DSC-RX100用に揃えたものたち

SONY Cyber-shot DSC-RX100を買ったので、一緒に必要なものや便利グッズをいろいろ揃えた。

●SDカード

151029-15

SDXC Class4以上に対応しているので、FZ200に使っているのと同じTranscendのClass10・UHS-I対応・転送速度90MB/sのAmazon限定フラストレーション・フリー・パッケージのものにした。

写真右が今回購入したもの。昨年買ったものとラベルのデザインが変わっている。
RX100はUHS-I対応ではないが、たまたまタイムサービス中でお安く買えた。

●グリップ

151029-16

RX100は表面がペタッとしているため、よく落下させやすいようだ。そのためグリップが必須との情報が多い。
サードパーティーからも複数のグリップが存在するが、値段的、形状的に純正品をゲットした。

151029-17

151029-19

純正品はアタッチメントグリップAG-R2になるが、RX100やRX100M2に貼り付けた場合、レンズと隙間ができる。M3やM4の場合は鏡胴がちょっと大きく、これにジャストフィットするように作られているようだ。

RX100、RX100M2用のAG-R1が存在したが、すでに廃番になっていて、あったとしてもプレミア価格になっている。これなら隙間ができないようだ。

151029-18

AG-R2はRX100のコーナー形状に沿うようにアールが付いている。

151029-20

この形状のお陰で指を掛ける山がアールの辺りにでき、レンズとの間隔がちょうど良い。
平らな場所に貼るタイプのサードパーティー品の場合、レンズ側に寄るため近すぎてコントロールリングが回しづらくなったりするようだ。

●液晶保護フィルム

151029-21

液晶保護フィルムはディスプレイが常時むき出しなので、ちょっと奮発して流行のガラスフィルムのものにした。
購入したのは「クロスフォレスト CF-GCSRX100」。厚さ0.33mm(実測値約0.44mm)(どっちやねん)というやつ。

パッケージが豪華で無駄に金がかかってそう。ガラスフィルムの場合はこんなもんなのかな?

151029-22

RX100に最初から貼ってあった保護フィルムを剥がしてすぐに貼り替えたので、付属のクリーニング不織布やホコリ除去フィルムは未使用。

151029-23

例によって風呂場で貼ったけど、ディスプレイ上にフィルムを載せたときに貼られてる感が全然なかった。フィルムに厚みがあるせいかくっついたところとそうじゃないとこの差が少ないのだ。
もちろん気泡などもできなかったが、ちゃんとくっついているようなのでとりあえずOK。

151029-24

ラウンドエッジ加工だそうで、ガラスの角で指が引っ掛かることもなく塩梅良さそうだ。
指紋も付きにくいようだし、貼る前と後でディスプレイの見え方も変わりない様子。

スマホも今度保護フィルムを貼るときはガラスフィルムにしてやろう。

●ネックストラップ

151029-25

サイクリングに使うのがメインな目的なので、付属のリストストラップでなく、両手がフリーにできるネックストラップをRX100に付けた。

ストラップアダプターで(一眼レフ用とかの)ちゃんとしたネックストラップを使う手もあるが、ストラップアダプターを使わなくても、直接カメラに両吊りできるものがニコンから出ていた。

151029-26

AN-CP23というストラップで、お安くて良い。

151029-27

アジャスター付きで長さを調節できるようになっている。
プラスチック部に「Nikon」ロゴの浮き出し文字があるが、全然目立たない。

ストラップを取り付ける時に片側は問題なく普通にできたが、反対側を付けるときにちょっと悩んじゃった。答えはアジャスター部分をいったんほどいて、2本に分離すれば良いんだ。

151029-28

最大長さ約980mmで、首からぶら下げるとこんな感じ。

●カメラケース

151029-29

RX100を持ち運ぶときに液晶ディスプレイがむき出しだし、せっかく良いカメラを買ったので、ちょっと気を遣うためカメラケースをゲットした。

巷では「ハクバ デジタルポッシュ ST S」が人気のようだが、これはリストストラップに適した縦型のケース。自分はカメラにネックストラップを付けたので、それを活かせるような横型が良いんだけど、これがなかなか品薄だ。

マンフロットのケースもあるが、最適サイズのものが売り切れになっていたり、口の形状が特殊でストラップを外に出すのに工夫が必要だとかあったので迷っていた。

で、購入したのはニコンのソフトケースCS-NH50BK。COOLPIX S9300などのオプション製品。カメラの大きさが似たようなサイズで、ソフトケースだから多少のことは吸収できるだろうと決定。

151029-30

内寸法はW115×H75×D35mm。素材は合成皮革、ナイロン。
ストラップが付属し、サイドのDリングにフックで付け外しすることができる。

151029-31

内側はソフトで、優しくカメラを守ってくれそう。落下などの保護能力はないだろう。

フラップはマグネットで綴じられるようになっている。しかし、このマグネットホックが小さすぎて、相手をピンポイントで探さなければくっつけられない。
商品企画者はこのケースを実際に使ったことがないんじゃないかと思われる仕様だ。

Amazonのレビューにも書かれていたので承知して購入したのだが、安全のためにマジックテープかマグネットを増設して対応したい。

151029-32

背面にはベルト通しが付いている。ベルト通しは下部がマジックテープで留められている。

151029-33

RX100を入れてみたらジャストフィット。フラップに「Nikon」ロゴが刻印されているが、それさえなければ純正品のようなフィット感。出し入れもスムーズ。

151029-34

付属ストラップを使わずに、カメラに付けたネックストラップをフラップの横から出して使う。

151029-35

横の隙間が大きいので防塵効果はまるでない。自分的には無問題。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー