OGK KABUTO VITT/AERO-R1用シールド ARS-3 調光クリア

OGK KABUTOのヘルメット「VITT」や「AERO-R1」には標準で「ライトスモーク」のAR-3シールドが同梱されています。
ライトスモークは可視光線透過率65%、紫外線カット率99%以上の性能があります。

AR-3シールドはインジェクション製法のため、ちょっと厚みがあります。僕には視界が若干歪んだり、ピンボケするような違和感を感じました。

ARS-3シリーズは特殊曲げ製法で作られており、「AERO-R1」に「ARS-3 スモーク」シールドを付けたら、視界がとてもクリアになって、もうAR-3には戻れなくなるほどお気に入りになりました。

190525-18

「VITT」には奮発して「ARS-3 調光クリア」を付けることにしました。

「ARS-3 調光クリア」は可視光線透過率28〜88%、紫外線カット率99%以上のシールドです。

調光とは、上の写真のように透明に見えるものが、紫外線を当てると濃いグレーに変色するタイプのレンズやシールドです。
明るい昼間から夜間、明るい場所から暗いトンネルに入ったり、その逆だったり、自動的に色の濃さが変化するので、シールドを入れ替えることなく、1枚のシールドでまかなうことができます。

ARS-3シリーズの他のものが税別6,000〜7,000円であるのに、こういった特殊機能付きであるため税別10,000円とお高くなっています。

パッケージには「ARS-3 スモーク」と同様、専用のクロスバッグが入っています。

190525-19

写真は左から「ARS-3 調光クリア」、「ARS-3 スモーク」、「AR-3 ライトスモーク」。
「ARS-3 調光クリア」は日の当たらない室内では、ほぼクリアに見えます。

190525-20

写真は左から「ARS-3 調光クリア」、「ARS-3 スモーク」、「AR-3 ライトスモーク」。
「ARS-3 調光クリア」は「ARS-3 スモーク」よりも若干厚みがあります。

190525-21

重量を計ると27gありました。「ARS-3 スモーク」は実測22gだったので、厚みがある分重量増。ちなみに「AR-3 ライトスモーク」は実測39gでした。

190525-22

晴天の屋外に持ち出したら、みるみる色が濃くなりました。
写真左が「ARS-3 スモーク」で、右が「ARS-3 調光クリア」。室内のときと濃さが逆転しました。

190525-23

上の写真の状態から日陰に移動しました。たちまち色が薄くなりました。
写真左が「ARS-3 スモーク」で、右が「ARS-3 調光クリア」。

190525-24

半分だけ遮光して、外で十分に日を当ててから室内に戻りました。
半分だけ色が濃い。写真を撮るまでに色が薄くなってしまうため、撮影はなかなか難しいです。

「名古屋サイクルスポーツデイズ」でOGKの係員から「クリアに戻る時の方が時間が掛かる」と聞いていましたが、新品であるせいか、濃くなるのも薄くなるのも結構速いです。

調光レンズは当たる紫外線の有無で濃くなったり薄くなったりを繰り返します。何度も変化を起こしていると、だんだん性能が劣化するそうです。
そのため、保管方法にも気に掛けないと、変化するのが遅くなったり、変化しなくなったり、寿命が短くなってしまったりします。

OGKのこちらのブログに保管方法の注意点が書いてありました。

  1. 濃淡を繰り返すことで徐々に劣化するので、使用しないときは遮光して保管する。
  2. 直射日光が当たる場所、炎天下の車内、乾燥室のような温度・湿度の高い場所で保管しない。

気をつけたいと思います。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー