木製歯車の製作

先日作ったばかりのミニテーブルソー用クロスカットスレッドと、その前に作ったジグソーテーブルを駆使して木製の歯車を作った。

ジグソーで円形に切ることができるが、テーブルソーを使うともっと簡単に円形にカットすることができる。

クロスカットスレッドのベース部が厚ければ直接ベースに釘などを打てるが、うちのは6mm厚のMDFなので裏側から釘を刺した他の6mm厚MDFの2重構造。

数種類の半径の円を切り抜くため、数カ所に釘が刺せるようになっている。

今回作った歯車は直径150mmなので、四角い板はグルグル回せない。まず回すことができるだけの円形に適当にカットしておく。

グルグル回すだけで円が切れるのでとてもラクチンだ。

鋸刃が30mmしか出せないので、6mm厚MDF2枚重ねだとカットできるのは15mmくらいの厚さが限度だ。これ以上の厚さのものを切るにはスライドベースを薄くする工夫が必要だ。

次にジグソーテーブルで刃の部分をカットする。時間は掛かったが、こんなものを2枚作った。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー