軽量三脚 King Fotopro DIGI-204 BK

先日、磐田にある「文具スーパー・事務キチ」というお店の折り込みチラシが入っていました。掛川ではこのお店のチラシはあまり見かけないと思います。
チラシには土・日の日替わり奉仕品に、500GB・2チューナーのブルーレイディスクレコーダーが激安で出てたりしてました。

ブルーレイディスクレコーダーは台数限定で、多分当日開店前から並ばないと買えそうにないのでどちらでも良いのですが、他にカミさんお目当ての商品があったので行ってきました。
で、お目当てのもの以外に、カメラ用三脚が激安だったので、つい買ってきちゃいました。

171225-01

その三脚は「King Fotopro DIGI-204 BK」。カラーはブラックです。

オープン価格商品ですが、Amazonでは1,910円で販売されています。また、Amazon限定でガンメタリックカラーのものが1,602円、他にホワイトのものもあります。
この三脚が「事務キチ」では、半額近くの税込み980円になっていたのです。

171225-03

パッケージを開けると、三脚本体はビニール製のキャリングケースに入れられていました。

171225-04

キャリングケースの中は三脚本体だけ。取扱説明書はないのかと思ったら、パッケージの側面に書かれていました。

171225-02

スペックは、脚段数:4段、最大積載重量:1.5kg、最低高:390mm、伸長:1200mm、縮長:380mm。

171225-15

カタログ重量は570gですが、実測は582gありました。主要パーツがほぼ100%プラスチックだと思われ、持ち上げてみてもとても軽いです。
軽いゆえに自転車で持ち運ぶのに負担が少ないですが、風の強いシーンでは転倒の心配があります。

171225-07

雲台はエレベーター直付けで外せません。しかし安いくせにクイックシュー付きです。

171225-05

シューの付け外しは一般的なものと同じです。しかし、リリースレバーは開けたときにロックしないので、付け外しの間ずっとレバーを引いていなければなりません。

171225-06

うれしいことに、ネジの締め付けにコインは不要です。別売でスペアシューも用意されています。

171225-08

雲台は3ウェイ。

171225-09

水準器まで付いてます。

171225-10

脚の伸縮はロックレバー式。ワンタッチで便利です。

171225-11

脚を全部伸ばした状態。これで雲台まで高さ約1,010mm。

171225-12

脚にはステーが付いており、これ以上開きません。

171225-13

エレベーターの上下動は、ハンドルがないので手で上げ下げします。
エレベーターをいっぱい上げた状態で、雲台まで高さ1,208mmありました。

171225-14

エレベーターは側面のエレベーターストッパーのダイヤルで下がらないようにロックします。

ストッパーダイヤルの下に「ゆるむ・しまる」と表示されていますが、これはガイドパイプを回してエレベーターの昇降時の抵抗を調整します。いっぱい締めるとエレベーターがロックします。

171225-16

先日のサイクリングの時は、不要になったチューブをベルト代わりにして、サドルバッグにくくりつけて行きました。
重量的には何も問題はありませんが、唯一の欠点は三脚に脚がつかえるため、脚を後ろへ回して自転車の乗り降りができなくなったこと。

脚や脚のロックレバーなど見るからに華奢な造りなので無理するとすぐに壊れそう。ですが、値段的にも気軽にサイクリングのお供にできる相棒ができました。

コメントをどうぞ

潮騒橋工事中

12月23日(土)はまったりしたい気分だったので、潮騒橋までサイクリングに行ってきました。

171223-11

日当たりが良ければ潮騒橋でしばらく滞在するつもりだったので、その時間にタイムラプス撮影をする準備をしていきました。

171223-12

出発時はそれほどでもなかった風が途中から強くなり、菊川堤防上ではハンドルを取られるほど。
持参した三脚はプラスチック製の軽いものだったので、自転車で風で倒れないようにしました。

171223-10

タイムラプス撮影は時間が掛かる上に、撮影中は何もすることがありません。
時間潰しのために、来る途中に「ザ・ビッグ」に寄って、昼飯用のお好み焼きと大判焼きも調達してきました。

さらに寒さ対策も兼ねて、家を出るときにインスタントのホットコーヒーをサーモスのケータイマグに入れてきました。

他にも吹きさらしの屋外で待機するのでニットの帽子やら、結局使わなかったのですが、ダウンベストも用意していました。

撮ってきたムービーは小一時間ほどの撮影だったので極めて短いです。

ユニックが付いたトラックがバックで橋の上を端から端まで行って、資材を降ろしながら戻ってくる様子が映っています。

171223-01

潮騒橋はまだ欄干の付け替え工事は終わっていませんでした。
以前来た時は工期が11月30日と表示されていました。見た感じ、年内で終わるような気がしません。

橋の向こうに見える海は、風が強いので波も荒いです。

171223-02

車の通らない人道橋なので、橋の上はそんなに幅があるわけではありません。自分が運転しろと言われたら絶対に躊躇します。

171223-03

風車もグルグル勢いよく回っていました。

171223-04

菊川の上流方向です。

171223-05

遙か向こうにうっすらと、透かしのような富士山も見えました。

171223-06

スロープ下の三角屋根の施設は猫の餌場になっています。

171223-07

その横にあるトイレに帰りしなに寄ったら猫が2匹ひなたぼっこをしていました。
遊びに来ていた親子連れが、「猫だぁ」と餌をやるように構いだしたら、どこにいたのか、他の猫たちもゾロゾロ出てきました。

171223-08

こちらは帰り道に牛舎の横を通ったとき、信号交差点の角で放し飼いの鶏たちが遊んでいました。
交差点ではすごい勢いのクルマが通過していましたが、鶏たちは敷地の外には出ないようです。お利口さんですね。

171223-09

これは帰り道に通った七曲池。
この時点で3時20分頃ですが、影が長い。冬は瞬く間に夕暮れが訪れます。「早く帰ろ」という気分になります。

迷走距離:46.47km Av:16.69km/h

2件コメントがあります

ダイソー・ツイストタイ(小)

GPSサイコンやライト、モバイルバッテリー、デジカメなどなど・・・。充電式の機器が増えるにつれ、USBケーブルなどが機器の数だけ増えてきました。
すべての機器が共通の端子なら、ケーブルも1本だけ用意しておけば良いのですが、結構バラバラだったりします。

充電やデータの取り込みなどでケーブルを使う機会も多く、そのたびにケーブルに付いてきたビニールタイをほどいたり、再び巻き付けたり。
ビニールタイも何度も巻いたりほどいたりを繰り返していると、中の金属線が折れて使い物にならなくなるし、そもそも巻いたりほどいたりの手間が若干面倒くさい。

171222-06

そこで、ダイソーの「ツイストタイ(小)」というのを買ってきました。売り場にはワンサイズ大きいものもありました。

171222-07

この「ツイストタイ(小)」は素材がナイロンで、直径9mmのものまで結束できます。

171222-08

こんな感じに巻き付けて先端をひねるだけで簡単に結束できます。何というか、がま口の口を開けるような要領です。

こんなんでも簡単に外れてバラけるような心配はなさそうです。

171222-09

引き出しに入っていた主立ったものをビニールタイから替えてみました。

171222-10

中にはちょっと開いただけで簡単に折れてしまうような粗悪品も紛れていました。

何度も開けたり閉じたりしていたら折れるものも出てくるかも。30個入りなので当分代わりには困らないと思いますが、どんどん折れたらいやだな。

コメントをどうぞ

100均スポンジでニットの毛玉取り

ニット製品の困りごとと言えば「毛玉」ができてしまうこと。

171222-01

これはアクリル100%のニット帽子です。1シーズン使ったくらいでこの有様です。

番組名は覚えていないのですが、先日テレビで簡単に毛玉を取る方法を紹介していたので、やってみることにしました。

171222-02

用意したのはダイソーの「速乾スポンジ」。清掃道具などの売り場にありました。

171222-03

素材がポリウレタンフォームの目の粗いスポンジです。毛玉取りには、こういう目が粗いスポンジが良いようです。

171222-04

2〜3分やってみたら、ほらご覧の通り。キレイに毛玉がなくなりました。
全体がキレイになるまでやったら5〜6分掛かりましたが、まるで新品の頃に戻ったよう。

糸の上を擦ることになるため、糸的には負担になるかも知れません。とりあえず目に沿って優しく何度も擦ってみました。

171222-05

撮れた毛玉は下に落ちるので、下に何か受けるものを置いておいた方が良いかも。

コメントをどうぞ

天国の名前/ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡

ももいろクローバーZのライブ「ももいろクリスマス 2017 〜完全無欠のElectric Wonderland〜」の開催記念シングルCD「天国の名前/ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡」がキングレコードe-SHOPから早速届けられました。

13日のライブ会場で販売され、e-SHOPでも13日の午後9時から受注が開始され、その日中に注文したらもう届けられてビックリ。

ももクリ記念CDはももクリライブ会場か、KING e-SHOPでしか購入できません。
KING e-SHOPでの受注は、第1弾が12月13日(水)21:00~12月21日(木)12:00正午まで、第2弾が12月22日(金)12:00正午~1月22日(月)12:00正午まで。
第1弾受付分は12月29日(金)まで、第2弾受付分は来年1月上旬の発送を予定しているそうです。

171215-01

「天国の名前」は作詞家・阿久悠さんの未発表歌詞を楽曲化するプロジェクトで作られた曲。作曲・編曲はNARASAKIさん。

最初に詞だけ読む機会があったのですが、内容がシリアスだったので最初にイメージしたものと実際に聴いた曲とではだいぶギャップがありました。

171215-02

2曲目の「ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡」は、清竜人さんの作詞・作曲・編曲。この曲のみ「佐々木彩夏 with ももメイツ」名義になっています。

アルバム「AMARANTHUS」収録の「デモンストレーション」、アルバム「白金の夜明け」収録の「イマジネーション」同様の清竜人さん節。

171215-03

3曲目は「ハロウィンジャンボ宝くじ」のCMソング「トリック・オア・ドリーム」。作詞・作曲・編曲は月蝕会議さん。

自分的には「ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡」が一番ももクロちゃんらしくて好きだな。リピート再生してクセになりそうです。

コメントをどうぞ

カテゴリー