R250 防水サドルバッグ Xスモール グレー

BESV JR1に「HAZET コンビネーションレンチ(ショートタイプ)15mm」を積んで走らなければならなりません。それなりのサイズのサドルバッグが必要です。

しかし、JR1自体の重量が重いので、なるべく軽くしたい。

ということで、サドルバッグはワールドサイクルのオリジナルブランド製品「R250 防水サドルバッグ Xスモール グレー」にしました。

190216-01

「R250 防水サドルバッグ Xスモール」は、R250製品の中では大型サドルバッグのシリーズの末弟みたいな位置付けの商品です。

大きさはそれなりのサイズがありますが、バッグ自体の重量はカタログ値は130gでしたが、実測はそれより重い155g。
トピークの定番サドルバッグ「エアロウェッジバッグ(ストラップマウント)Mサイズ」と同じはずが、実際はLサイズに近い(-10g)重さでした。

素材は840デニールの熱可塑性ウレタン。防水コーティングされた生地を糸による縫製ではなく、溶着で形成して防水を実現している。

190216-02

納品されたときは、写真のような「サドルの開き」みたいな形状になっています。

バッグの入口はORTLIEBの防水バッグと同じようなロールアップで、ガバッと開き、クルクルッと巻いてバックルでロックします。

長さは、開きの状態で350m、ロールアップすると280mm、物を入れられる長さは230mm。他のサイズは横50〜100mm、高さ90mm。
容量は1リットルで、500mlペットボトルやR250のスリムロングツールケースがすっぽり入る大きさだそうです。

190216-03

荷室は1室でポケットなどはありません。天井と床に型を維持するための芯材が付いています。

190216-04

フック式のテールライトを取り付けられるループも付いています。

190216-05

サドルへの取り付け方法は一般的なストラップマウントのものと同じで、サドルレールでぶら下げ、先端をシートポストに固定します。

190216-06

サドル後方に結構飛び出るので走行中に左右に振れる心配をしましたが、杞憂でした。
ペダリングの邪魔になることもありません。

190216-07

テールライトが少し上向きになるのが気になるかな。

軽量化のために1リットルのサドルバッグになり、BANANA号で使っていたモンベルのフロントバッグは4.5リットルもあったので積載量がかなり減ってしまいました。
ボトルケージも減ってかなり厳しい。荷物を厳選、コンパクトしなきゃいけません。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー