Perfume English Official Site

Perfumeの英語版オフィシャルサイトが6月25日にオープンした。

PIXARのアニメ映画「Cars2」の公開に合わせてオープンされたのは間違いなく、世界中で発売されるサントラCDにもPerfumeの「ポリリズム」が収録されているので、当然と言っちゃあ当然のことだ。いま世界中に向けて発信しなくて、いつするということだ。

で、このサイトのことをニューヨーク在住の日本の方が、ご自分のブログ「ニューヨークの遊び方」で紹介されていた。

その中に
「プロフィール紹介ページには、「あ~ちゃん」を「A-CHAN」と表記してたり(たぶん100%、エーチャンと呼ばれるでしょう。あと、ヤンキースのA-ROD選手の印象が強いのでアレックス・チャンさんかと思われたりしそうです )」
と書かれていた。

このブログを読んだときは、なるほどと思ったのだった。
その後、こんどはアメリカ人のPerfumeファンの方のニュースを読んだ。

その記事からYouTubeのムービーがリンクされており、コメントに書かれたことを読むと、離婚してうつ病になり、自殺を考えていた2006年頃にYouTubeでPerfumeに出会い、それからPerfumeを応援しているということだ。
その彼はムービーの中で「あ〜ちゃん」と発音し、テロップで「A-CHAN」と表記しているのだった。

僕の調べられる範囲では、インディーズ時代の「モノクロームエフェクト」のCDジャケットに「A-CHAN」と表記されている。
Perfumeは上記のアメリカ人のように、YouTubeを通じ、海外の方にかなり知られた存在でもあるのだ。

それで、もう彼らの間では「A-CHAN」=「あ〜ちゃん」なのではないかと思うわけだ。アミューズも分かっていてそのまま踏襲したのではないかと思うのだ。

しかし、「Perfume444」うらやましすぎ。

<2012年11月15日追記>
Perfumeの英語版サイトは現在では多言語向けに展開しており、多分アクセスする地域により動的に画面を変えているようだ。
また、YouTubeのムービーはユーザーが削除してしまったようだ。

コメントをどうぞ

コメントをどうぞ (Japanese text only)

すべての欄が入力必須です。メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー