「直送ももクロVOL.11 平面革命『JAPAN TOUR 2013 “GOUNN”』仙台大会」参戦

ももいろクローバーZのライブ「JAPAN TOUR 2013 “GOUNN” 仙台大会」のライブビューイングにTOHOシネマズ浜松にボッチ参戦してきた。
浜松駅前は久しぶりに行く。本当に久しぶりだから、駅前がすっかり違う場所になっていてびっくりした。

会場はスクリーン6というホールで、前から2列目の席だったから見えにくさを心配したが、スクリーンと最前列の席の空間がほどよくとってあって問題なく楽しめた。
電車の行き帰りは防寒対策ばっちりだったが、ライブ中は普段の格好で良かったようだ。薄手のタートルを着ていったら首回りに汗かいた。

今回のライブは、前半がGOUNNをテーマに仏教をモチーフとした構成になっている。ライブ中はペンライトやサイリウムが禁止になっていて、いつもと勝手が違う。
今年になって、「夏のバカ騒ぎ」のようなバラエティー色の強いライブと「5TH DIMENSION ツアー」のような芸術性を追求したライブをするようになった。「GOUNN」は後者だ。
ももクロちゃんの歌唱が昨年と段違いに安定していて、ユニゾンでもばらつくことなく安心して聞けた。ももクロちゃんたちがはけた後の繋ぎのBGMやダンサーの踊りも楽しめた。

後半はサイリウムが解禁になって、いつものももクロちゃんのライブ。
普段だとこの後にアンコールとかある構成なのだが、アンコールはなし。19時始まりでこの段階ですでに22時。
場内アナウンスで終了を告げているが、観客がアンコールを催促するものだから再びメンバーが出てきて挨拶をする。22時を過ぎているので、最年少メンバーのあーりんが労働基準法の関係で出られないから歌えないと言う。観客全員でビッグウェーブしてお開きになった。

後半の始まりでTwinkle5というグループが出てきて知らない曲を歌った。5人のメンバーのうち4人は明らかにももクロのメンバーだが、センターの夏菜子ちゃんが違う。最初は髪型が違うだけかと思ったが、よく見れば背の高さも違う。
紹介でNHKのホームページのアドレスを告げられる。

http://www.nhk.or.jp/navi/twinkle5/

このホームページは架空のアイドルグループ「Twinkle5」のホームページだ。
Movieのページに「Twinkle5屋上ライブ」というムービーが上がっている。最後に「12/24 0:10 NHK 総合」とテロップが出る。
この日時は、10月20日に「『”ももクロ”クリスマスドラマ』制作開始のお知らせ」でNHKから告知された放映日時に一致する。どうやらドラマの内容はアイドル話しのような気がする。
Twinkle5のメンバーの中に百田夏菜子ちゃんはいないが、当然出演すると思うし、どんな風に絡んでくるか楽しみだ。

ライブビューイングはステージやメンバーがアップで見られて良いこともいっぱいあるが、見たいところが見れないもどかしさもある。特に見せ場なアクションとか、ファンなら必ず知っている部分を何故このアングルで撮る、とフラストレーションがたまる。LVのカメラマンもしくはスイッチャーにももクロ愛が足りないと思う。年末の「ももクリ2013」もLV開催が決定したので期待してまっせ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー