ボッシュのマルチツール用ブレード

「ブレード」と聞くと、ハリソン・フォード主演、リドリー・スコット監督の映画「ブレードランナー」が頭に浮かぶ。
何故「ブレードランナー」という題名になったかというこちらの記事が面白い。

昨日エントリーしたマルチツールと一緒に木材専用のブレードを2種類購入した。

ボッシュの「AIZ 32 BSPC」と「AII 65 BSPC」だ。

Amazonで見ていると2,500円くらいで20点セットみたいな激安商品が売られている。しかし、ブレードの品質でかなり作業性が変わるようだ。
なので、今回は腕が確かでないので、とりあえずちゃんとしたものを揃えることにした。

マキタのブレードよりボッシュの方が値段が安いそうなので、同じようなラインナップの中から2点を選んだ。

どちらのブレードも「STARLOCK」対応で、「プラス」や「マックス」、「OIS」のマルチツールにも使える。
先端形状が直線ではなく、「C-Tec」と名付けられたアール形状が特徴のようだ。

ブレードの材質はバイメタルと炭素工具鋼のものが多い。炭素工具鋼は硬く、バイメタルよりも効率よく木材の切断ができるそうだ。
バイメタルは炭素工具鋼のような硬い材質を柔らかい金属でサンドイッチしたような構造で、木材や金属の切断ができる。

「AIZ 32 BSPC」の材質は炭素工具鋼。2×4材などの木材に適していることでチョイス。

先端幅は32mmで、ブレードの長さは50mm。

「AII 65 BSPC」の材質も同様に炭素工具鋼。合板などに適しているということで選んだ。

先端幅は65mmで、ブレードの長さは40mm。

ボッシュはドイツの会社だが、ブレードはスイスで作られているようだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー