HDR-AS100VのmicroSDXCカード

充電の完了したHDR-AS100Vに次にやることはメモリーカードのセット。

使用可能なメモリーカードはメモリースティック マイクロ(Mark2)、Class 4以上のmicroSD・microSDHC・microSDXCメモリーカード。

140529-12

高画質なXAVC Sで記録する場合は、Class 10以上のmicroSDXCメモリーカードが必要です。
XAVC Sで記録するかどうかわかりませんが、Amazonで格安な64GBのmicroSDXCカードが販売されていたので、大は小を兼ねるだろうと手に入れました。

このカードは一応Made in Japanの東芝製ですが、海外向け仕様品で、パッケージに「特定の海外国/地域向け製品のため日本国内でのサポートは受けられません。」と記載されています。
だから使えたらラッキー程度の心構えで、自己責任で使用しなくてはなりません。

ちなみに、パッケージには上の注意書きだけ日本語で、それ以外は英語、簡体中文、繁体中文、ハングルの4カ国語で書かれています。それだけ逆輸入品が多いのでしょう。

140529-13

SDカードはカメラの裏蓋を開けて、バッテリー下のスリットに端子部を先に、印刷面を上にして挿入します。まれに挿入がうまくいかず認識しないことがあります。

メモリーカードを挿入したら日付の設定とSDカードのフォーマットをします。

カメラサイドの液晶に表示される文字を見ながら、NEXT、PREVと録画ボタン兼用のENTERボタンの3つのボタンでメニューを切り替えていきます。

メニュー構造としてはプリンタやFAXに近い。項目は一項目ずつ表示され、順送りまたは逆送りしかできないし、一番深い階層で4段階あるので、結構面倒くさい。

140529-14

前のエントリーで『「ハードレンズプロテクター」のプロテクターに「キクチプラクリーン・メガネクリーナー」というスプレー缶の蓋がピッタリ』と書きましたが、取り付けると上の写真のような感じになります。
蓋が深いので余裕がありすぎですが、色はともかく、加工すれば良い感じになりそうです。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー