モノタロウ・LEDワークライト M701B-CO

年を取るとこんなに眼が衰えるとは思わなかった。老眼にはなって焦点が合いにくくなると思っていたが、暗いところも見にくくなるとは思わなかった。

ちょっと光の届かない場所での作業ではとても見にくい。それで懐中電灯とか使っているが、作業性の良いライトが欲しいと前から思っていた。

先日「モノタロウ」から1,000円の割引クーポンをもらったので、日頃欲しいと思っていたものをいろいろまとめて手に入れた。
そのひとつが「モノタロウ・LEDワークライト M701B-CO」。

シンプルな紙パッケージの中にはライト本体と電池の入れ方だけが書かれた簡単な取扱説明書。

普段は税別799円の販売価格だけど、注文した日がPB商品10%OFFキャンペーンの日で、719円で購入することができた。

本体サイズは全長215mm×幅56mm×奥行き47mm。重量は電池別で210g。保護等級はIP20なので、防塵もたいしたことないし、防水性能はなし。

正面のライトは300ルーメン。本体中央の赤い六角形が電源スイッチで、1回押すとメインライト、もう1回押すと天面のサブライト、さらに押すと電源オフ。

本体カラーはブラックとブルーがあり、写真はブラックのもの。ボディはABS樹脂製だが、肌触りの良いラバーのような質感で滑りにくくて良い。
しかし、長いこと使うと、そのうち加水分解でベタベタしそうな予感がある。

天面のサブライトはLED1個あたり5ルーメンとスペック表にある。LEDが5個付いているので、単純に25ルーメンということだろうか?
こちらは懐中電灯代わりにちょっと使えるというオマケ程度の明るさ。

背面には天面側に折りたたみ式のフックが収納され、中央にはマグネットが埋め込まれている。

フックは起こすと360度回転できる。収納した場合はロックされて傾けても垂れて飛び出してこない。

本体下部サイドは可動式の脚になっていて、90度まで3段階で傾けることができる。

脚部の底にもまぐマグネットが埋め込まれ、作業場所周囲の金属部分にくっつけることができる。

電池は背面下部の電池ケースに入れる。

単3乾電池3本が必要で、連続点灯時間はメイン3〜4時間、サブ20〜25時間がカタログスペックだ。

メインライトを点灯。結構明るい。

金属製のキャビネットにくっつけて点灯してみた。

天面のライトを点灯してみた。

明かりが必要だと思ったらヒョイと持ってきて手間がない。自立するし、作業する周囲にぶら下げたり、金属の平面があればくっつけておけるので懐中電灯よりも作業性が良い。

使わないときも金属キャビネットなどに貼り付けておけば良いので収納場所をあまり考えなくても良いので便利だ。

コメントをどうぞ

サンワサプライ USBコネクタキャップ TK-UCAP

ポートが上向きに並ぶUSBハブはゴミや埃が入ってしまい、接触不良が起きやすいんじゃないかと気になっていた。

今度買った「ORICO 7ポート USBハブ F7U-U3」も設置したときにポートが上を向く。
そんなとき用のキャップはないかなと検索したら、やっぱりありました。

これはサンワサプライの「USBコネクタキャップ TK-UCAP」。

6個入りで200円でした。キャップ自体はABS樹脂製で堅めです。

同じような製品がAmazonでは複数ヒットします。入り数がもっと多いものもありましたが、発送が中国からだったりしたので、あえてサンワサプライの製品をチョイス。

他にシリコンラバー製のものもあったりしましたが、ユーザーレビューに外れやすいという書き込みがあったので選外。

USBハブに挿すとこんな感じ。ツマミが飛び出しているので邪魔かなと思ったのですが、やっぱり抜き差しはラクです。人目に付きにくい場所での設置なら問題ないかも。

調べてわかったのですが、世の中には色んなポートを塞ぐキャップが存在するのですね。

コメントをどうぞ

ORICO 7ポート USBハブ F7U-U3

iMacの起動ディスクを外部SSDに換えたので、USBポート数が足りなくなった。

いろいろ物色した結果、「ORICO 7ポート USBハブ F7U-U3」を購入した。

最近はポートごとにON/OFFスイッチがあるタイプが増えているが、そのようなギミックはいらないので、シンプルなこの製品に落ち着いた。

USB3.0のポートが7つもあるので当分ポート数には困らなさそうである。

本体のサイズは長さ135mm×幅35mm×高さ19mm。実物を見たら意外とコンパクトで、置き場所の節約になって良い。

パッケージの中身はUSBハブ本体とUSB3.0ケーブル、そして取扱説明書。

取扱説明書は中国語と英語だけで記述されているが、読まなければわからないような製品でもないので特に問題はない。

本体は透明のスケルトン。この前購入したSSDのケースもORICO製で、同じようにスケルトン。
昔、初代iMacが登場したときスケルトンが流行ったのを思い出す。

この製品はバスパワーとセルフパワーに対応する。セルフパワー対応のものには通常ACアダプターが付属するが、この製品には付属しない。その分価格が安くなっている。

USB3.0ポートの隣にmicroUSBポートが並んでいる。このmicroUSBポートがDC5Vの電源ポート。
手持ちのmicroUSBケーブルとiPhoneなどに付属する充電器が流用でき、出費を節約できる。

電源に接続すると基板裏面にあるLEDが点灯し、スケールトンのボディを通して怪しく青に光る。

早速繋ぎ替えて、今までのハブと速さ比べをしてみたがファイルのコピーに掛かる時間は同程度で問題なさそうだ。

珍しいと思ったのは製品のパッケージ。外側は紙製のスリーブなのだが、内側はプラスチックケースになっていた。貧乏性なので、何かの物入れに流用できそうだ。

<2020年3月29日追記>
セルフパワーでも相手を選びそうだ。ポータブルBlu-rayドライブはトレイの開閉はできたが、メディアの読み込みはできなかった。
一生懸命メディアを回転させようとするのだけど途中で力尽きるような感じ。

コメントをどうぞ

ミノウラ・チェーンローラー CR-100

自転車をクリーニングするときリアホイールを外すとチェーンが垂れ下がってしまう。そうならないように、今までは「モーガンブルー・チェーンキーパー」を使っていた。

しかし、「モーガンブルー・チェーンキーパー」はクイックリリースのフレーム用で、スルーアクスルのBESV JR1には使えない。

スルーアクスル用をいろいろ物色した結果、価格的にも汎用的にも最適と、「ミノウラ・チェーンローラー CR-100」を手に入れた。

パッケージの中は・チェーンローラー本体と取扱説明書だけ。

CR-100はエンド幅が130mmと135mmの9mmクイックリーリース式と12mmスルーアクスル式に対応する。

BESV JR1のエンド幅は多分142mmのはずで、7mmほど足りない。しかもJR1は後輪駆動で説明書にあるようなアクスルは存在しない。

とりあえずそのまま装着してみたら取り付けできてしまいました。

厳密には7mm無理矢理圧縮させているので、本当は足らない分のスペーサーをかませた方が良いかも知れない。

リアディレーラーはトップの位置だとチェーンラインが斜めになり、うまく回らない。3段ほど落とすとスムーズに回るようになる。

JR1は後輪駆動ゆえにモーターの電源コードが繋がっている。
その電源コードはフレームに結束バンドで固定されていて、リアホイールを外すたびに結束バンドを外さなければいけないのが面倒くさい。

JR1の納品直後に結束バンドをリピータブルのものに換えたけど、先日の1年点検で自転車屋さんに通常の結束バンドに替えられてしまった。

100均の細いリピータブルバンドは外すのが意外に難しい。簡単に着け外しできる、これに代わるものを何か見つけてきたい。

コメントをどうぞ

雨に降られた潮騒橋

今日3月28日(土)は、また潮騒橋までサイクリングしてきた。

いつも目的地は一緒なので、今日はエコパから横須賀を通る逆回りのルートで行くことにした。

明日は雨の天気予報。そして今日も雲が低く覆う空模様。

潮騒橋でのんびりしようと、途中でザ・ビッグに寄って大判焼きと缶コーヒーを調達。

太平洋もちょっと波高し。「風も少し強めだな」と自転車を駐めて大判焼きを食べようと思ったら雨がポツポツ降り出してきた。

本降りになる前に早々に退散。菊川堤防を遡上するとだんだん天気が回復してきた。自宅周りでは雨は一滴も降らなかったようだ。

今月は毎週末サイクリングができたので250km以上走ることができた。

迷走距離:50.14km Av:18.87km/h

コメントをどうぞ

カテゴリー