new balance ウォーキングシューズ MW880B

ロードバイクを乗っている人の多くはビンディングシューズを履いている。
ビンディングシューズはペダルにビンディングががっちり固定され、まさに人体が自転車と一体になって、脚の力をペダルに伝えることができる。

しかし、デメリットもある。脚がペダルから外れず、脚を着地することができずに自転車ごと転倒したりする。いわゆるタチゴケである。
多分ビンディングユーザーなら100%経験者。もれなくタチゴケしているはずだ。

自分もビンディングペダルとシューズを買って挑戦したことがあった。
結局のところビンディングは諦めて、もっぱらフラットペダル+ハーフクリップにスニーカーの組み合わせに落ち着いている。

ビンディングペダルかフラットペダルか、それはそれぞれ個人の得手不得手、好みで良いんだけど、問題はフラットペダルでのスニーカーに潜む危険性である。

例外もあるが、ほとんどのスニーカーは靴紐がついている。自転車を漕いでいるときに、何かの弾みでその靴紐がほどけ、ペダルに絡まることがある。

10年以上自転車に乗ってきて、今までに二、三度靴紐がペダル軸に絡んだことがある。
その時は靴紐がいっぱいまで巻き取られ、ペダルがロックしたような状態になった。ペダルを逆回転させたら脚にゆとりができたので、そのまま停止して事なきを得た。

最近では何年もそんなトラブルに遭遇していないが、潜在的な危険性が解消されていないので、ずっと解決策を探していた。

170817-06

で、この度この問題を解決できるシューズを手に入れた。それは「new balance ウォーキングシューズ MW880B」である。

このシューズの特徴は従来の靴紐に代わり、「Boa クロージャーシステム」が採用されていること。

ちょっと前にたまたまAmazonで見つけて存在を知ったのだけど、自分が認知するのがすご〜く遅かっただけで、「Boa クロージャーシステム」はスノーボードの世界では2001年から使われている。

170817-07

靴を履くときは、ダイヤルを引くとロックが解除され、ワイヤーが緩み履き口を広げて足を入れる。

足を入れたら、ダイヤルを押し込んでロックさせる。それからダイヤルを矢印方向へ回すと徐々にワイヤーが巻き取られ締められる。
フィッティングしたところで止めればOK。締めすぎたら逆方向にダイヤルを回す。

靴を脱ぐときは、ダイヤルを引くとロックが解除されワイヤーが緩むので、そのまま足を抜く。

靴の着脱があっという間。しかも靴紐がほどけることもペダルに絡む心配もなくなった。

170817-08

先日の大井川・太平洋岸自転車道サイクリングに早速実戦投入。
以前new blanceを履いていたこともあり、履き心地は問題なし。サイズも通常の自分サイズでフィットした。結果は上々である。

この「Boa クロージャーシステム」を採用したMW880Bは、メーカー価格が税抜き14,800円。Amazonでも通常1万円オーバーで販売されている。

カラーやサイズによって売価に変動があるが、Amazonをウォッチしていると9,000円を切ることもある。それを狙って今回ゲットした。
一度8,000円以下になったのを目撃したが、その時に買えば良かったと後悔している。

ワイヤーが切れた場合のことだが、モンベルにも「Boa クロージャーシステム」を採用したシューズがラインナップされており、その商品ページにはワイヤー交換の動画が掲載されている。

MW880B対応の可否は不明だが、ワイヤーや専用ドライバーもモンベルで扱っている。
もっと調べると安心材料が増えるかも知れない。

コメントをどうぞ

木工用万能ベルトクランプ

今まで何となく見よう見まねで木工作業をしていたときは、材や制作物をクランプするという概念はなかった。

木工を趣味としている人のブログを見たり、そういった記事なりを読んでいるうちに、いろいろなクランプがあるという知識を得た。
それで、とりあえず100均でF型クランプや洗濯バサミタイプのクランプを揃えてみた。

170817-01

何ヶ月か前に他のDIY用品と一緒に、「木工用万能ベルトクランプ」というものを手に入れた。

170817-03

こいつは写真のような四角いテーブルなどを接着するときに、角を締め付けて固定する道具だ。

ベルトの長さは、四角いものなら最小65mm角、最大900mm角サイズ、最大外周360cmまで締めることができる。

170817-04

多角形や丸形のものは、3カ所の「ベルトパット」を取り外して締めることができる。

170817-02

「ベルトストッパー」と「固定用ベルトストッパー」の表記が、パッケージの説明書と実物に貼られているラベルと入れ替わっているのはご愛敬だが、どちらも機能は同じもの。

使い方は、まずベルトを巻いてある側のベルトストッパーを緩め、対象物にちょうど良さそうな長さだけベルトを繰り出す。
反対側のベルトストッパーは端を押さえる役目を担っているので締めたまま。

次に、「ベルトパット」を対象物の角に合わせ、ベルトを巻く。そして、緩みがない程度に締めてストッパーを固定する。
対象物が多角形のものの場合は、「ベルトパット」を取り除き、ベルトだけで対象物を巻く。

最後に、本体の下に出ている「三角グリップ」を右に回してベルトの緩みを取るように締め上げる。

「ベルトパット」をベルトから取り去るときに、一旦ベルトを「ベルトストッパー」から抜かなければならないのだが、ベルトを元に戻すのが非情に難儀する。
ベルトの先は熱処理で固められており少し厚みがある。それで「ベルトストッパー」の狭い隙間を通すのが難儀するのだ。

「三角グリップ」のねじ部はオス・メスともプラスチックなので、あまりきつく締め上げるとネジが破損する可能性がある。ベルトの伸びもあるようなので、締め付けはほどほどに。
また、ベルトは中心にプラ軸を入れて☆形の輪ゴムで留められているだけで、ばらけやすい。

170817-05

入手してから使用する機会がなかったのだが、普段使いのお盆の縁が取れてしまい、その修理にやっと活躍することができた。

コメントをどうぞ

大井川と太平洋岸自転車道サイクリング

8月13日(日)は、久し振りに90kmオーバーの距離を走ってきた。
ひょっとして100kmオーバーもあるかもと期待して出発したけど、やっぱり久し振りすぎて、後半そこまで頑張る気力が残っていなかった。

行き先は8年振りの大井川「リバティ」と吉田町から御前崎へ向かう太平洋岸自転車道。

金谷までは菊川〜富士山静岡空港経由。
国道1号線の下道を行くルートもあるが、坂とか交通量とかあまり気が進まない。このルートは多少遠回りにはなるし、地味な上り坂が続くけどクルマの通りが少ないから気楽に走れる。

新金谷駅や蓬莱橋にも寄って、大井川マラソンコース「リバティ」を下り、吉田町から太平洋岸自転車道に入る。須々木IC東まで行って自転車道から離脱し、県道239号、県道37号を通って帰ってくるルートを設定した。

例によって全行程録画に挑戦。動画は6時間13分くらい撮れ、前後編24分程度にまとめた。

前編:掛川〜大井川「リバティ」

後編:太平洋岸自転車道〜掛川

HDR-AS100Vはモバイルバッテリー「RAVPOWER RP-PB17」から給電。
今回6時間以上撮影したのだけど、満充電したのは前回の粟ヶ岳に行く前なので、8時間は余裕でバッテリーが保つ実績ができた。

走行しながらの撮影だし、曇り基調の晴れ間が時々のぞく天候なので、カメラには比較的優しい環境かも知れないが、熱暴走とか止まっちゃうようなトラブルなし。

170813-01

踏切の方からジェームス号のお顔を拝むことができた。トーマスはかなり奥の方だったし、人多過ぎでベストポジションが得られず断念。

170813-02

蓬莱橋。HDR-AS100V撮りっぱなし。バッテリーは後ろのトップチューブバッグの中。

170813-03

8年前もここで写真を撮った。

金谷や大井川は、さすがに自転車乗りの多いこと。だけど、こちらから挨拶しても誰も返してくれなかったし、向こうから挨拶してくることもなし。粟ヶ岳ではみんな返してくれたのに、大井川の人は冷たい。

県道37号はあまり走らないのだけど、道の雰囲気が知多半島に似ていてノスタルジー。とくにジョイフルを見つけて、友人たちと三河湾一周をしたときのことを思い出した。

迷走距離:95.84km Av:17.60km/h

コメントをどうぞ

ミニルーター用丸ノコ刃

先日DIYしたサイクロン集じん機。100均商品の加工にミニルーターが大活躍した。

ミニルーター自体は大昔にコーナンで買ったものだが、ポリプロピレンをカットするために「ミニルーター用丸ノコ刃」を新たに入手した。

ポリプロピレンは粘りけがあって、カッターやハンドソーではなかなか作業がはかどらなかった。
ミニルーターがあることを思い出し、これ用の丸ノコ刃があるか調べたら、やっぱりこれが世の中にはあるんだな。

170802-08

ダイソーにも「切断セット」としてダイヤモンドカッターや切断砥石との3点セットであった。
この商品は丸ノコ刃を取り付ける軸、つまりマンドレルは別売になっている。

ついでに仕上げ用に軸付砥石も買ってきた。これはなかなか活躍してくれた。

170802-09

手持ちのミニルーターは軸径2.35mmなのでサイズはバッチリ。

170802-10

ダイソーへ行ったついでに寄ったカインズホームにあった「プロクソン・小型丸のこ刃 No.28830」もゲット。

170802-11

これは980円したが、直径16、19、22mmの3種セットで、マンドレルも付属する。

170802-12

ダイソーの丸ノコ刃(写真左)は厚さ0.5mm。プロクソンの丸ノコ刃(写真右)は手持ちのデジタルノギスで計測不能な程度(たぶん0.1mm)薄い。
刃数も一目瞭然、プロクソンはかなり細かい(写真はノコ刃の取り付け方向が誤り)。

実際の作業では、ポリプロピレンには薄い方がよく切断でき、ダイソーの活躍する場がなかった。

コメントをどうぞ

ぶんぶく・バンダナ&フットクリップ

以前にブログで紹介した「おくすりパンチ」の「ぶんぶく」さんから、迷彩柄のバンダナとフットクリップをいただいたのでご紹介する。

170802-01

バンダナは「エルバン」という商品名で、素材は綿100%。

170802-02

一般的なバンダナは真四角だが、これは手ぬぐいのような長四角。
サイズは、34cm×79cmくらいで、長手方向が一般的な手ぬぐいよりちょっと短い。

170802-03

使用感は、まあ普通の手ぬぐい。

普段自分はワークマンのバンダナキャップをヘルメットの下に着けている。それで、一番問題となるところは後頭部の結び目なのだ。
手ぬぐいだと結び目が大きくなってしまうためヘルメットと干渉しやすくなり、ヘルメットを後ろから前方へ持ち上げるような状態になってしまう。

愛用のヘルメットには「OGK Kabuto Bit Visor-V」という庇を着けている。
後ろからヘルメットを持ち上げられると前方を庇越しに見る格好になって、あまり具合が良くない。

170802-04

フットクリップは、いわゆる裾バンドだ。

170802-06

紺色の部分は伸縮性のある生地で、両端がクリップになっていてズボンの裾を挟み込んで使用する。

170802-07

樹脂パーツとリング状の金具でズボンを挟み、生地が傷みにくいような配慮がされている。

自分は裾バンドはオーストリッチのこんなのこんなのを使っている。
マジックテープで巻き付けるタイプで幅広なのが好きだというのもあるが、装着に手間がなく、外したときは自転車のフレームに巻き付けとけば持ち運ぶ必要もないからだ。

170802-05

本来の用途とは違うが、ストールを前でまとめるのにちょうど良いと、カミさんが気に入って毎日使っている。
自転車乗り向けよりもファッションアイテムとして訴求した方が良いかも。

コメントをどうぞ

カテゴリー