龍潭寺(りょうたんじ)

先日の遠征サイクリングで浜松市北区引佐町井伊谷にある龍潭寺に行ってきた。

龍潭寺は2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で頻繁に登場する寺で、僕も初めて知ったお寺だ。

天浜線の「気賀」駅方面から向かうと、道沿いに「龍潭寺庭園」と書かれた緑の看板がある広い駐車場に遭遇する。

「直虎」放送当時は訪れる観光客も多かっただろうが、ブームが去ったせいか、コロナの影響か、駐車しているクルマもそれほど多くはなかった。

その駐車場の一画に売店があり、その左手が入口となる。

石畳を進むと山門がある。

石段を登った途中にトイレがあり、その先に「庫裡」と呼ばれる建物がある。

庫裡は拝観受付所となっていて、拝観料は大人500円。JAFの会員証を提示すると450円に割り引いてくれる。
拝観時間は9時から16時半までで、17時には閉門となる。

釈迦如来坐像。

案内で写真撮影の可否を伺ったところ、「禁止」表示のある展示以外はOKだそうだ。

本堂正面の補陀落の庭。正面向こうの建物は仁王門。

本堂内部。

直虎と虎松。

十一面観音菩薩。

庭園。池は「心」の文字形をなぞらえている。

中央の小山の前に守護石、左右に仁王石、池の手前に礼拝石が配されている。

庭を眺めていたら大きな蛇が植え込みに入っていった。
植え込みを手入れするおばさんとお話ししたら、以前はもっと頻繁に見かけたそうだ。

庫裡の方には「井伊家赤備(あかぞな)え具足」などが展示されており、庫裡内に撮影禁止の展示が多くあった。

屋外に出て境内も歩いてみた。

井伊家墓所。墓所の内側は立ち入り禁止だ。

墓所の横に配置図が示されていた。

奥から二つ目が直虎のお墓。

順路に従って出口に向かうと本堂正面に出る。

仁王門が出口になっている。

阿形像。

吽形像。

自転車で来ると帰りの時間の兼ね合いで駆け足になってしまうが、今は観覧者も多くなく、ブームの去ったいまの方が落ち着いて拝観できる。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー