100円ショップのクランプ

前のエントリーでクランプのネタを書いたので、ついでに100円ショップのクランプについても書いてみる。

下手くそながらも日曜大工を始めて、手持ちのクランプが増えてきた。1個だけでは用を足さないことも多いため、最低でも2個ずつ買うので増え方も倍々だ。
100円ショップに行くと新しいものが出ているとつい買ってしまうのだ。

まず、ダイソーのベーシックな「家庭用スチールクランプ」。使い勝手は良いが、スチール製のため先端が先鋭で、使っているうちに保護膜に亀裂が入って材を傷つけやすい。

「6インチ」と書いてあるのはクランプの全体の長さで、挟める最大サイズは約35mm。

これはセリアの「スプリングクランプ 2P」。プラスチック製で、2個セットはお買い得。サイズは小振りだけど挟める最大サイズは約32mm。

次はダイソーの「プラスチック製バネクランプ」。挟める最大サイズは約40mmと大きい約70mmの2種類あり、70mmのものは価格が200円。

大きい方は「握力トレーニングのハンドグリップか!」と言うほどバネ圧が強く、僕の握力ではとても70mmまで開けることができない。だからあまり使っていない。

こちらはダイソーのオーソドックスな「C型クランプ」。挟める最大サイズは約50mm。

何かの役に立つかなと思って購入したが、あまり活躍する場がない。

この中では一番使う機会の多いダイソーの「クイックバークランプ ホビー用」。最大使用サイズは約100mm。店頭に並んだときは100均にもクイックバークランプがラインナップされたと感激した。

だいぶ前にこれよりも開口部の大きなものを一度だけ見かけたが、その後目撃しない。100円ではなかったけど夢か幻だったのだろうか?

ネジネジするF型クランプだと回しているときに回転して貼り合わせた材がズレることがあるけど、クイックバークランプだとそういうことがないので良いよね。

ちょっとした物を挟むには良いけど、挟むところのオレンジの部品が外れやすいのが玉に瑕。F型クランプでも先端パーツが外れやすくて接着したことがあるので、もうくっつけてやろう。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー