壁掛け扇風機・山善YWX-BGD301

書斎兼仕事場兼作業部屋兼自転車置き場の自分の部屋が物で溢れかえり手狭になってきました。
部屋のサイズは変えられないので、リビング扇風機を壁掛け扇風機に換えて空間を活かし、床スペースを節約することにしました。

180719-01

我が家の壁掛け扇風機はこれで4台目。今度のものは山善の「DCモーター30cm壁掛け扇風機 YWX-BGD301」。DCモーター型のものは、音が静か、消費電力が少ないというメリットがあります。DC型は我が家初投入です。

DCモーター壁掛け扇風機は各社いろいろ発売されていますが、これにした理由は値段と天地方向の寸法が小さかったこと。あまり気にしないかも知れませんが、周りを家具やいろいろなもので埋め尽くされていると天地方向も重要な要素です。

それともう一つは、他機種に比べ下へ向く角度が大きそうだったこと。部屋のスペースの関係で、下を向いてくれないと風が頭の上を通り抜けそうだったので。

180719-02

パッケージの中身は、写真左上からリモコン収納ホルダーと取り付けネジ、その下がリモコン用CR2025リチウム電池、壁掛け金具と取り付けネジ本、ガード止めナット、スピンナー、モーター、前ガード。下右から後ろガード、羽根、取扱説明書。取り付けネジは5本共通です。

組み立て方は一般的な扇風機と同様で、一度でも扇風機を組み立てた経験があれば簡単です。モーター軸に保護用チューブが被せてあるので、それだけは外してから羽根を嵌めます。

以前取り付けた「YUASA YTW-383SR」の壁掛け金具はオス型でしたが、「YWX-BGD301」はメス型です。

180719-03

下方向いっぱいに首を向けた状態。

180719-04

自動首振りで左いっぱいに向いた状態。

180719-05

同様に右いっぱいに向いた状態。

180719-06

本体表示部とボタン。

「YWX-BGD301」は、本体でもリモコンでも同じように操作できます。ワイヤレスリモコンタイプのものは電源のオンオフと首振りが連動しているので、機械式荷のように羽根は止まっているけど首振りだけ動いている、ということがないので便利です。

風量は5段階。ボタンを押す度に風量が増し、順にループします。電源をオフしても直前に設定した風量はメモリされています。
静音時は本当に無音です。風切り音など聞こえません。弱にすると静かですが音は聞こえます。

タイマーは1、2、4、6時間に設定でき、タイマーボタンを運転中に押すと切タイマーが設定でき、運転停止中に押すと入タイマーが設定できます。また、切タイマーと入タイマーを同時に設定することはできません。

180719-07

本体と同じボタン構成のリモコン。本体と同じ操作ができます。

電源ケーブルは1.6mで、この長さが一般的みたいです。我が家では全然長さが足らなかったので延長ケーブルを追加しました。

Amazonでは高周波振動のノイズが聞こえるというユーザーレビューがあり、本体と壁の間に防振ゴムなどを挟んで対策したとありました。
我が家の個体では確認できませんでしたが、若年の耳の良い方ならモスキートノイズが聞こえるかも知れません。

2件コメントがあります

コメント

  • またまたタイムリーな話でした。
    先日、近所の電気店に扇風機を検討するために見に行ってました。
    換気のために窓際に置くようにしようかな?と考えています。
    壁掛け式は、なかなか良いですよね。

    2018/07/20 07:47 AM:ブラザー弟

  • > ブラザー弟さん

    今までの経験だと壁掛け扇風機は本当に短期商品です。
    良いものが見つかったら早めに購入をおすすめします。値段が安くなったらなんて考えていたらモノがなくなってしまいますよ。

    2018/07/20 09:31 AM:なで王

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー