Appleの下取りサービスにiPhone 5sを出す

スマホをiPhone SEに切り替えたので、今まで使っていたiPhone 5sを「Appleの下取りサービス」を使って下取りに出すことにしました。

「Appleの下取りサービス」はホームページで査定額を見積もりし、本体を宅配便で送ります。Appleでチェックして問題がなければ、「Apple Storeギフトカード」で支払われるというシステムです。

「Apple Storeギフトカード」はオンラインストアかApple Store店舗で利用するか、「Apple Wallet」に充当できます。
「Apple Wallet」は、Apple Payに対応していないiPhone SEでは使い途がないけど。

下取りをするか決める前に、「Apple Renew プログラム お申し込み」ページで査定金額を確認することができます。

GEOの買い取り表を一応チェックしたが、Appleの査定額の方が良い。GEOの場合は元キャリアによって金額が異なります。MVNOに流用できるdocomo版の方が良い金額が出ています。
ソフトバンクユーザーにとって、Appleの下取りサービスの良いところはキャリアによる査定額の差がないことでもあります。

しかし、端末の状態チェックリストでひとつでもNGがあると、査定額がゼロになってしまうというトラップもあります。
先人の話だと、多少悪いところがあってもオールOKで査定に出し、それで通ってしまったという報告もあります。

仮に見積もり査定額が出なかったら、送料先方負担で送り返してくれるらしいので、試しに査定に出してみるのも良いかも。

160629-03

iPhone SEを発注した頃は、iPhone 5sの下取り額は14,800円でしたけど、いつの間にか10,500円に下がっています。出すタイミングはとても重要ですが、仕方がない。

申し込みページで登録完了すると、上の完了画面が表示され、しばらく後に確認メールが登録アドレスに送られてきます。

その後、iPhoneを送るための送付キットが宅配便で届けられます。自分の場合は、申し込みから中1日でやって来ました。

160629-04

送付キットは佐川急便が持ってきますが、受け取りは申し込み本人でなければなりません。
古物営業法で中古品買い取りには本人確認が必要なためで、運転免許証など本人確認書類を配達人に見せる必要があるのだそうな。

段ボール箱は送り返すときにそのまま流用します。決してバリバリと乱雑に開梱しないように、丁寧に扱わないといけません。

160629-05

段ボール箱と緩衝材のほかは、荷物貼り付け用の送付伝票、説明書、プチプチ袋、申し込み確認書が中に入っています。

送るiPhoneは、SIMカードを取り出し、工場出荷状態にしなければなりません。
まず、設定 > iCloud > iPhoneを探す で、チェックを外し、iCloudからサインアウトします。
次に、設定 > 一般 > リセット > すべてのコンテンツと設定を消去 をタップして工場出荷状態にリセットします。

プチプチ袋にiPhoneを入れ、申し込み確認書にサインまた捺印した書類と段ボール箱に同梱。
段ボール箱の中はスカスカなので、配送中にiPhoneが移動しないように、プチプチ袋を段ボールの底にテープで固定してやると完璧。手を抜いて査定額が下がったら嫌だからね。

あとは、佐川急便に集荷依頼するか、営業所や取次店に持って行きます。送料は着払いです。
自分は取次店が近くになかったので、佐川さんのホームページで調べた営業所に電話して、集荷してもらいました。

iPhoneを送ってから中2日ほど経ってから、査定完了の知らせがメールで届きました。
査定結果は事前の見積額のままでしたが、その場合、拒否の選択肢はないようで、「ギフトカードが準備できたら送るからね」と書いてあるだけでした。

160629-06

さらに中1日で、「Apple Storeギフトカード」がメールで届けられました。

メールの末尾にPINコードやギフトカード番号、それぞれのバーコードが記載されていて、実店舗で利用する場合は、プリントして持参すればよいようです。
オンラインで利用する場合は、決済の際にPINコードを入力します。その場合でもギフトカードは複数利用できるようになっています。

自分はこのギフトカードを使ってカミさん用のiPhone SEを購入する予定。

ちなみに、iPhone 4sを地元のGEOに査定して貰おうと持って行きました。
だけど、田舎のGEOのせいか担当者が忙しく、iPhoneを置いていって、後からまた来いと言います。機械に掛けてチェックするので最低30分は待たないといけないそうです。

面倒くさかったのでキャンセルして、これもAppleの下取りサービスを使うことにしました。

<2016年7月14日追記>
iPhone 4sは、息子がカバーとか付けずに裸で使っていたので、ロゴマークのある側に擦り傷が結構入っていました。
Appleの査定が通るか心配だったけど、無事に2,800円貰えました。

佐川急便が送付キットを持って来た時、2度目は本人確認は不要でした。一度目で確認ができているからパスのようです。荷物にも「受取人確認」シールは貼られていませんでした。

早速、手に入れた5sの分と4s分のクーポンを代金の一部に使って、カミさんのiPhone SE 64GB ゴールドを購入しました。
今は在庫が潤沢のようで、注文して中1日の爆速で届けられました。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー