天竜川歩行者・自転車道へ行ってきた

3月7日(土)に久し振りに天竜川歩行者・自転車道を走ってきた。
50kmオーバーの距離を走るのは1月19日に竜洋袖浦公園へ行って以来なのでとても疲れた。翌日の今も肩が凝って仕方がない。

逆川の土手には菜の花も咲き始めて、まだ寒い日もあるが、世の中はすっかり春の兆し。
この日は天気予報は曇りだったけれど、実際にはずっと良い天気。今日は雨降りで、こうして春が一歩ずつ近づいてくるのだろう。

磐田市に入ったところで、3月14日に開業する東海道本線の新駅「御厨駅」のことを思い出した。
通り道だったのでついでに寄り道していくことにした。

駅前はすっかりキレイに生まれ変わっていた。

駅前の広場はまだ赤土がむき出しで、整地されてはいたけど舗装前で、たぶんこれからきれいに整備されるのだろう。

道路は柵が設置されて通行止めになっていたけれど、奥の駅舎周辺には見に来ていた人たちがちらほら歩いていた。

駅舎の正面にはモニュメント。駅前の道路を北へ進むと、ヤマハ発動機本社前に行く交差点に出る。

駅舎の西側はタクシー乗り場。

こちらが御厨駅北口の玄関。

いつもは天竜川歩行者・自転車道の南の終点、掛塚橋へ向かうのだが、この日は趣向を変えて新幹線の側道に沿って天竜川に出ることにした。

しかし、その側道はあまり路面状態が良くない。しばらくはこの道を走ったが、乗り心地の悪さに閉口して途中で離脱。
新幹線とつかず離れずの距離を保って西へ進むことにした。

ほどなくして天竜川に到着。

天竜川の堤防道路から自転車道へ降りる接続道はどこも舗装されていない。ここも写真のようなダートコース。

天竜川歩行者・自転車道を北の終点まで行き、帰りは磐田市内に再び南下して戻ってきた。
愛野駅を過ぎて掛川に入った頃までは天気が良かったけれど、次第に雲行きが怪しくなってきた。

途中のコンビニでクラフトボスのホットを買ったのだが、このペットボトル500mlだけど、背の低い太っちょボトル。
通常のペットボトルだとボトルケージにはちょっと寸足らずで飛び出してしまうけど、クロフトボスはピッタリジャストフィット。新発見だった。

迷走距離:65.44km Av:18.44km/h

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー