モーガンブルー・チェーンキーパー

自転車の掃除をするときにリアホイールを外すと、垂れ下がったチェーンがチェーンステーに接触し傷つけることがあります。

170314-01

「モーガンブルー・チェーンキーパー」は、ホイールの代わりにリアハンガーに取り付け、チェーンにテンションを掛けてフレームを守るツールです。

メンテや掃除するときだけでなく、輪行やトランスポートするときに使う人もいるようです。

170314-02

数社から同様のツールが販売されていますが、構造が簡単なだけあって、比較的低価格です。

170314-04

使い方は簡単で、プラスチックボディの溝にチェーンを通し、ネジ頭とボディでリアハンガーを挟み、蝶ナットを締め詰めるだけ。

170314-05

Amazonのレビューを読んでいたら、蝶ナットが付いていなかったという例があるようです。これは製品の不備なので交換して貰いましょう。

170314-06

リアホイールを外すときにリアディレーラーをトップ位置にしますが、そのままチェーンキーパーを装着するとチェーンラインが斜めになってしまいます。

最初に使ったときにこの状態でセットしてしまい、クランクを回してもチェーンが動かないので、「チェーンの掃除には使えないなぁ」と思いましたが、自分の使い方が間違っていました。

170314-07

リアディレーラーの段数によって異なりますが、9速なら3〜4段移動させ、チェーンラインがまっすぐになるようにすればスルスル動きます。

クランクは正転も逆転もスムーズに回転しますし、リアホイールを外した状態でチェーン洗浄機も使うこともできます。

ちなみにプラスチックボディは回転しません。チェーンがスライドしてしていくだけなので、使っているとだんだん摩耗していくと思います。

170314-08

あと、チェーンがプーリーから外れていないこともチェックすべし。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー