ギザ・スリムスポーツベル

ベルとリアリフレクターまたはテールライトと夜間のフロントライトは、自転車が公道を走るために必要な重要保安部品です。

取り付けられていないとお巡りさんに怒られます。吊るしの自転車を買うとフロントライト以外は必ず付属してきます。

180209-16

BESV JR1にもちょっと大きめのベルが取り付けられていました。

ただ、ハンドル上といういろんなアクセサリーが場所を取り合う一等地には、ちょっとデカ過ぎてかっこ悪い。

190219-01

そこで、少しでもコンパクトに済ませるために「ギザ・スリムスポーツベル」に換装しました。

「ギザ・スリムスポーツベル」は、ブルーの他、ブラック・ゴールド・シルバー・レッドの全5色がライナップされています。
僕はBESV JR1の差し色のブルーにしました。フレームプロテクターを赤にしたのでレッドでも良かったのですが。

190219-02

製品にはシムが付属し、直径22.2mm〜31.8mmのハンドルバーなどに対応しています。

190219-03

左右非対称形状で、ステムの左側に取り付けるとステムに密接し、ハンドルバーのスペースをコンパクトにできます。

190219-04

取り付けには2.5mmアーレンキーが必要です。ただネジ穴がちょっと弱くて、何度も付け外しをしていたらネジ穴をつぶしてしまい、ボールポイントでは空転するようになってしまいました。
取り付けを一発で決めれば良かったのですが、当初REC-MOUNTSが想定位置に取り付けできなくて試行錯誤したせいです。

結局、REC-MOUNTSはある程度想定位置に収まり、フロントポーチをハンドルの右側に移設し、ステムの左側に付けることができました。

あと、製品レビューにも指摘が多いのですが、ベルの音が小さくあまり響かないです。
サイクリストは声かけメインで、ほとんどベルを鳴らさないので問題はあまりないと思います。実際僕もベルは付けいるだけで、使用頻度はないに等しいです。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー