IKEAのマグネットボード

我が家の冷蔵庫の冷凍庫が故障しました。アイスクリームやガリガリ君が柔らかくなって、グスグス君になってしまうのです。

冷蔵庫は修理してもらったのですが、そのときにやって来た修理マンから「冷蔵庫の天板にものを直接置いたり、側面にペタペタといろんなものを貼ると放熱を妨げ、故障しやすくなったり、寿命が短くなる」とアドバイスされました。

冷蔵庫の側面といったらものを貼り付ける一等地みたいなものですから、今まで貼っ付けていたものの行き場に困りました。

190528-01

そこで、IKEAのマグネットボードを冷蔵庫が置いてある横の壁面に設置して、貼り付け場所を確保することにしました。

我が家の近所にはIKEAはないので、ネット通販で取り寄せることにしました。

IKEAのネットショップは送料がバカ高く、大物以外は敷居が高い。ネット通販も代わりに買って送ってくるいうような業者など様々で、元値よりかなり高価になるのですが、一番近い店舗は名古屋なので、自分で買いに行くよりは安い。

190528-02

で、取り寄せたものは70cm×50cmの「VEMUND ヴェムンド」という品名のもの。

他にもいろいろなサイズのものがラインナップされていましたが、取り付け場所のスペース的にこれに決定しました。

190528-03

ボードの裏面を見ると、50cmの辺に2カ所ずつ両サイドに取り付け穴があります。

190528-04

取り付け穴ごとに2カ所に切り欠きがあり、ボードを縦位置でも横位置でも壁面に取り付けできるようになっています。
また、切り欠きにネジを通すことでボードが簡単に外れないようになっています。

190528-05

取り付け穴のピッチは30cm。つまり、ボードの端、左右から10cmの位置にあながあり穴が空いています。

190528-06

柱などと干渉しないように位置を決めて、壁にネジを取り付け。

ボードはそれなりの重量があるので、ネジがすっぽ抜けないように梁など入っている場所を探して位置決めします。

ネジはボードに付属していないため別に用意する必要があります。たまたま何かのちょうどぴったりなネジが手元にあったので、それを使用。

190528-07

ネジは適当な長さを残して埋め込みます。

190528-08

こんな感じで取り付けできました。ちなみにボードの厚さは2cm。

品名に「ホワイトボード」とも表記されていますが、直接ペン書きには適さないようです。

190528-09

なので、我が家ではマグネットでペタペタと、冷蔵庫に貼ってあったものを移植します。
冷蔵庫の方は、何もなくなってしまったのでスッキリしました。

コメントをどうぞ

粟ヶ岳初登頂

BESV JR1を購入した理由の1つ、粟ヶ岳に5月26日(日)登ってきました。

190526-02

粟ヶ岳は地元のサイクリストの間でヒルクライムの聖地となっている山。新幹線の車窓から山肌に描かれた「茶」の文字が見える山です。

上の写真はおととしの7月30日に、ヒルクライムのスタート地点となっている「東山いっぷく処」を通ったときに撮影したものです。

走ったルートは上の地図の通り。

粟ヶ岳に近づくにつれ徐々に標高を上げていきますが、ヒルクライムと呼べるのは4kmちょっとの距離です。

クルマでは2、3度登ったことはありましたが、自転車では一度も登ったことがなく、今までずっと敬遠してきました。
それは坂を登るのが嫌いだから。あまり舗装の状態が良くない狭い山道を下るのはもっと嫌いです。

じゃあ近寄らなければよいのですが、それでは負けたような気もして、1度くらいは登っておきたかったのであります(2度目はないかも)。

190526-01

日坂小学校を過ぎたあたり、T字路を右折すると前方の遙か向こうに粟ヶ岳が待ち構えていました。

ここから14kmほど走るとヒルクライムのスタート地点「東山いっぷく処」に到着。店先には下山したばかりであろうサイクリスト達が休憩していました。

こちらは休む間もなくコースに突入。JR1はバッテリーの消耗は気にせずスマートモードにして、脇目も振らず一気に頂上へ。
GPSの記録では、距離4.17km、高度340m、19分ちょっとで登り切りました。電動アシストサイクルなので全然自慢できませんが。ちなみに帰りは恐る恐る降りて14分ちょいでした。

190526-03

山頂は工事中でトラ柵で閉鎖されていて入ることができませんでした。

190526-04

山頂のテラスは5月30日(木)からオープンで、当日は午前10時からオープニングセレモニーが開催されるようです。

190526-05

登りは道しか見ていないので恐怖はないのですが、帰りは目の前に下界が広がって見えビビります。

190526-06

特に上の方は路面がコンクリートで、車体がまるで共振しているようにバウンドし、登りも下りも走りにくいです。下りはずっとブレーキレバーを握りっぱなしでした。

190526-07

だいぶ下の方へ降りてきて、路面がアスファルトになると落ち着きます。

190526-08

「東山いっぷく処」に戻り安堵。お店に入ったらお茶を振る舞っていただけました。

190526-09

「森永バニラモナカジャンボ」を自分のご褒美に食べました。

190526-10

店先のベンチに自転車と徒歩での登頂記録ノートが置かれています。ノートを見ると何回も登られている方が多い。僕も記念に書かせていただきました。

山頂テラスのオープニングセレモニーでは、自転車での登頂6百回以上、徒歩で2千回以上の方が表彰されるようです。

190526-11

日坂まで下ってきて事任神社を参拝。

190526-12

トイレの前にサイクルスタンドが新設されていました。

オリンピック自転車競技を静岡県で開催されるのを機会に、全県で自転車を盛り上げようとしているようで、今までサイクルスタンドがなかった場所にスタンドができるのは大歓迎です。
ただこの位置は駐車場と共存しているため、クルマの駐め方によっては駐輪しにくいかも。

190526-13

ついでに「道の駅掛川」にも寄って水分補給。

190526-14

予想通りここにもサイクルスタンドができていました。

190526-15

自転車を駐めていたら、チッチッと鳥がさえずる声。なんと目の前の手が届きそうな頭上にツバメが飛んできました。
見回すと右手の入口の上に巣がありました。糞の落下防止に受け皿まで設けてありました。

帰りは往きとルートを変えて、道の駅の道を西へ直進してエコポリスへ。

スマートモードを多用したため、帰宅時点でバッテリー残量は2。Rangeはエコモード7km、スマートモード6km、パワーモード4kmでした。

迷走距離:33.1km Av:17.9km/h

9件コメントがあります

OGK KABUTO VITT/AERO-R1用シールド ARS-3 調光クリア

OGK KABUTOのヘルメット「VITT」や「AERO-R1」には標準で「ライトスモーク」のAR-3シールドが同梱されています。
ライトスモークは可視光線透過率65%、紫外線カット率99%以上の性能があります。

AR-3シールドはインジェクション製法のため、ちょっと厚みがあります。僕には視界が若干歪んだり、ピンボケするような違和感を感じました。

ARS-3シリーズは特殊曲げ製法で作られており、「AERO-R1」に「ARS-3 スモーク」シールドを付けたら、視界がとてもクリアになって、もうAR-3には戻れなくなるほどお気に入りになりました。

190525-18

「VITT」には奮発して「ARS-3 調光クリア」を付けることにしました。

「ARS-3 調光クリア」は可視光線透過率28〜88%、紫外線カット率99%以上のシールドです。

調光とは、上の写真のように透明に見えるものが、紫外線を当てると濃いグレーに変色するタイプのレンズやシールドです。
明るい昼間から夜間、明るい場所から暗いトンネルに入ったり、その逆だったり、自動的に色の濃さが変化するので、シールドを入れ替えることなく、1枚のシールドでまかなうことができます。

ARS-3シリーズの他のものが税別6,000〜7,000円であるのに、こういった特殊機能付きであるため税別10,000円とお高くなっています。

パッケージには「ARS-3 スモーク」と同様、専用のクロスバッグが入っています。

190525-19

写真は左から「ARS-3 調光クリア」、「ARS-3 スモーク」、「AR-3 ライトスモーク」。
「ARS-3 調光クリア」は日の当たらない室内では、ほぼクリアに見えます。

190525-20

写真は左から「ARS-3 調光クリア」、「ARS-3 スモーク」、「AR-3 ライトスモーク」。
「ARS-3 調光クリア」は「ARS-3 スモーク」よりも若干厚みがあります。

190525-21

重量を計ると27gありました。「ARS-3 スモーク」は実測22gだったので、厚みがある分重量増。ちなみに「AR-3 ライトスモーク」は実測39gでした。

190525-22

晴天の屋外に持ち出したら、みるみる色が濃くなりました。
写真左が「ARS-3 スモーク」で、右が「ARS-3 調光クリア」。室内のときと濃さが逆転しました。

190525-23

上の写真の状態から日陰に移動しました。たちまち色が薄くなりました。
写真左が「ARS-3 スモーク」で、右が「ARS-3 調光クリア」。

190525-24

半分だけ遮光して、外で十分に日を当ててから室内に戻りました。
半分だけ色が濃い。写真を撮るまでに色が薄くなってしまうため、撮影はなかなか難しいです。

「名古屋サイクルスポーツデイズ」でOGKの係員から「クリアに戻る時の方が時間が掛かる」と聞いていましたが、新品であるせいか、濃くなるのも薄くなるのも結構速いです。

調光レンズは当たる紫外線の有無で濃くなったり薄くなったりを繰り返します。何度も変化を起こしていると、だんだん性能が劣化するそうです。
そのため、保管方法にも気に掛けないと、変化するのが遅くなったり、変化しなくなったり、寿命が短くなってしまったりします。

OGKのこちらのブログに保管方法の注意点が書いてありました。

  1. 濃淡を繰り返すことで徐々に劣化するので、使用しないときは遮光して保管する。
  2. 直射日光が当たる場所、炎天下の車内、乾燥室のような温度・湿度の高い場所で保管しない。

気をつけたいと思います。

コメントをどうぞ

自転車用ヘルメット OGK KABUTO VITT

昨年の6月頃に「OGK KABUTO AERO-R1」という自転車用ヘルメットを新調しました。

「AERO-R1」はシールド付きで、サイクリング用のアイウェアを用意しなくてもいつも使っている眼鏡でOKな、トータルコスト的に優れたヘルメットです。

唯一の欠点、というか元々スピードを追求するエアロ仕様なので仕方ないのですが、空気抵抗を減らすために通風が犠牲になっていました。
ヘルメット内に熱がこもりやすく、夏場のサイクリングには「ちょっと」という感じでした。

でも、僕と同じような需要を喚起されたのか人気が出て、やはり同じように多くの不満が寄せられたのか、欠点を克服した「VITT(ヴィット)」が昨年のサイクルモードで発表されました。

そして、やっと今年の4月1日に、GW前に発売されると正式なアナウンス。僕も4月20日に予約したのですがGW前には届かず、1ヶ月待ってやっと手に入れることができました。

190525-01

サイクルモードで発表されてから前人気も盛り上がっていたので、発売後すぐは品薄になるだろうと予想はしていました。ですから少々の入荷遅れは覚悟していました。

届いたものは、「AERO-R1」は従来からのおなじみのパッケージでしたが、「VITT」はパッケージもリニューアルされていました。

190525-02

「AERO-R1」を買って1年も経たないのに「VITT」を購入したのは、やっぱり夏場に暑かったから。昨年6月の晴天のとき80kmを走ったあたりで軽い熱中症のような状態になってしまいました。

冬場には全然問題ないのですが、暑い時期も安心して走れ、通年で使用できるヘルメットが欲しかったから、期待の新製品な訳です。

190525-03

「VITT」には「AERO-R1」と同じAR-3シールド(ライトスモーク)が付属します。シールドは「AERO-R1」と共通なので、オプションのARS-3シールドも装着できます。

OGK KABUTO ARS-3 スモーク AERO-R1用シールド」のエントリーでレポートしましたが、付属のAR-3シールドは視界に若干の歪みや違和感があります。

シールドは別売のARS-3シールドの方が見え方はクリアです。なので、今回もARS-3シールド(クリア調光)も一緒に購入しました。こちらも別エントリーでレポートします。

190525-04

シールドは中央と左右の、合わせて3カ所でマグネットがくっつきます。「AERO-R1」は左右のマグネット位置にも窪みがありましたが、「VITT」は平坦になりました。

ぱっと見、取り付け位置がわかりにくくなったような気がしますが、実際の使用状況では頭の上での出来事、ブラインド状態で脱着するので窪みがなくても問題はありません。
シールドを顔の前に持ってきたら、勝手にくっついてくれます。結構強力な磁力があります。

付属品はその他に、「AERO-R1」には虫除けのA.I.ネットとノーマルインナーパッド、フロントスペーサーが付属していましたが、「VITT」にはA.I.ネットだけです。

190525-05

「VITT」は、マットブラック・パールホワイト・マットホワイトレッド・マットネイビーブルー・ブラックイエローの5種類のカラーがラインナップされています。つや消し3種に光沢が2種です。

黒っぽいのは夜間の視認性が悪そうですし、夏に暑そうです。マットホワイトレッドは安っぽそうなデザインです。OGKのホームページには横向きの写真しかないのであまり参考になりません。

どのカラーにするかずっと迷っていましたが、4月7日の「名古屋サイクルスポーツデイズ」で現物を確認し、BESV JR1に一番合いそうで、無難な「パールホワイト」に落ち着きました。

「AERO-R1」も次々に新色が出てラインナップが入れ替わっているので、「VITT」もいずれ新色が登場する可能性があります。

190525-17

「VITT」にする最大の理由である通風性。開口部が大きく、しかも多い。「AERO-R1」と真上から見比べただけでも風通しが良さそうなのがうかがえます。

190525-07

後頭部は平らな部分がないのでテールランプは付けにくそうです。

190525-08

「VITT」は「AERO-R1」に比べ高さがあります。

被る量も深く、耳とヘルメット下端の間隔が、「AERO-R1」は指2本分くらいに対し、「VITT」は指1本分。より側頭部を保護してくれそうです。

190525-09

「AERO-R1」はXS/S、S/M、L/XLの3サイズでしたが、「VITT」はS/M(55〜58cm)、L(59〜60cm)、XL/XXL(60〜63cm)の3サイズ展開。

190525-11

後頭部のアジャスターは、上下に4段階で調節できるXF-8アジャスター。

「AERO-R1」は3段調節だったのですが、「VITT」は被り量が深くなっているため段数を多くしているのかも知れません。

190525-12

あごひもベルトのロックが「AERO-R1」より大きくなって、脱着がずっとしやすくなりました。

190525-13

もちろん「JCF公認マーク」付きです。

190525-14

シールド未装着時のカタログ重量は、S/M:245g、L:255g、XL/XXL:270g。購入したS/Mの実測重量は248gでした。「AERO-R1」より53g重くなりました。

付属のAR-3シールドは40gくらいなので、ヘルメットと合計で288gくらいになります。

190525-15

A.I.ネットは装着済みでした。

190525-16

「AERO-R1」ではXS/Sだったせいかおでこの部分が窮屈な感じがしたため、フロントスペーサーを付けました。
「VITT」はワンサイズ大きいからか、フロントスペーサーなしでも問題ありませんでした。

この間までまだ涼しさを感じていたのに、この2、3日で急に「夏が来た」という感じです。
きょう地元の小学校で運動会が行われていましたが、今年から児童の観覧席にも暑さ対策用のテントが張られました。

年々夏の暑さが厳しくなっているようで、とりあえずこのヘルメットで頭の暑さ対策はバッチリです(だといいな)。

2件コメントがあります

ももクロ5thアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」

明日、5月17日はももいろクローバーZの結成記念日です。今年で結成11周年を迎えます。
そのももクロが、グループ名をタイトルにしたニューアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」を明日リリースします。

セブンネットでセブンイレブンの店舗受け取りで予約していました。昨日受け取り通知メールが届いていたので貰ってきました。

このムービーは2曲名に収録されている「The Diamond Four」。

このアルバムには昨年5ヶ月連続新曲配信した5曲を含む14曲が収録されており、しかも全曲MVを制作するという力の入ったアルバムです。
フル尺やダイジェスト版とさまざまですが、全曲のMVが特設サイトで見ることができます。

190516-01

初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態があり、僕が購入したのは初回限定盤B。写真は特装紙パッケージのものです。
かみ合わせがピッタリしたパッケージで、開けにくいのが難点。開きやすくする工夫が欲しいです。

初回限定盤Aは、アルバムCDとライブ『ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」』とMVが収録されたBlu-rayのセット。
初回限定盤Bは、アルバムCDと過去にリリースした人気楽曲10曲を、現在のメンバーでセルフリメイクしたCDの2枚組です。

そう何枚も買えませんから、Ble-rayはたまにしか観ないけど、曲だけなら四六時中聞いているので、コストパフォーマンスの高い初回限定盤Bにしました。

190516-02

こちらがアルバム表ジャケット。

190516-03

アルバム裏ジャケットです。

パッケージの中には、今日明日東京キネマ倶楽部で開催されるライブの模様を、限定配信で視聴できるアドレスとパスワードが書かれたシートが封入されています。

情報では明日のライブのものが視聴できるようですが、配信の日程はまだ公表されていません。本日現在視聴アドレスにアクセスすると「NOT FOUND」が表示されます。

190516-04

セブンネットで予約すると、店舗特典の「オリジナルネックストラップ」と追加特典の「トレカA ver.」が付いてきます。
「オリジナルネックストラップ」は4色ランダムで送られてくるのですが、僕のところには黄色のしおりんがやって来ました。

特設サイトで公開されたMVは、アルバム発売前に毎日1曲ずつ公開されていていました。
CDを手にする前から曲を聴いていて、バリエーションに富み、ももクロらしいとかないとか、聴く人の好みにかなり評価が別れそうです。

聞き込むほどに味わいの出てくるスルメ曲や、生のライブで振りが付くと印象が変わる場合もあります。僕も何度も聞き込んでから感想を書けたらと思います。

コメントをどうぞ

カテゴリー