GIZA カラビナ・コンビネーションロック LKW21902

自転車の荷物軽量化のために新しい鍵を手に入れました。

190425-01

GIZAプロダクツの「カラビナ・コンビネーションロック LKW21902」です。

直径3mm☓1800mmのコイル状に巻かれたワイヤーを、4桁のダイヤルで施錠・解錠ができるカラビナで連結している鍵です。

ダイヤル錠は総当たり攻撃で3桁:17分、4桁:2時間47分くらいなので、桁数は多いに越したことはありません。

190425-02

カラビナ部分はレッド、シルバー、ブラックと3色のバリエーションがあります。ワイヤー部分はブラック一択です。

赤色好きの僕は、当然レッドをチョイス。

190425-04

ダイヤルは自分好みの4桁に設定することができます。お仕着せナンバーではなかなか覚えられないので、自分で設定できることは重要です。

190425-03

ナンバーの設定方法は、まずダイヤルを初期設定値に合わせて解錠し、次にサイドのリセットボタンを90°回転させます。
それから、ダイヤルを好みのナンバーに回し、リセットボタンを元に戻したら完了です。

190425-05

ダイヤルを解錠ナンバーに合わせ、レバーをダイヤルの方向へ引くと、カラビナはオープンします。

190425-06

カラビナを閉じるときは、レバーを引きながら閉じます。

190425-07

重量はカタログ値100g。実測値は94gでした。

ワイヤー長が1800mmあってもコイル状なので、ストレートタイプのものに比べてあまり大きなものは巻けません。

また、細いワイヤーなのでニッパーなどの工具で簡単に切断できます。コンビニでちょっとトイレに行く間ぐらいの防御力しかありません。
心配であればツーロック、スリーロックで対応しましょう。

僕の場合は、BESV JR1に100%補償の盗難保険を掛けているのでちょっと気軽です。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー