着る毛布・グルーニー

5年前に購入した「着る毛布」、さすがに5シーズン使ってフワフワだったお尻のあたりもペッチャンコ。心なしか買った当初の暖かさが薄れてきたような気がします。

満を持して前回と同じ「Groony(グルーニー)」の2017年バージョンを買い直しました。

171205-01

毎年モデルチェンジしているようで、以前のような無地のものは1種類だけ。チェックの柄物が主流に変わっており、13種類ものバリエーションに増えていました。

今度のものは、ブリティッシュチェックという柄のもの。何となく高級感が増したようで気に入っています。
ただ、色が濃く複雑になって、食べ物をこぼしたりすると気がつかなくて、あとからガビガビになったところを見つけて愕然とします。

以前と同様ふわふわで手触りは変化ないようですが、毛足は若干短くなったような。

カラーによって異なりますが、従来の着丈170cmのレギュラーの他に、着丈150cmのミドル、着丈125cmのショートのバリエーションも増えています。

171205-02

一番うれしい改良点は、胸元のボタン1個から、首元、胸元、太ももあたりの3ヵ所にボタンが増えていたこと。首のあたりがパカッと開かなくて暖かさが逃げないようになりました。

胸元のボタンは2つ付いていて、胸回りの大きさによって調節できます。

171205-03

あと目立った変化は、袖口が二重構造になりました。大きな袖口の中に小さな袖口があって、手首まわりも暖かい。

前回のものは新品をそのまま着ると毛が着ているものに付着したため、1〜2回洗濯してから使わないとダメだった。今度のはそのまま着ても毛が付着することもなく、5年でいろいろ改善されてきたのだなぁと実感できました。

「Groony」は10月くらいから販売されているのですが、いつも人気の柄からどんどん売り切れてしまいます。今日時点でもかなりのものが完売している様子です。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー