マキタ・スライド丸ノコ M244

念願のスライド丸ノコ買っちゃいました。

自作の丸ノコスライド台では丸ノコの恐怖に打ち勝つことができず、敷居の高さが克服できない。
もう清水の舞台から飛び降りた。でないと計画しているものが計画倒れで終わりそうな危機感が芽生えてきたから。

しかし、届いた箱の大きさにはびびった。こんなものどこに置く?

置き場所はおいおい考えるとして、箱の中は写真のような状態で本体と付属パーツが入っている。

M244はのこ刃径が190mmあり、幅312mm×高さ50mmの木材などを切断できる。

HiKOKIのFC7FSBとどちらにするか迷ったのだけど、愛知県人なのでやっぱりマキタを応援することにした。

というか、刃を一定の深さで止める機構がマキタの方がやりやすいそう。

ただし、スライドの仕組みがマキタは2段式で、HiKOKIは1段式。マキタは1段目がスライドしきって2段目に移るときにショックがあるとか精度が落ちるとかデメリットもあるようだ。

M244は1段目と2段目にそれぞれスライドを止めるロックが付いていて、ちゃんと緩めておかないと2段目が動かなくてビックリする。
まあ、ショックなんてのは僕レベルでは精度ウンヌンと一緒に関係ないけど。

で、先日工作した「ピンポン球ガチャマシーン」の機構部の木材を切るのに使ってみた。

木材は100均の激安品で、のこ刃はデフォルトのままだけど切り口はとてもキレイ。のこ刃を買い直す必要がなくてラッキー。
だけど、ちゃんとスミ線引いてカットしたつもりだけど寸法が出てないや。木材のサイズに合わせたクランプの仕方を確立しないと、ちゃんとしたものを作るのは難しい。

切りくずの飛散を心配したけど、意外と集じん袋の中に収まっていて安心した。ゆくゆくは掃除機と連結したい。

キックバックの心配も少ないし、かなり危険性のハードルが下がった。置き場所なくてバモスが倉庫化しているのを何とかしなくちゃ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー