ミニテーブルソー用クロスカットスレッドをプチ改善

先日作ったミニテーブルソー用のクロスカットスレッド。使っていてちょっと不便を感じたのでちょこっと改良した。

ミニテーブルソーの鋸刃をアップダウンするには、鋸刃の横にある穴に六角レンチを差し込んで、何回もグルグル回さなければならない。
そして、そのために毎回クロスカットスレッドを外したり載せたりしなければならなくて、それが結構面倒くさい。

そこで、クロスカットスレッドを載せたまま六角レンチを差せるように穴を開けた。これだけのことで効率が倍増しになった。

8mmのドリルビットで穴開けをしたのだけど、キレイに穴あけできなかった。
クロスカットスレッド製作時に穴開けしたとき、合板の中に金属が入っていてドリルが空回りした。その時にドリルビットの刃先を痛めてしまったようだ。

刃先を研ぐスキルはないので買い直ししなくちゃならなくなった。高い買い物になってしまった。もうコメリで合板は買ったりしないぞ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー