モバイルバッテリー cheero Power Plus 3 10050mAh

サイクリングでiPhoneを道案内に使っていた頃はモバイルバッテリーを必ず携帯していました。
iPhoneで地図を表示しっぱなしだと、途中でバッテリー残量がなくなり困ることになるからです。

道案内にPolar V650を使うようになって、バッテリーの消耗が少ないので、途中でバッテリー切れも起きない。iPhoneも通常の使い方になってモバイルバッテリーの呪縛から解放されました。

しかし、近頃サイクリングでムービーを常時撮影するようになって、カメラを外部給電するために再びモバイルバッテリーを携帯するようになりました。
しかもライトも外部バッテリー式のものにしたので2つも載せることになったのです。

さらに後方撮影カメラも外部給電を考えています。都合3つもバッテリーを載せることになり、自転車の重量が増すばかりです。

171002-01

そこで、増え続けるバッテリー問題を解決するために、「cheero Power Plus 3 10050mAh」をゲットしました。

「cheero Power Plus 3」はシリーズ名称で、10050mAhの他に、20100mAh、13400mAh、6700mAh、5200mAh、3350mAhの6種類がラインナップされています。

171002-04

何故「cheero Power Plus 3」の10050mAhのものにしたかというと、前方カメラとライトを兼用させるのに充分な容量と出力ポートが2つあるからです。

171002-11

モバイルバッテリー RAVPOWER RP-PB17」と「Te-Rich 1200ルーメン自転車ライト」用バッテリーの重量合計は257g。
「cheero Power Plus 3 10050mAh」は189g。差し引き68g減量できました。

171002-10

最近は10000mAhオーバーのモバイルバッテリーも安価になり、出力ポートが2つある製品も選択肢がいろいろあります。

あえて「cheero Power Plus 3 10050mAh」にしたのは、サイズが92mm×62mm×23mmで、とくに長さが短いことが重要。
USBプラグを出力ポートに差し込んだままで「TOPEAK トライバッグ」にちょうど納まるのサイズなのです。

他社品では薄型だけど、長さがiPhone SEと同程度くらい。それだとトライバッグの内寸と同じくらいでプラグを差す余裕がありません。

「TOPEAK トライバッグ」のポケットが2つのバッテリーに占有されていたので、省スペースにも貢献してくれます。

171002-06

左はTe-Rich用バッテリーで、右がRAVPOWER RP-PB17。

Te-Rich用バッテリーは4400mAhで、RAVPOWER RP-PB17は5200mAh。2つ分以上の容量があるためサイズがちょっと大きい。

171002-07

厚みは3機種とも同程度。

実はTe-Rich用バッテリーを後方カメラ用のバッテリーにするつもりだったのだがダメでした。これは出力が3.7Vで、一瞬電源が入るがすぐに電源が切れてしまいました。
カメラの内蔵バッテリーが3.7Vだったので使えると思ったのですが、うまくいかないものです。

171002-02

パッケージの中身は、日英対応の取扱説明書、本体、USBケーブルの3点。

本体カラーは、ホワイトの他にブラック、ローズゴールドがあります。

171002-05

バッテリーのスペックは、容量3.6V 10050mAh 36.18Wh、Input DC5V 2A、Output DC5V 2.4A(2ポート合計)。

171002-08

前面の電源ボタンを押すと、インジケーターの点灯状態で残容量を確認できます。初期状態はインジケーターが2つ点灯しました。

インジケーター4個点灯で76〜100%、3個で51〜75%、2個で26〜50%、1個で6〜25%の残量。
1〜5%になるとインジケーター1個が点滅。一つも点灯しなければ0%です。

171002-09

入力は2A充電器に対応しています。充電を開始するとインジケーターが順に点滅します。初期状態はインジケーターが1個点灯、1つ点滅でした。

充電が進むにつれ、点灯するインジケーターが増え、4つ全部点灯したら充電完了。
2A充電器使用で、満充電に約6時間30分かかるようです。

機器に充電したり電源を供給するには、ケーブル接続後電源ボタンを押します。
ケーブルをカメラなどに繋いだだけでは給電されないので、毎回外部給電されているか確認していないと痛い目に合う。
RAVPOWER RP-PB17は自動認識してくれるので、その方が手間がなかったりします。

残量確認など電源ボタンを押すと1分間は電源ON状態になるため、ボタン押下直後に接続すると、いきなり充電などが始まる場合もあります。

実際に2つの出力ポートにアクションカメラHDR-AS100VとTe-Richライトを接続し、Te-Rich点灯状態で動画を撮影してみました。
とりあえず5分ちょっと撮影したところ、どちらも問題なく動作しました。

撮影した動画画面を確認していたら途中からバタバタ揺れるような状態になり、ライトが電源干渉しているのかと一瞬思い焦りました。
Te-Richはハイモードだと問題ないけど、ミドルだと照らされた光がバタバタ揺れて見えます。ライトが当たっていない場所は正常に撮影されていたので、ライトの光を異常動作と見間違えたのでした。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー