ブルーレイディスクレコーダー用外付けHD

パナソニックのブルーレイディスクレコーダー DMR-BWT530に外付けのハードディスク(HD)を増設した。
実は先日iMacに接続していた外付けHDに異常が発生したので新しいHDと交換したというエントリーをアップした。そのエントリーで、外した外付けHDはケースの電源部に異常があるだけで中身のHD自体は問題なく、別のことに有効活用すると書いた。
その有効活用はブルーレイディスクレコーダーの増設HDに利用することだったのだ。

131105-04

むき出しのHDでは使い物にならないので、ロジテックのLHR-EGU3Fという型番のHDケースを取り寄せた。
パナソニックのDIGAは接続できるHDを選ぶようで、何でも良いというわけではないらしい。ネットを彷徨っていたら、このLHR-EGU3Fなら接続可能だという情報が引っ掛かった。

131105-05

パッケージの内容はケース本体、USB3.0ケーブル、横置き用ゴム足、縦置き用ゴム足、HD取り付け用ネジ、ACアダプタ、サポートCD、取扱説明書。

本体はUSB3.0に対応し、WindowsやMac、レグザやアクオス、ブラビアなどのテレビに対応する。
内蔵できるハードディスクはSATAに対応する。

131105-06

ケース本体正面はアクセスランプがあるだけ。背面はACアダプタ電源コネクタ、USB3.0ポートとPC/TVモード切替スイッチがあるだけ。電源スイッチはないのでパソコンやテレビ、ブルーレイディスクレコーダーの電源に連動する。

131105-07

ケースの蓋は背面の蓋固定ネジを外し、蓋を前方向へずらして開ける。
ケースはプラスチック製だが、ピアノブラックな仕上げで、すぐに埃を寄せ付ける。こういったツヤツヤブームは早く過ぎ去って欲しい。

131105-08

内蔵ハードディスクを前面方向から入れ、コネクタに挿入する。
LHR-EGU3Fは冷却ファンを内蔵している。型番末尾にFがない製品が併売されており、こちらはファンは別売になのでご注意を。

131105-09

ケース側面の前面側左右にハードディスクを固定するネジ穴がある。
蓋を閉じて、蓋固定ネジを締めれば完了だ。

パソコンで使用する場合は、モード切替スイッチを「PC」にする。テレビやブルーレイディスクレコーダーに使用する場合は「TV」に切り替える。
「TV」になっていると、テレビやレコーダーの電源が入っている間はHDの回転を停止する省電力モードにならない。省電力モードになるとテレビなどの認識が外れ、録画を失敗するらしい。

DMR-BWT530との物理的な接続はUSBケーブルと繋ぐだけ。レコーダーの電源が切れいていることを確認して、HDのACアダプタを電源コンセントに接続する。
レコーダーをONし、リモコンのスタートボタンを押す。画面の中から初期設定を選択。USB HDを登録する。
登録が完了すると、録画一覧の左側にUSB HDが表示されるようになる。
録画予約、録画したものの再生などもテストし、動作が正常に行われるのを確認した。動作音も気になるほどではなかった。経年変化や深夜の寝静まったときの状態を今後チェックしたい。

DMR-BWT530を購入したときはHD容量は500GBで十分だろう、録画して必要なものはブルーレイディスクにダビングしていけばよいと考えていた。
ところがカミさんも録画するので、ハードディスクの容量確保が追いつかなくなってしまった。
これで一挙に3倍に増量したので当分何とかなるのかな。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー