乾湿両用掃除機 E-Value EVC-200PCL

TWINBIRD パワーハンディークリーナー HC-EB51」を日曜大工の切り屑掃除に使っていたが、少し使うだけでモーターの過熱保護装置が働き止まってしまう。
あんまりよく止まるものだから日曜大工のお供には全然相応しくないことがわかった。

そこで家庭用には無骨だが、日曜大工にはピッタリな掃除機を買い直した。

今度の掃除機は乾湿両用の「E-Value EVC-200PCL」。

ヘッド部分が共通で、集じんタンクがプラスチック製とステンレス製の2機種ある。購入当時より現在価格は値上げされているが、購入当時はプラスチック製のものの方がかなり安かった。

集じんの容量が11Lで、吸水容量も11L。

ヘッド上部に大きなON/OFFスイッチが付いていて押しやすい。

タンク側面に吸込み口があり、吸込み口の突起にホースの抜け止めが噛み合って簡単に抜けてしまわないようになっている。

ヘッド側面の排気口にも突起があり、こちら側にホースを接続するとブロアとして使用できる。

排気口横とタンク底部にコード掛けがあり、電源ケーブルを巻き付けられるようになっている。

しかし、排気口横のコード掛けは小さいのと排気口が邪魔になってコードが外れやすい。コード掛けの場所や大きさにもう少し配慮してくれたら使いやすいのに、地味にストレス。

サイド2ヵ所にタンク側にラッチ、ヘッド側にラッチが掛かる場所が設けられている。ヘッドとタンクは簡単に分離できる。

購入時、付属品はタンクの中に入っている。写真はフレキシブルホースとクロスフィルター、集じん袋、湿式時に使用するフォームフィルター。

延長パイプ3本、ワイドノズル、丸毛ブラシ、他に隙間ノズルが付属する。

ペーパーカートリッジフィルターは最初から取り付けられている。

キャスターとヘッドに付けるハンドルは購入時は分解された状態で入っており、自分で組み立てなければならない。

キャスターもハンドルもネジで締め付けるだけなので難易度は高くない。

購入してから1年くらい経つが、途中で止まるようなこともなく、吸引力も良い。タンクの容量もたっぷりなので、買ってからまだ一度もゴミ捨てしたことがない。
ただし、図体がデカいので使わないときの置き場所に困る。普段はバモスの荷台に置きっ放しで、うちではR2-D2みたいだと言っている。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー