝する人は少ないのか?線香立てには燃え尽きた線香の灰しかありませんでした。

160626-11

それから秋葉さんの方にも寄ります。

160626-12

本殿でお参り。

160626-13

本殿の中には巨大な天狗の面が。以前はなかったように思います。

160626-14

本殿の右横から「不動尊奥之院・出世六の字穴」へ行けるようになっていました。ここも以前は行けなかったように思います。

160626-15

進むと長い石段で上へ登っていきます。

160626-16

境内の建物の屋根を一望できます。

160626-17

徳川家康ゆかりの場所のようです。

160626-18

穴の中に入っていけませんが、奥の方には観音様らしき像が安置されています。

160626-19

穴と反対側には「活人剣」の台座部分があります。
台座の上には大きな剣があったようですが、戦時中の金属供出のため台座だけ残されたようです。

160626-20

「活人剣」のいわれ。

160626-21

さらに奥にある不動尊奥之院。まだ整備中のようです。左のトラ柵の外は断崖絶壁。

160626-22

再建された「活人剣」。
入るときには気がつきませんでしたが、仁王像のある山門の左脇に建立されていました。

このあと袋井市内のSWEN袋井店に寄りましたが、カミさんのお目当ての品は廃番になっていたようです。

迷走距離:35.34km AV:14.05km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー