TIOGAのロード用輪行袋 RoadPod VP

名古屋に住んでいた頃はクルマを持っていたので、ちょっと遠いところもパーク&ライドしてサイクリングしていた。

最近はあまり長い距離を走っていないが、100kmくらいは走れそうなので、家から行ける範囲で楽しんでいんだけど、でも浜名湖とか渥美半島とか、ちょっと決断を要する所へも行ってみたくなり、電車で移動するための輪行袋をとりあえず用意してみた。

170909-01

輪行なんかしたことなくて、実行に移すことさえハードルが高いが、初心者でも易しそうな「TIOGA RoadPod VP」という輪行袋を入手した。

「TIOGA RoadPod VP」の特徴は、袋の中にホイールを入れるための内ポケットが付いること。ホイールをフレームに固定する作業が若干軽減できるようだ。

170909-02

収納ポーチに入れればボトルケージに収まるサイズのようだが、キャメルバックのポディウムチルボトルよりはデカい。

170909-03

収納ポーチの中には、本体の袋の他にホイールとフレームをまとめるためのバックルベルト1本、ショルダーストラップ(オス・メス角1本)、それにリアエンドホルダーが付属する。

この他に取扱説明書が収納ポーチに入っていた。

輪行袋のサイズは縦900mm×横850mm×奥行き200mm。70デニールナイロンの縦型ロード用だ。

170909-04

リアエンドホルダーが付属していることは知っていたが、実は輪行計画はかなり以前から計画していて、既にオーストリッチのリア用エンド金具を持っていた。

170909-05

今回は新たにフロント用エンド金具を新調した。

170909-06

他に用意したものは、スプロケット用のフリーカバーとチェーンカバー、肩パッド。いずれもオーストリッチの製品だ。

170909-07

それから、ダイソーで35cmのバンジーコード。

170909-08

本来はバンジーコード2本をクロスさせて荷物を固定するためのものだが、バラにしてチェーンフックとして流用する。

170909-09

同じくダイソーの「マイクロファイバー厚手雑巾」。フレームの傷防止用カバーの代用だ。

170909-10

フレームに巻き付けた「マイクロファイバー厚手雑巾」を固定するために、ダイソー「面ファスナー配線ベルト」。
長さが237mmのものだが、もう少し長くても良かったかも。

準備が整ったところで、予行演習をしてみた。

170909-11

輪行袋を取り出す前にボトルケージに入れてみた。

ケージに入ることは入るが、長すぎて走行中に落としそう。
サドルレールにも取り付けできるようにポーチにベルトが付いているが、脱落防止のためにもフレームに巻き付けた方が良いかも。

170909-12

バンジーコードでチェーンを引っ張ってみた。

170909-13

チェーンカバーを被せてみた。慣れないと瞬く間に手が汚れる。

ワールドサイクルの情報ページを参考にしているが、掲載されている写真ではもっとリアディレーラーが起きている。
これでは立てた時に床と接触しそうだ。もっとチェーンにテンションを欠けた方が良いかも。

チェーンをエンド金具のシャフトの内側に通すという技も知っているが、やってみたら意外とたいへん。チェーンを引っ張りながらリアディレーラーエンドに入れるの難しい。

170909-14

フリーカバーを被せてみたら全部をカバーできない。
ローギアが30Tで大きいせいかと思ったけど、クイックシャフト抜いていなかった。
でも抜いてもカバーできない可能性もあるけど、このままポケットに入れるから良いんだけど。

170909-15

とりあえずBANANA号が収まった。そして、予行演習をしてみていろいろ課題も見つかった。

ホイールがポケットにスポスポ入るイメージがあったけど、タイヤの摩擦で意外と入ってくれない。

そもそもBANANA号に普段付けているサドルバッグが付いた状態では収まらない。ペダルやバッグミラーも付けたままだと厳しかった。
フレームサイズが小さいから入るかもと思ったけど甘かった。

170909-16

身長162cmの男が担いだ状態。

バンジーコードを分解したり、アレーンキーを取りに行ったり、サドルバッグを外したり、バッグルの長さを調整したり、予期せぬ問題解決で予想外にパッキングに時間が掛かってしまった。
これでは電車に乗り遅れてしまう。

何回か訓練して、自信がついたら本番に挑戦したいと思う。

コメントをどうぞ

結束バンドのような「HIPLOK Z LOK」

サイクリングの時、コンビニなどでちょい駐めするときに便利なワイヤーロックを買った。

170908-20

HIPLOKの「Z LOK」というワイヤーロックだ。

2本組みで販売されていて、レッド・ライム・グレーの3色ラインナップされている。ホントはレッドが欲しかったのだが、手に入れたときはグレーしかなくて断念。
Yahooショッピングのン倍ポイントは期限が短すぎて、使いどころに困る。

170908-21

パッケージの中は「Z LOK」が2本と共通のカギ1個。全長420mm、重量20g。

170908-24

「Z LOK」は結束バンドのように先端を反対側のスリットに通してロックする。

170908-22

結束バンドのような構造なので、どの位置でもロックできる。だから普通のワイヤーロックのように余りが出て、自転車がブランと傾く心配がないくらいに締めることができる。

サッと差し込んでキュッと締めるだけなので、ロックするのにそんなに時間を要しない。

170908-25

ロックは一方通行なので、緩めたりロックを外すときはカギを先端のカギ穴に差し込む。
カギ穴は両面にあり、どちらからでも挿入できる。これは意外と重要で、いろいろなケースに対応できる。

デメリットはカギが共通なので、同じカギを持っている人に対して無防備。鍵穴も超単純なので、道具さえあれば誰でも解錠できる。
だから使用はコンビニ休憩などの短時間駐輪に限られる。それで1本より2本ということなのか?

鍵穴の構造も微妙なので、使ううちに差し込みにくくなる可能性がある。

170908-27

一応ナイロン皮膜の中はステンレスプレートで、切断にはそれなりの強さがあるようだ。

しかし、それとトレードオフするように、使わないときは意外と小さくまとまらない。プレートのコシが強靱であるため仕舞う場所に難儀する。

170908-23

先端を差し込むときは平らの方から差し込む。逆からはつかえて差し込むことができないのですぐ分かる。

170908-28

地球ロックする相手がポールなんかだと、ロックも撤収も時間がかからず便利。
やっぱりグレーだと盗難抑止効果は低いかも。汚れが目立たないというメリットもあるけど。

手持ちのロックはすべてナンバー式にしていたので、カギを持ち歩くことになってしまったのが、ちょっと鬱陶しい。出先で紛失したら最悪だ。

コメントをどうぞ

Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー

GPSサイクルコンピュータ「Polar V650」をサイクリングのお供にするようになってから10ヵ月が経過した。
以前のエントリーにも書いているとおり、トレーニング目的やハードモードのサイクリストではないので、V650には速度と走行距離、走行時間、それに道案内してくれる地図があれば充分だ。

その程度の需要だから、スピードセンサーやケイデンスセンサーを取り付けず、GPSだけで速度などを計測していた。

しかし、GPS計測には困った問題があった。それは、自転車を降りてV650を持って歩いているだけで計測してしまうこと。
目的地などで観光や休憩中に歩いている間もデータを計測されるため、走行距離も時間も長くなり、平均速度は下がる。キャットアイのサイコンを外せない理由でもあった。

メーカーに問い合わせたら、オートストップ機能の一時停止とフロントボタン長押しの一時停止は動作が異なり、フロントボタン長押しの場合は解除しなければ停止状態が継続するという回答だった。
しかし、それから何回か確かめたが、フロントボタン長押しでも、歩く速度で計測する。

オートストップを復帰させるしきい値を歩く速度以上に上げれば良いかも知れないが、通常走行時にはその分のデータをロストすることになる。それでは問題解決にならない。

そこでGPS計測は諦め、センサーで計測し、手持ち歩行時の動作を確かめることにした。
昨日のサイクリングでお試ししてきたのは、新たに搭載したスピード&ケイデンスセンサーの動作テストだったのだ。

170908-01

V650はBluetoothに対応するセンサーであれば良いはず。純正センサーが一番良いのだろうけど、純正品はバッテリー交換ができず、はやい話し使い捨てだ。なので却下。

キャットアイやトピークなど、サードパーティー製品がいろいろある中、選んだのは「Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー」。

この製品の良い所は二つある。一つはBluetoothとAnt+両対応であること。
万一Ant+対応のGPSサイコンに買い換えたときもセンサーは流用できる。

もう一つは、センサーにマグネットを使用しなくてもよいこと。
最近のガーミン製センサーも同一仕様だが、スピードセンサーは前輪ハブに巻き付け、ケイデンスセンサーはクランクに貼り付けるだけで計測する。

170908-02

スピード・ケイデンス一体型センサーの場合、チェーンステーに取り付けるものが一般的だ。キャットアイのV3もそうだが、何度結束バンドが緩み後輪に巻き込んだことか。
チェーンステーの太さがテーパーになっているため、走っているうちにズレて、結束バンドが緩むのだろう。後輪に巻き込んだセンサーを弾き飛ばし、行方不明になったこともあったっけ。

そんな悩みを一挙に解決してくれるすばらしい仕様なのだ。

「Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー」が世に出たのはちょっと前なのだが、Wahoo製品を扱う日本代理店があまり積極的でなく、日本国内での扱いがケイデンスセンサーはともかく、スピードセンサーが入手困難だった。

今年になって代理店がアキコーポレーションに変わり、カタログにもリストアップされた。しかし、期待ほどどこでも買えるという状況にはならなかった。
先日名古屋へ入ったときにY’sロードへ行ったが、在庫はおろか、Y’sロードでは多分扱わないという話しにがっかりした。

海外通販も考えたが、サポートも考慮し、唯一国内通販している山口県の「自転車館びーくる・楽天市場店」から取り寄せることにした。
なお、「自転車館びーくる」は1万円以上の注文で送料が無料になる。CO2ボンベで金額調整した。

170908-03

パッケージの中身は、写真左からクランク取り付け用結束バンド、スピードセンサー、スピードセンサー用マウント&ストラップ、ケイデンスセンサー、ケイデンスセンサー用シューズクリッピングマウント、ケイデンスセンサー用シリコンマウント、ケイデンスセンサー用両面テープ、重要事項説明書とクイックスタートガイド。

クイックスタートガイにはセンサー取りつけ後のスマートフォンとの接続方法が記載されている。
しかし、ハードウェアの取り付け方法などの説明は一切なく、パッケージの裏に申し訳程度に取りつけ後のイラストがあるだけだ。

あまりの簡素振りにビックリ。メーカーホームページに英語版のガイドがあるのが救いだ。
スピードセンサーのSET UPガイド
ケイデンスセンサーのSET UPガイド

英語の苦手な人のために以下に取りつけ方法を書いておく。ただし、計測機器との接続説明はV650だけで、スマホでの場合はご自分で調べて。

170908-04

スピードセンサーはスピードセンサー用マウント&ストラップとセットで使用する。

170908-05

スピードセンサー用マウントはプラスチック製のマウントとゴム製のストラップに分離する。

170908-06

マウントに「Wahoo」ロゴが開口部から見えるようにセンサーを差し込む。その際、ストラップを引っ掛けるフックが下側になるようにする。

170908-07

マウントとストラップを合体。マウントのスリットに3本のストラップがしっかり収まるように。

170908-08

マウントと合体したセンサーを前輪ホイールのハブに巻き、マウント下部の2つのフックにストラップ引っ掛ける。
ホイールを回転させ、センサーがフォークなどに接触していないか確認する。

170908-09

ケイデンスセンサーの取り付けは3種類ある。

一つは、両面テープを直接センサー背面に貼り、そのままクランクに貼り付ける方法。
二つ目は、シリコンマウントに入れ、クランクに結束バンドで固定する方法。
三つ目は、シューズクリッピングマウントをサイクルシューズの甲にベルクロテープで固定し、センサーを取り付ける方法。

一つ目の方法は両面テープが剥がれ、いつの間にかセンサーがエスケープする可能性がある。

三つ目の方法は自分はサイクルシューズ持ってないし、スニーカーに付けるとしてもベルクロテープのようなものは自分で用意しないといけない。

自分は二番目の方法を採用した。

170908-10

シリコンマウントに「Wahoo」ロゴが奥になり、背面が見えるように挿入する。

170908-11

付属か手持ちの結束バンドをシリコンマウント左右にあるスリットに通し、チェーンリングがついていない側のクランクの裏面に取り付ける。

170908-12

クランクを回した時にセンサーがチェーンステーに干渉しないことを確認してから結束バンドを締め付ける。最後に結束バンドの余った部分をカット。

クランクもテーパーがついているものがあるので、使用中にズレる心配が少ない部分か、両面テープで補強すると良いかも。

170908-13

シューズの甲に取り付ける際は、マウントとサイクルシューズのベルクロテープが直交するように取り付ける。

センサーはスリットの横から水平に挿入し、90度にひねって固定する。Wahoo」ロゴの「w」か「o」がつま先に向かうようになる。

自転車にセンサーを取り付けたら、次の作業はV650とのペアリング。

  1. センサーを取り付けた前輪、またはクランクを回してセンサーを起動させる。起動するとインジケーターが青く点滅する
  2. 設定 > 基本設定 > ペアリング > 「新デバイスをペアリング」を選択。
  3. 「デバイスを検索中」と表示され、センサーを認識すると「WAHOO SPEED 1982」、または「WAHOO CADENCE 2C60」が表示され、選択する。
  4. 「ペアリング中」と表示され、次に設定する「バイク」を選択する。
  5. 「ペアリングに成功しました」と表示されたら「OK」をタップする。

「ペアリング」画面で「ペアリング済のデバイス」を選択すると、ペアリングしたセンサーと設定バイクの組み合わせを確認できる。

ペアリングを解除する場合は、「ペアリング済のデバイス」でバイクの組み合わせを選択し、次の画面で「ペアリングを解除」を選択する。

170908-14

設定 > 基本設定 > バイク設定 でセンサーが設定されていることを確認できる。

170908-15

実際の走行では、GPS衛星の捕捉完了と同様に、センサーを認識するとスタート画面下部のアイコンの円が点滅から点灯に変化する。

ペアリングが完了していれば、V650をセンサーに近づけるだけで「ピッ」と鳴って認識する。
最初の乗り始めは衛星の捕捉と同じように、認識するのに若干時間がかかる。しかし、計測中は、休憩後でもあまり意識しない程度に接続してくれるようだ。

写真は4番目のアイコンがケイデンスセンサー、5番目がスピードセンサー。

170908-16

ケイデンスセンサーをペアリングしたら、画面表示にケイデンスを表示させることを忘れずに。

V650の表示は若干タイムラグがあり、加速中などもV3の表示と隔たりがあるが、巡航状態になるとほぼ誤差程度といった感じ。

V3 走行距離:26.78km 走行時間:01:31:55
V650 走行距離:27.14km 走行時間:01:29:12

170908-17

写真は「polar frow」のログ画面。ちゃんと動作していたことがわかる。

170908-18

さて、肝心の歩行時の計測状態だが、歩行は櫓の上下移動ばかりだったのであまり良く分からない。
走行時間もV650の方が短いので、見た感じ歩行時には計測していないように思えるが、さらに追跡調査したい。

170908-19

パッケージを開けたときにビックリしたのは、センサーが活きていたこと。

100均商品でも普通バッテリーが通電しないようにスペーサーとかかましているのに、こいつは持ち上げるとピカピカ点滅。
商品が手元に届いたときにはバッテリーが消耗している可能性があるので注意。

バッテリーは本体横のスリットにコインを入れ、ひねって蓋を開ける。バッテリーはCR2032を1枚、+側を表に向けて入れる。

あと、最初にパッケージを開けてセンサーをいじっていたときは、スピードセンサーもケイデンスセンサーもピカピカ光っていたのに、ケイデンスセンサーだけシリコンマウントに入れた直後から光らなくなった。

その後、マウントから出して振っても光らない。電池を入れ替えた直後だけ光り、そのあと沈黙。もちろん電池を新品に替えても状態は変わらず。

初期不良かと買ったお店に電話したら定休日。アキコーポレーションは連絡先わからず。
やることないので、とりあえず自転車に取り付け、V650とペアリングさせたら無事成功。いったいなんだったのだろう。

どうせ走っているときはインジケーター見ないし、見えないからいいんだけど。ちょっと不安。

「Wahoo RPM SPEED & CADENCE センサー」はそれぞれのセンサー単独でも販売されている。ただし、バラで買うよりセットの方が少しお安い。
自分はスピードセンサーだけでも良かったのだけど、あとから悔しい思いをするのも嫌なのでセットにした。

<2017年9月13日追記>
先日の日曜日、サイクリングに出掛けて20kmくらいの地点で、V650の画面にスピードセンサー電池残量警告が表示された。
V650のアラートって一瞬表示されるだけなので、内容の理解が追いつかないことが多い。

出荷段階から電池の消費が始まっているため、入手した時点で電池が消耗している可能性は予想していた。しかし、テスト走行27kmを合わせて50kmも使っていない状態では速すぎだろう。

それから20kmほど走って電池が切れることはなかったが、念のため休憩に寄ったコンビニで替え電池を準備した。

その後、再び警告が表示され、その時ははっきり警告を見た。残り50%だと。

残量警告を出すのも速すぎだし、入手した時点で電池残量50%というのも何だかな。
いや、ひょっとしたら電池バカ食いのセンサーなのかも知れない。

コメントをどうぞ

下内田の「田んぼアートin菊川2017」でハプニング

自転車用のグッズをいろいろ仕入れた。それらのお試しも兼ねて、昨年見損ねた「田んぼアートin菊川」へ行ってみた。

昨年はカミさんとクルマで行ったが、稲刈りされていて一部が残っている状態。8月下旬から公開され、9月が見頃だという聞いていた。

いつも通る菊川堤防から少しはずれた場所で、お試しには適当な距離なので、昼飯を食べてから走ることにした。

170907-01

堤防道路はクルマだと通れず、田んぼまわりの農道を通ることになる。土日だと路駐でいっぱいになるらしい。

菊川の橋を渡り、しばらく堤防道路を下流に進むと櫓が見えてくる。

170907-02

櫓のてっぺんに何人もの人影が見える。平日には櫓に上がれないと聞いていたが、今日は上に登れるのかな?

170907-03

櫓を通り過ぎて、その先にある田んぼアートを堤防の上から見る。

右側は菊川市のマスコットキャラクター「きくのん」だが、左のキャラは何?

170907-04

調べたら「飛行機に乗る茶ラリーマン」だそうな。

170907-05

櫓へ行ってみる。

170907-06

風が強くて鯉のぼりも威勢良く泳いでいた。遠くからは櫓より鯉のぼりの方が目印になるかも。

170907-07

櫓に上がるのは有料。大人200円、小学生100円。パスポート券もあり、大人500円と小学生250円。平日は閉鎖されて登れない。

170907-09

櫓から見える田んぼアートは「太郎坊大天狗」。
そういえば、2015年にエコパで開催されたももクロのライブ「桃神祭」でも天狗がモチーフだった。

170907-08

櫓のてっぺんから見た大天狗。

170907-10

こちらは、一段下がった下層から見える大天狗。

170907-11

何故平日なのに櫓に登れたかというと、ちょうどSBSラジオのレポーターが取材に来ていて、無料で上がらせてくれたのだ。

写真はレポーターとスタッフが乗ってきた「Scoopy号」。クルーは若いお嬢さんお二人で、二人だけですべてを賄っているみたい。

170907-12

このレポーターは月〜金曜14時から放送している「聴くディラン」という番組内のコーナー「街角ステーション」の方。しかもこれから生で放送するという話し。

上から2番目の写真は田んぼアートを作った実行委員会の方々と番組のスタッフが取材・打ち合わせをしているところだったのだ。

写真は今まさに放送が始まったばかりのレポーター池谷さんと実行委員会の代表者。
アートには8種類の稲が使われていること、測量士の指図で輪郭にくい打ちをして苗を植える、というような話しをされていた。

自分は何故か通りすがり代表ということでラジオ初出演。この後全員で記念写真を撮って、記念品をいただいて帰ってきた。

本番が終わってしばらくすると、放送を聴かれたと思われる人たちが、早速何人か観に来ていた。

170907-13

ちなみに櫓のしたから大天狗を見ても、何がなにやらよく分からない。

櫓で鑑賞できるのは9月24日までで、9月10日の夕方から20時までキャンドルライトに照らされた「お月夜鑑賞会」が行われる。

迷走距離:26.78km Av:17.48km/h

コメントをどうぞ

If you wanna

明日8月30日(水)はPerfumeのニューシングル「If you wanna」のリリース日。
フラゲ日にオムニ7(セブンネット)から配達されてきた。

170829-01

写真は「完全生産限定盤」の紙スリーブなんだけど。今回のリリースでは、あと「初回限定盤」があるだけで、いわゆる通常盤のリリースがない。

「完全生産限定盤」と「初回限定盤」はCDとDVDの2枚組で、DVDの内容とジャケットの仕様がちょっと違う。

今までならこの他にCDオンリーの「通常盤」がリリースされていた。これが無いということは、曲だけを聴きたい人や限定盤の売り切れ以降はiTunesストアなどの配信で、ということなのだろう。

ということは、CDのリリース枚数にこだわらないという意思表示なのかも。それとCDのプレスは初回出荷分しかしないということだろうか。

170829-02

写真は紙スリーブを抜いた中身の紙ジャケット。

収録曲は2曲ともいつものように作詞・作曲は中田ヤスタカさん。

表題曲の「If you wanna」は、Ora2とタイアップした、くちもとBeauty Project「Ora2と出かけましょう」篇CMソング。

そしてカップリングの「Everyday」は、Panasonicの「泡のチカラで汚れを落とす!泡洗浄」の洗濯機の販促キャンペーン「AWA DANCEキャンペーン」ソング。

自分的には「If you wanna」より「Everyday」の方がキャッチーで好き。

こちらはガンバ大阪やワイルドナイツの選手たちが”チームパナソニック”としてコラボレーションしているムービー。

前作の「TOKYO GIRL」も日本テレビ放映の水曜ドラマ「東京タラレバ娘」の主題歌だったり、やはりカップリングの「宝石の雨」も「サンスター Ora2 くちもとbeauty project」のCMソング。
リリースするすべての曲がタイアップというのもすごい。

特典のDVDには「Everyday」が収録されているが、「If you wanna」は収録されていない。
「完全生産限定盤」のDVDには「TOKYO GIRL」と「宝石の雨」のライブ(Perfume FES!! 2017)映像が収録されている。

170829-03

オムニ7で予約したので、特典のポスターをいただけた。

最近Amazonでは予約特典付き商品とただの予約商品とで販売価格に差を付けている。CD単品商品ならどこで購入しても同価格だが、DVDやBlu-lay付きだと値引き販売ができる。

近頃の送料値上げと合わせ、特典付きCDの購入はオムニ7やHMVなどの方が幸せになれると思う。
通常盤がないからCD欲しい人はお早めにゲットすべし、と思う。

コメントをどうぞ

カテゴリー