NOGUCHI エルゴグリップ NGS-003 と バズーカ リトルバーエンド

カミさんが乗っているKoga-Miyata Lakesideのサドルとグリップもかなり傷んできました。

190731-11

鮮やかな赤だった「ベロ・レーサーサドル」も元の色がわからなくなるくらい色褪せ、しかもサイドが破れてしまいました。

雨に降られると水を染み込んでしまい、座ると服が濡れてしまうので苦情が出ていました。

190731-12

グリップも表面が剥げてきてみすぼらしい姿になってきました。

Lakesideには以前エルゴンのバーエンドバー付きのグリップを装着していて、荷物を引っ掛けるのに便利だからとバーエンドバー付きが希望仕様です。

190731-13

サドルの方は、BESV JR1から取り外した「SELLE ITALIA X3」の新品があったので、とりあえずこれに換装。

ちょっと堅めですが、「ロングライドでなければ良いかな」とのことでした。

190731-14

エルゴンのグリップは消耗品としては高価だし、バーエンドバー一体型のグリップは選択肢があまり多くありません。
そこで考え方を改め、バーエンドバーとグリップは別体とすることにしました。

グリップは手の平が置けるコンフォートタイプが好みなので、「NOGUCHI エルゴグリップ NGS-003」にしました。

190731-15

バーエンドバーを付けるので、グリップはオープンエンドで、取り付けがネジを締めるだけの簡単なロックリングタイプです。

190731-16

NOGUCHIのグリップには、ロング×ショート、ショート×ショート、ロング×ロングのバリエーションがあります。

うちのLakesideはグリップシフトではないので、ロング×ロングの組み合わせです。

190731-17

手の平部は肉厚で、しっかり体重を支えてくれそうです。

190731-18

エンドキャップが付属しています。

190731-19

バーエンドバーは「バズーカ リトルバーエンド」にしました。全長60mmの短く可愛いバーエンドバーです。

190731-20

牛の角のような長いタイプは存在感ありまくりで、主婦の買い物自転車になったLakesideには似合いません。

190731-21

ブラックとシルバーの2種類がラインナップされていましたが、購入したときにはシルバーしかありませんでした。

190731-22

特に難易度もなく、装着完了。

190731-23

バーエンドバーとグリップの取り付けスペースが長くなったのでシフターを内側に寄せました。

190731-24

精悍なお買い物自転車になりました。

コメントをどうぞ

GIZA バーテープグリップ VLG-852

ルイガノLGS-5のグリップがかなり擦り切れてきました。

190731-01

2012年11月に取り付けた「バズーカ LOCK ON GRIPS」。サイドの赤いパーツも6年と8ヶ月くらい経つと色褪せて、表面もボロボロです。

赤色はプラパーツに限らず、ケーブルアウターやサドルなど色褪せしやすい色です。

190731-02

DECOMA号の赤いグリップももはやピンク。でも、表面の凹凸はまだまだ健在です。

そこで、DECOMA号のグリップの方を新調し、DECOMA号に着けていたものをルイガノLGS-5にお下がりすることにしました。

190731-03

新しく手に入れたグリップは「GIZA バーテープグリップ VLG-852」。ロードバイクのバーテープを巻いたグリップです。

グリップは装着が簡単なネジ固定タイプが必須仕様。いつも同じようなグリップになってしまうので、毛色の変わったバーテープグリップにしてみました。

190731-04

「GIZA バーテープグリップ VLG-852」の他に「グランジ ロックオンテープグリップ」という類似品があります。
「VLG-852」の方が若干安く、アルミ合金のロックリング部分がガンメタなのがお洒落。

グランジはブラック1種だけですが、「VLG-852」はブラックの他に、ピンクコルク、チェレステコルク、アップルグリーンコルク、コルクと5種類あります。他にもカモフラージュ柄のものが3種ラインナップされています。

ロックリングも別売オプションで、ガンメタの他にブラック、シルバー、ゴールド、ブルー、レッドと6種類が用意されていて、ドレスアップできます。

190731-05

ロックリングを外すとバーテープの交換もできます。最初に付いているバーテープが劣化したり、飽きてきたら交換に挑戦してみようと思います。

190731-06

ロックリングの一方に「L」「R」マークが付いています。

マークが内側に来るのか外側が迷ったのですが、マークが内側でないとハンドルに挿入できませんでした。ロックリングの径が内外で異なるのかも知れません。

190731-07

厚みの薄いエンドキャップが付属します。

190731-08

前に着けていた「TIOGA LOCK ON SLIM GRIP」より全長が少し長く、シフターやブレーキを5mmほど内側に寄せる必要がありました。

190731-09

バーテープはクッション性があり、今までよりかなり太めになりました。

190731-10

グリップが太くなったせいで握った手に力が込めやすいのか、ペダルにも力強く踏み込めているような気がします。

バーテープグリップはあまり一般的ではないようで、製品の選択肢はありません。でも、バーテープは自分の好みでいろいろ変えることができるのでコーディネートの楽しみが広がります。

コメントをどうぞ

Funkier Firenze 半袖ジャージ

サイクルパーツをワールドサイクルから取り寄せるため、送料無料化も兼ねて半袖ジャージを手に入れました。

190728-21

購入したのは「Funkier(ファンキアー) Firenze(フィレンツェ) 半袖ジャージ」。

Funkierは米国の会社のようで、国内は深谷産業が代理店になっています。

190728-22

値段は税込み4,476円でした。購入したのはカラーがレッドのものですが、他にネオングリーン、ブルー、ホワイトの3色があり、これらはもっとお安い3,816円でした。

10,000円以上もするサイクルジャージもありますが、ホビーライダーにはなかなか手が出ないです。こういう安いウェアを何年も着ちゃうのがマイスタイル。
前から安くてカッコいいデザインの赤いジャージが欲しいと思っていてたので、あえてちょい高めのレッドを選択しました。

190728-23

ゴテゴテとブランド名やロゴが付いていなくてシンプルです。ただ1色というポロシャツみたいなデザインのものは好みじゃなく、こういう2色使いのシンプルデザインが好きです。

赤い部分と黒い部分では生地が異なり、襟と袖口以外の黒い生地はメッシュになっています。

フロント胸部分とバックの腰回りにあるグレー部分は反射材で、プリントではなく、反射テープが片側だけ縫い込まれています。

190728-24

「Rider」というスタイルを示すタグが付いています。どちらかというとスリムフィットではなくゆったりめです。

サイズはS・M・Lの3種あり、インターナショナルサイズ表記です。162cm、54kgのゆったり目の方が好きな僕は、Sサイズでピッタリでした。

190728-25

裾廻り内側のロゴタイプは滑り止めです。

190728-26

バックポケットは3つ。さらに中央部にジッパーで閉じられるサブポケットが付いています。

190728-27

このサブポケットは、中がバックパックの内側で使われるようなナイロン素地の防水仕様。汗で濡れたら困るようなものを入れたら良いです。

190728-28

バックポケットからのぞくとこんな感じ。この部分だけゴワゴワした触感です。

商品ページには6インチまでのスマホが入ると書かれています。色んなものを突っ込みすぎると、背中のことなので、なかなか取り出しにくいです。

190728-29

他にも「50%UV Protection」とか、「Quick Dry」とか、6つもタグがぶら下がってました。

190728-30

素材は100%ポリエステル。お洗濯は、冷水で裏返して洗えと書いてあります。

コメントをどうぞ

吉田公園へ行って来た

台風6号が熱帯低気圧に変わった翌日、7月28日(日)にサイクリングに行って来ました。

この日の最終目的地は大井川河口にある吉田公園。何あるわけでもないのですが、よくNHKの午後6時過ぎの番組でよく出てくるから。

サイクリングコースはきくがわk菊川からまず富士山静岡空港へ。空港からは初めて走るルートで吉田公園に到着。
帰りは静波海岸経由で太平洋岸自転車道を通って須々木交差点から掛川に帰ってくる約82kmの道のりです。

190728-01

約1時間ちょっとで富士山静岡空港に到着。

この日初めてDMC-GM1をサイクリングに持ち出しました。載せている写真はすべてGM1で撮影。
センサーが大きいからか、レンズが良いからか、ピントがシャープで気持ちが良い。

190728-05

いつもは自転車が駐輪されていることが珍しいのに、到着した頃にはロードバイクが何台も駐輪していました。

190728-02

自転車を駐めたら、まずは石雲院展望デッキへ。

190728-03

無料のコーヒーを湯飲みでいただきます。

190728-04

じりじり蒸し暑く、いつもの夏が戻ってきました。やっと梅雨明けしたらしいです。

190728-06

以前吉田町へ向かったときは東名高速・吉田ICの前を通りました。この道は交通量も多く走っていて楽しくないので、今回は新幹線の陸橋を過ぎたところで脇道に進入。

最初は峠道ですが、その先は茶畑が広がっていました。さらに進むとちょい長めのトンネルに遭遇します。細い歩道がありますが、トンネルの手前で脇道に回避。

190728-07

工場地帯のようなエリアを抜けると吉田公園に到着。

190728-08

奥へ進むと開けた場所に出ます。左の奥は芝生広場。中央にチューリップの花壇があり、右の小高い丘は津波避難場所の「命山」。

190728-09

面白い形で剪定された植え込みが続く道を奥へ進みます。

190728-10

芝生広場をぐるっと回り込んで大滝の前に。

190728-11

さらに進むとビオトープ池に出ました。

190728-12

このときはちょうど曇りがちで、池や木立が落ち着いた雰囲気を醸し出して神秘的。

190728-13

190728-14

190728-15

管理棟の前まで戻ってきました。

こちらは「BICYCLE PIT」になっていてエアポンプや修理工具が借りられるようです。でもスポーツバイク用のサイクルスタンドはありませんでした。

190728-16

静波海岸は先日来たときよりも賑わっていました。

190728-17

こちらは静波海岸のお隣の鹿島海水浴場。

190728-18

小堤山トンネル。ひんやりとした風が吹き抜けて暑い日の休憩場所に最適。

190728-19

このトンネルは静岡鉄道駿遠線の列車が走っていました。

190728-20

この看板の先の須々木交差点で進路を太平洋岸自転車道を離脱。

鹿島海水浴場近くの太平洋岸自転車道で、木陰に自転車乗りが休憩していました。暑い日だったので熱中症かと思っちゃいました。
「大丈夫。疲れたから休憩している」という返事だったので一安心。

これからしばらくはサイクリングに出掛けるのも躊躇しそうな暑い日が続くと思います。無理をせず給水をこまめにご安全に。

この日のBESV JR1は、吉田公園までは基本アシストオフ、上り坂だけスマートモード走行。吉田公園からは、西に向かうと向かい風がきつく常時エコモード、上り坂はスマートモードでした。
走行後のバッテリー残量2、RANGEは、エコモード18km、スマートモード14km、パワーモード10kmとなりました。

迷走距離:88.7km Av:18.7km/h

2件コメントがあります

DMC-GM1用に揃えたものたち・その2

DMC-GM1用に揃えたものたち第2弾です。

HAKUBA テーパードストラップ25

190726-17

購入したカメラにショルダーストラップも付属していましたが、幅の細いものだったので、「HAKUBA テーパードストラップ25」を購入しました。

TZ70にはFZ200に付属していたストラップを付けています。これの幅が25mmで、カメラの大きさもそんなに変わらないし、そのくらいの太さが自分に合っているようです。

190726-18

このストラップの特徴は先ヒモから本体まで一体で織り上げられていること。それとしなやかで柔らかいこと。

190726-19

カタログスペックは、全長1400mm、ストラップ部長さ約700mm、ストラップ部幅25mm、先ヒモ部幅12mm。重量約20gのポリエステル製です。

190726-20

ストラップ両サイドのカラーバリエーションがイエロー、ネイビー、レッド、ブラックの4種あり、写真はブラック(グレーだけど)です。

190726-21

ストラップ部の裏面にはシリコン製の滑り止めが施されています。

190726-22

GM1に着けてみました。

190726-23

カメラや手にぐるぐる巻き付けられるくらい柔らかいです。カメラの外形にかなり沿うので、バッグなどに入れたときにコンパクトにできそうです。

190726-24

プラパーツに先ヒモの先端を通すのが難易度が高い。手で入れたぐらいでは通らないので爪楊枝で引っ掛けて通しました。

190726-25

パッケージに書かれているストラップの取り付け方は先端が外に出てしまうやり方で、先端を引っ掛けてカールしてしまうと思います。僕はもっぱら「ニコン巻き」です。

DMW-BLH7 互換バッテリー

190726-32

付属バッテリー1個では心許ないし、カメラ自体中古なので付属バッテリーの劣化具合が不明なので、とりあえず予備バッテリーを1個調達しました。

純正バッテリーは高いので、TZ70やHDR-AS100V用にも使っていて、今のところ一番信頼を置いている「DSTE」の互換バッテリーです。

190726-33

純正のDMW-BLH7は680mAh、4.9Whですが、互換品は1000mAh、7.2whと容量が多い。スペック通りの性能を発揮してくれるとうれしいのですが。

190726-34

裏面。

190726-35

パッケージから開けた直後に充電器にセットしたら満充電でした。

他の機種で使っている「DSTE」互換バッテリーでは、「何これ?」というようなことにはなっていないので、普通に使えることを期待しています。

コメントをどうぞ

カテゴリー