金属を高強度にくっつけるセメダイン・メタルロック

先日作ったガラポンガチャで、抽選球の排出口にアルミの弁を使用した。

この弁は上の写真の通り、アルミ板にステンレスの細い丸棒をくっつけただけの簡単なものだが、球が何度も当たったり、開閉を繰り返すので接着だけで簡単に剥がれてしまわないか心配だった。

接着に使用したのは「セメダイン・メタルロック」。

チタン、ステンレス、アルミニウム、鉄、銅、真鍮、亜鉛メッキ鋼などの金属、炭素繊維に対応する金属用高強度接着剤。
プラスチックや塗装金属には接着しにくいものがあり、ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂は不可。

A、B2種類のチューブと混合用のプラスチックヘラが付属する。

使用方法は、等量のA剤、B剤を色が均一になるまで混ぜ合わせ、接着物に塗る。約5分で動かなくなり、約1時間で実用強度に達する。

パッケージに「ネジ・リベット・溶接に代わる構造物接合に」と書いてあり、かなりの自信があるようだ。
実際、上の写真の貼り付けた丸棒を剥がそうとすると、丸棒の方が先に曲がってしまい剥がれそうにない。金属同士の接着にはオススメだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー