NOGUCHI エルゴグリップ NGS-003 と バズーカ リトルバーエンド

カミさんが乗っているKoga-Miyata Lakesideのサドルとグリップもかなり傷んできました。

190731-11

鮮やかな赤だった「ベロ・レーサーサドル」も元の色がわからなくなるくらい色褪せ、しかもサイドが破れてしまいました。

雨に降られると水を染み込んでしまい、座ると服が濡れてしまうので苦情が出ていました。

190731-12

グリップも表面が剥げてきてみすぼらしい姿になってきました。

Lakesideには以前エルゴンのバーエンドバー付きのグリップを装着していて、荷物を引っ掛けるのに便利だからとバーエンドバー付きが希望仕様です。

190731-13

サドルの方は、BESV JR1から取り外した「SELLE ITALIA X3」の新品があったので、とりあえずこれに換装。

ちょっと堅めですが、「ロングライドでなければ良いかな」とのことでした。

190731-14

エルゴンのグリップは消耗品としては高価だし、バーエンドバー一体型のグリップは選択肢があまり多くありません。
そこで考え方を改め、バーエンドバーとグリップは別体とすることにしました。

グリップは手の平が置けるコンフォートタイプが好みなので、「NOGUCHI エルゴグリップ NGS-003」にしました。

190731-15

バーエンドバーを付けるので、グリップはオープンエンドで、取り付けがネジを締めるだけの簡単なロックリングタイプです。

190731-16

NOGUCHIのグリップには、ロング×ショート、ショート×ショート、ロング×ロングのバリエーションがあります。

うちのLakesideはグリップシフトではないので、ロング×ロングの組み合わせです。

190731-17

手の平部は肉厚で、しっかり体重を支えてくれそうです。

190731-18

エンドキャップが付属しています。

190731-19

バーエンドバーは「バズーカ リトルバーエンド」にしました。全長60mmの短く可愛いバーエンドバーです。

190731-20

牛の角のような長いタイプは存在感ありまくりで、主婦の買い物自転車になったLakesideには似合いません。

190731-21

ブラックとシルバーの2種類がラインナップされていましたが、購入したときにはシルバーしかありませんでした。

190731-22

特に難易度もなく、装着完了。

190731-23

バーエンドバーとグリップの取り付けスペースが長くなったのでシフターを内側に寄せました。

190731-24

精悍なお買い物自転車になりました。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー