ヤマハコミュニケーションプラザ

ヤマハコミュニケーションプラザ」は、磐田市のヤマハ発動機本社や工場が集まる地域の一画にあるヤマハ発動機とその関連グループの製品や歴史資料などを見ることができる施設です。

180311-13

見学は無料です。開館時間は平日は9時から17時まで、第2と第4土曜日と次の日曜日は10時から17時まで。
ホームページに開館カレンダーがあるので、それを確認してから行くことをお勧めします。

場所は磐田駅からタクシーで10分くらいの距離にあり、ちょっと不便です。
二輪の専用駐輪場は本館前にありますが、クルマの駐車場は道路を挟んだ前にあります。自転車の駐輪設備はありませんでした。

180311-14

玄関入り口を入ると「撮影OK」の案内がありました。

180311-15

中に入ったすぐの場所に来館記念のスタンプが2種類用意されています。インクがなかなか乾かないので対策が必要です。

玄関周りには各種カタログやパンフレットなども置いてありました。

180311-16

最初に出迎えてくれるのは、2017年東京モーターショーに出品された「コンセプトモデルMWC-4」。前後2輪の未来的な乗り物です。

180311-17

お尻も格好いい。テールランプの中央には音叉マークが。

180311-18

同じく「コンセプトモデルNIKEN」。前2輪、後1輪のヤマハお得意のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)です。

180311-19

こちらは「コンセプトモデルTRITOWN」。これもLMWですが、セグウェイのような小型電動立ち乗りモビリティだそうです。

180311-20

ちょっと離れた場所に展示してあった「コンセプトモデルMOTOBOT Ver.2」。

これはバイクじゃなくて乗っているロボットが主役です。200km/h以上でのサーキット走行をするヒト型ライディングロボットです。

180311-21

昔懐かしい1967年に発売された「トヨタ2000GT」。実はトヨタとヤマハの共同開発・生産したクルマなのです。

180311-22

2011年に発売された「LEXUS LFA」。展示車両は開発用のプロトタイプで量産車とは一部異なるようです。

180311-23

ボンネットのペインティングが素敵です。

180311-24

1階はとりあえず中央ロビーの展示だけをざっと見て2階へ直行。

180311-25

ロビーのど真ん中で「MOTOBOT Ver.2」にがクルクル回っています。

1階の奥の方は現行車種と歴代の車両、グループ会社の製品展示などが展示されています。

180311-26

2階は基本的のレース関連車両の展示と資料を閲覧できる「プラザライブラリー」があります。
3階は食事ができる「プラザカフェ」があります。

180311-27

「プラザライブラリー」。昔のカタログを閲覧できるパソコンや古い雑誌、資料などが書架にギッシリ整理されています。

180311-28

発売されていたプラモデル。

180311-29

古いカタログを検索できる「デジタルライブラリ」。タッチディスプレイで、「名前」「年代」「排気量」の項目で検索可能です。

実はここへ来た目的の一つは、過去に自分が乗っていたバイクの型名を調べることなのです。
原付免許を取って一番最初に乗ったバイクは中古のヤマハ製だったのですが、頭の片隅におぼろげに残っているだけで、それを確かめに来たのです。

180311-30

で、1968年のカタログにありました。多分これです。

180311-31

こんな感じの赤いボディでした。

180311-32

こっちは友達が乗っていたやつです。多分。

180311-33

2階奥の展示コーナー。

180311-34

1992年にF1に参戦した頃の「ジョーダン・ヤマハ192」です。

180311-35

エンジン。

180311-36

タイヤは実戦で使ったものでしょうか?穴ぼこがいっぱいです。

180311-37

1997年F1参戦最後の3000cc・V型10気筒「0X11A」エンジン。この頃はティレル・ヤマハチームでした。

180311-38

ロードレーサーが勢揃い。前部ナンバー1。

180311-39

1階に戻ってきました。奥の壁面に代表製品名が載った年表が展示されていました。

180311-40

1階には一般向けの旧車も展示されています。写真は1972年のFX50。

180311-41

ここからは現行機種です。写真は2017年から北米で発売されている1,854cm3エンジン搭載の「Star Venture」。

180311-42

スノーモービル「SRViper R-TX LE」。

180311-43

マリンジェット「WaveRunner GP1800」。

180311-44

ボートも造っています。

180311-45

操縦席。

180311-46

電動車いすもありました。

180311-47

電動アシストサイクル「PAS Brace」。

奥に並んでいる青いものは汎用発電機で、掛川に本社がある「ヤマハモーターパワープロダクツ」で作っています。

180311-48

去年「浜名湖サイクル・ツーリング2017 大試乗会」で試乗したことのある電動アシストロードバイク「YPJ-R」。

180311-49

農薬散布など農作業に使われている産業用無人ヘリコプター。

180311-50

ゴルフカー。これもヤマハモーターパワープロダクツ製です。

180311-51

現行車種ズラリ。

180311-52

産業用ロボットまで作っているんですね。

180311-53

1階の左奥にプラザショップ。パネルやマグカップ、ウェアなどなど・・・オリジナルグッズを販売していました。

180311-54

「YAMAHA BEAR」というグッズがありました。バイク好きな彼やお父さんから女性や子供へのコミュニケーショングッズだそうです。

180311-55

その隣にはお父さんに連れられてきた子供が飽きないように、塗り絵コーナーまで用意されていました。

180311-56

ピアノの音色が聞こえてきたと思ったら、ヤマハの自動演奏ピアノからでした。

180311-57

一通り展示を見終えて3階のプラザカフェで昼飯をいただきました。窓際の席からはヤマハスタジアムが臨めます。

右手の方に屋上に「YAMAHA」と書かれた高層ビルが目に付いたので、お店の方に「あれが本社ですか?」と尋ねたら、本社はコミュニケーションプラザの真東にある4階建てのビルだそうです。

180311-58

いただいたのはデミグラソースのかかった「ふわとろオムライス」。サラダが付いています。

アンケートを書いて精算時にレジに出すと10%オフのサービスをしてくれます。ちなみに精算は現金オンリーです。
筆記用具を持っていなくても、プラザカフェ入り口前に鉛筆やテーブル、椅子が用意された筆記コーナーがありました。至れり尽くせりです。

そう言えば、入館したとき見覚えのある黄色いパーカーを着た、ライダーな男性客がいました。10日は愛知県瀬戸市で、11日は静岡市清水でライブがあるからついでに寄ったのだろうか?

2件コメントがあります

磐田市のヤマハコミュニケーションプラザまでサイクリング

先々週は時間切れで行けなかった磐田市の「ヤマハコミュニケーションプラザ」まで3月11日(日)にサイクリングしてきました。

磐田までのルートは先々週のルートと同じ。最初にヤマハコミュニケーションプラザへ行って見学。その後ひょうたん池へ行き、同じ道を辿って帰ってきました。

この日も出発が遅くなって11時もかなり回っていました。空はキレイに晴れ渡っていますが、相変わらず風はそれなり。

180311-01

天浜線の掛川市役所前駅の線路土手にはもう菜の花が咲き始めていました。

180311-02

まだ背は低くまばらですが、そのうちこの土手一面が黄色く染まるはずです。

180311-03

逆川の土手も日当たりの良い場所は黄色くなりつつありました。

180311-04

最初の目的地「ヤマハコミュニケーションプラザ」には12時50分頃到着。

「ヤマハコミュニケーションプラザ」はヤマハ発動機とその関連グループの製品の展示や歴史などの資料を見ることができる施設です。
ヤマハ発動機の本社や工場が建ち並ぶ一画に無料で公開されています。

180311-05

二輪専用の駐輪場は「ヤマハコミュニケーションプラザ」前の敷地内に用意されていましたが、自転車(とくにロードバイク)用の駐輪設備はありませんでした。

風が強く、そのまま生け垣に立てかけて置いても倒されそうで、フェンスなどもなかったので、国旗掲揚ポールに縛り付けさせて貰いました。

「ヤマハコミュニケーションプラザ」については写真をたくさん撮ってきたので、次回のエントリーでまとめてご紹介します。

180311-06

たっぷり2時間半ぐらい滞在し、帰る頃には西風がますます威力を増していました。

180311-07

「ヤマハコミュニケーションプラザ」の道を少し東へ行くと「ジュビロ磐田」のホームグラウンド「ヤマハスタジアム」があります。

180311-08

そこからさらに東へ行ったところにある「ひょうたん池」にも立ち寄ってきました。

180311-09

この周辺道路は舗装されていなくて、ロードバイクで来るにはあまり相応しい場所ではありません。

180311-10

帰りがけにJR東海道本線袋井駅と磐田駅の間に新しくできる工事中の新駅にも寄りました。

工事現場は神明中学校のすぐ北。JR東海道本線と東海道新幹線を跨ぐ陸橋の東側です。2019年末頃から利用できるようです。

180311-11

帰りは西風のお陰で往きの倍速で走れましたが、北へ向かうと、とくに吹きさらしの場所は横から車道に押し出されてとても危険です。風上に向かってちょっと斜めになりながら帰ってきました。

掛川城のまわりではカケガワザクラが花盛りでした。

180311-12

4月1日まで6時から9時まで毎日ライトアップされるそうなので、一度出掛けてみようかな。

迷走距離:41.46km Av:15.00km/h

コメントをどうぞ

モノタロウ 極薄ニトリルゴム手袋

三度の食器洗いがほぼ自分の専任になって、手荒れ防御のためにニトリル手袋を使っているため、以前に増して消費量が増えました。
昨年購入した「川西工業 ニトリル極薄手袋 #2039」の在庫も残り少なくなってきていました。

先日「モノタロウ」へ部材を注文したときに送料無料化調整を兼ねて「モノタロウ」ブランドのニトリル手袋を入手してみました。

180308-01

仕様は「川西工業 ニトリル極薄手袋 #2039」と同じで、左右兼用タイプのホワイト・粉なし・Sサイズ・100枚入りです。
ちなみにブルーもラインナップされていました。

180308-02

全長24cm、中指の長さ7.7cm、手のひらまわり16.8cm(川西工業は手の平の幅84mmと表記)。スペックもまるっきり同じでした。

価格は税込み647円で、川西工業のものはAmazonで現在751円になっているので、100円以上お値打ちです。

180308-03

川西工業のものと比べてみました。
何とパッケージのサイズは完全に一致。タテヨコタカサ同じです。

パッケージのサイズも同じなら中身のサイズも同じ。これはひょっとして!
製造はどちらも「MADE IN MALAYSIA」ですし、MサイズやLサイズのものも寸法は同じです。怪しいですね。

ただし、パッケージの取り出し口の長手方向の長さだけ5mm違っていました。

180308-04

右が「モノタロウ」製で、左が「川西工業」製。色目も同じ。

180308-05

右手に「モノタロウ」製。

180308-06

左手に「川西工業」製。ハメ心地も使い心地も、ついでに臭いも変わりがありません。
混ぜたら多分どちらがどちらかわかりません。

ということで「モノタロウ」でも良いです。

コメントをどうぞ

HDDスタンドとHDDケース

最近はパソコンデータの保存用メディアもBlu-rayやDVDよりもハードディスクの方がひょっとしたらコストが低いかも知れません。
読み取りや書き込みも速いし、使い勝手も良い。大容量のものもあるし。ただしその分トラブルがあると、目も当てられないほど悲惨ですが。

180305-09

外付けHDDを買い足していくと置き場所的にも電源的にもコスト的にも厳しいので、内蔵HDDを入れ替えて使用するHDDスタンドを導入してみました。

中華ブランドORICOの「6619US3-V1-JP-BK」というシングルドライブのHDDスタンドです。
このHDDスタンドはMacに対応していて安かったのでこれにしたのですが、USB3.0でさらに高速伝送できるUASPに対応しています。

UASPとはUSB Attached SCSI Protocolの略で、昔流行ったSCSIの通信プロトコルをUSBで使えるようにしてデータを効率よく転送する仕組みだそうです。

MacでUASPモードで動いているかを確認するには、Appleメニュー>このMacについて>システムレポート…>ソフトウェア:機能拡張で表示される画面で「IOUSBAttachedSCSI」の「読み込み済み」が「はい」になっていればOKです。

ちなみにうちの場合はHUBをかましているせいか「いいえ」でしたorz。いろいろ繋いでいるせいでUSBポートのやりくりが大変なので仕方ありません。
対応するHUBもあるようなので、余裕ができたらそうのうち考えたいと思います。

180305-10

パッケージの中身はスタンド本体とACアダプター、USB3.0ケーブル、中国語と英語で記載された使用説明書です。

180305-11

HDDスタンドにはむき出しの内蔵ハードディスクを縦にぶっ差して使います。

180305-12

ハードディスクは2.5インチと3.5インチ最大8TBまでのSATA接続のものに対応しています。

世の中にはツードライブのハードディスク間のコピーに対応したHDDスタンドも存在します。自分の場合はあまりそういう用途を想定していないので安価なシングルドライブタイプにしました。

180305-13

スリットの中は接続端子だけで、スリットの形状に合わせてまっすぐ差し込むだけです。

スリットの蓋は完全密閉されないため、ハードディスクが刺さっていない場合は上から侵入するホコリが心配です。

180305-14

本体裏側はUSB3.0のインターフェースとACアダプターの差し込み口。右側は電源スイッチです。

Macが起動している状態でハードディスクを挿入し、電源ボタンを押すと上面のインジケーターランプが点滅し、マウントするとランプは青く点灯状態になります。
アンマウントはMacのディスプレイ上のハードディスクアイコンをゴミ箱にポイ。電源スイッチを押して電源オフします。

180305-15

ACアダプターはちょっと嵩張ります。

180305-16

出力が12V 2000mAなのでこの大きさが必要なのかも。PSEマークも菱形の「特定電気用品」のが記載されています。

なんかAmazonのユーザーレビューを読んでいると、ACアダプターが日本仕様でなかったとか、Windows7で認識しなかったとかあるようです。
このHDDスタンドを使うようになってから1年近くになりますが、うちでは今のところトラブルフリーで使えています。

さて、裸のハードディスクが増えると保管に困ります。保管用のハードディスクケースが市販されていますが、先人がアイディアを紹介していました。

180305-17

ダイソーなどの100均商品のハガキ保管ケースがサイズバッチリだそうです。

ちなみにサイズ(外寸)は幅155mm×奥行き117mm×高さ40mm。内寸実測は幅約152mm×奥行き(一番狭い場所)約105mm×高さ約37mm。

180305-18

ケースの材質はポリプロピレンで静電気防止対策はされていないので、安全のために新品のハードディスクが入っていた静電気防止フィルム袋に入れてから収納します。

180305-19

蓋を閉めるとガタもあまりなく、まるで専用のハードディスクケースみたいです。

コメントをどうぞ

アクションカメラの結露防止に「cotta シート乾燥剤」

昨年の10月にMUSON MC2を常時給電用ケースに入れて連続撮影したら内部結露が発生し、10分くらいで画面の左側(USB端子側)に黒く隈取りができてしまいました。

その時は電源入れっぱなしで録っていたというのもありますが、10分、20分くらいなら録りっぱなしということも良くあることなので、結露対策をすることにしました。

180305-01

その対策は常時給電用ケースに「cotta シート乾燥剤」をカメラと一緒に入れます。

「cotta シート乾燥剤」は個包装のせんべいやケーキなどのお菓子と一緒に封入して湿気らないようにするための防湿乾燥剤シートです。

実測0.3mmの厚さで、見た目は両面をフィルムでラミネートしたしっかりとした厚紙です。
シリカゲルのように厚みがないのでケースの隙間に挟むことができます。

180305-02

用途に応じて複数のサイズがあるようですが、手に入れたのは4×5cmのもの。100枚入りなのでたっぷり使えます。
ただその分長期保管になるので、保存にはシートの入っていたチャック付きプラ袋をさらにジップロックのような袋に入れ、お菓子に入っていたシリカゲルなどを入れています。

使用目安として「お菓子の重さ(g)/1.5 = シート乾燥剤の面積(平方cm)」というスペックですが、ケースとカメラの隙間スペース的に挿入できる限度の大きさかなと思います。

180305-03

最初は単純にレンズの視界を妨げない寸法で折り曲げ、カメラ前方から底部の隙間にシートを挿入しました。

これでちゃんと入れることができるのですが、カメラが隙間なくケースと密着するため、カメラを抜くときに難儀します。

180305-04

それで現在はシートをハサミで分割して入れることにしています。

まずシートを半分に切断し、一方をレンズの分を逃げるようにカットします。

180305-05

半分にしたシートをカメラ底部に、もう一方をカメラ前部に配置し、カメラを入れます。

180305-06

シートの切れ端はカメラ上部などの隙間に入れれば無駄がありません。

シートを折り曲げて入れるより密着せず、カメラをケースから簡単に取り出すことができます。

180305-07

この写真は昨年の10月9日に撮影した時のもので、画面左側に隈取りができています。

180305-08

こちらの写真は先日3月3日にサイクリングしたときのものです。隈取りは完全になくなっていませんが随分マシです。

温度や湿度、季節や時刻によって環境が一定でないため比較しにくいのですが、シートを昨年11月から使ってきて、防湿シートなしのときみたいな酷いことにはなっていないし、大体同じような結果になっているので、一応の効果があるんじゃないかな。

USB端子側へはシートを挟む余裕がないし、これ以上の対策はネイキッドフレーム+レンズカバーしかないかも知れません。

コメントをどうぞ

カテゴリー