シフト/ブレーキレバー ST-M310

息子が通勤に使用しているライトウェイ・シェファード2011のパーツ交換をしました。

180918-01

駐輪中に悪戯されちゃったのか、よくわからないけど右手側のシフト/ブレーキレバーのカバーがなくなってしまいました。

180918-02

カバーだけ取り寄せできたかも知れませんが、まるっと全取っ替え。今度のシフト/ブレーキレバーはシマノのST-M310。レバーは今までと同様使い慣れた2フィンガーです。

さて、写真には1カ所誤りがあります。どこでしょう?

180918-03

正解は左のブレーキレバーのアウターケーブルがアウターキャップから外れてしまっています。

この状態でアウターケーブルをキャップにキチンと嵌めると、ブレーキレバーを握ってもブレーキが利きません。写真を撮った後から気がついて、ちゃんと直しておきました。

ブレーキワイヤーのアウターキャップはキッチリ嵌まらなくてスカスカなので、こんなことがありがちです。試乗しても気がつかないので、作業後の目視確認は必須です。

180918-04

フロント3速×リア8速のシフト/ブレーキレバーは、いろいろ選べるほど種類がなくなってしまいましたね。
ST-M310は、以前Koga-Miyata Lakesideに取り付けたST-EF51-8よりは格好いいです。

180918-05

昔のシフターはスピードインジケーターがハンドルの向こう側に付いていたのが多かったと思うのですが、最近のモノはハンドルの手前側に付くのが主流なんですか?

180918-06

見やすさにはあまり違いが無さそうなので、どちら側でも良いのですが。

180918-07

ついでにリアディレラーもRD-M360-SGSに交換しました。6月に曲がっていたリアディレーラーハンガーを交換したときに、最初はリアディレラーの故障かと思って買って置いたモノです。

以前のリアディレーラーはケーブルの固定ネジがナットだったので、アーレンキーで取り付けできるようになって余分な工具が不要になりました。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー