iMac(27-inch, Late 2012)雑感

iMac(27-inch, Late 2012)が我が家にやって来て2週間たちました。使用感をまとめてみました。
比較対象が今まで使っていた13インチのMacBook。Snow Leopard(MacOS X 10.6.8)までしか対応していなかったので、OSの変わりようで使いにくさを感じた部分もありました。

130607-01

まず、良いところ。

・画面がキレイでムラがない。
ディスプレイが27インチになって広大な作業エリアを手に入れたのもうれしいが、これだけ大きくても隅々までムラがなく、文字が読みやすく、発色もキレイです。

・スピーカーの音が良い。
あくまでも僕の耳基準なので反論は認めます。たぶん普通の薄型テレビ並みだとは思いますが、今までが音が鳴っている程度のMacBookだったので、すごくよく感じます。DVDビデオを見るときも本体のスピーカーからの音で十分満足できます。

・机を広く使えるようになりました。
従来の構成がMacBook、17インチモニター、フルサイズキーボードでした。これだけの組み合わせで机の上はいっぱいで、本を広げたり書類を書くスペースを確保するのが困難でした。
キーボードはコンパクトだし(本当はテンキーが欲しいが)、ワイヤレスだし、iMacの下のスペースに退避できるので作業スペースを確保しやすくなりました。

その他にも、起動や処理速度が速くなったことがうれしい。27インチiMacはメモリをユーザーが増設できるのが良い。逆に何故21.5インチiMacはメモリ増設できない仕様にしたのかわかりません。

次に悪いところ。

・電源ボタンが本体裏にあるところ。
ボタンが裏にあるから、必ず本体左側かボタンのある下部分に手を突っ込めるだけのスペースを確保しておかなければなりません。ちょっと力を加えるだけでディスプレイの角度が変わるほどの軟弱さなので、電源入れるだけでも押し方によっては角度が変わります。
シャットダウンはキーボードで対応できますが、電源オンだけはどうにもならない。

・イヤホンジャックが本体裏にあるところ。
机を壁際に置いているので、イヤホンを差すたびに上から覗き込んで手探り。またディスプレイの角度が変わります。
これはそのうちUSB経由で対応しようと考えています。候補はアナログ音源の取り込みにも対応可能なCreative USB Sound Blaster Digital Music Premium HD SB-DM-PHDか、単純にイヤホンジャックを引っ張りだすためにiBUFFALO USBオーディオ変換ケーブル BSHSAU01BK。

・USBが本体裏にあるところ。
上にあげた2点と同様、デザインを優先するあまり使い勝手を犠牲にしていると言わざるを得ません。
抜き差ししにくいので、本体裏にはめったに抜き差ししない外付けハードディスクや光学ドライブを繋ぎ、1口だけUSBハブを接続して手元に引き出しています。

・光学ディスクドライブがない。
御家の事情で廃止したとしか思えません。iTunesにCDも取り込めないし、レンタルDVDも見れない。もちろんバックアップもできない。クラウドは信じていないし。
ブルーレイディスクドライブが安くなったので、とりあえずLogitec LBD-PME6U3LBKを調達しました。もちろんブルーレイビデオを見るには別に再生ソフトが必要です。BootcampしたのでWindows 8環境で対応する予定。

・起動音がでかい。
イヤホンジャックが差さっていない状態で主音量を下げておけばいいのですが、音量を上げた状態で終了させるとその音量で起動音がなります。うるさく思っている人は結構いるみたいで、裏技もあるようですがめんどくさい。
イヤホンでの音量もでかい気がします。音量を絞ってもでかいのでアプリ側でも絞っています。

・画面の汚れが気になります。
ディスプレイの周辺部が黒く、素手で触ると指紋がつきやすく、この汚れが気になります。角度調整をするときはディスプレイの下を持ってすればいいのだけど。

OSがMountain Lionになったことでの問題もあります。

・Gatekeeperがうっとおしい。
Appleお墨付きのアプリじゃないと起動できないと警告されるのがうっとおしい。「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」で「すべてのアプリケーションを許可」にすればいいのだけど、あらためてそう言われると逆に不安になります。

・昔のアプリが使えなくなりました。
LionからRosettaがなくなったのでFilemaker Pro 8が使えなくなってしまいました。結局Filemaker Pro 12を買い直すことになりました。

・iPhotoのオリジナルファイルが直接いじれなくなりました。
「iPhoto Library」にブラインドになりました。いちいち書き出さなければならない。環境設定で写真の編集アプリを「Photoshop」に変えて、いちいちiPhotoを起動しています。

・メールがまとめられてしまう。
同じ差し出し元の受信メールを1つにまとめられるのは、いまいちなじめません。昔のメールまで関連づけられて表示されるのもうっとおしい。

同じように感じている人もいるようで、ネットで探すと改善策を提案してくれているので参考にしたい。慣れの部分もあるし、好きでずっとMac使っているから我慢して付き合います。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー