梅雨の晴れ間にサイクリング

天気予報を見ると1日だけ晴れで、またしばらく雨降りが続くみたい。ということで6月22日(金)はウィークデーだけどサイクリングに行ってきました。

ほぼ通い慣れたルートばかりですが、富士山静岡空港から静波海岸に至る道に初めて走るルートを組み込んでみました。

この日は天気予報的には晴れでしたが、実際は晴れたり曇ったり。晴れると気温が高く真夏のよう。ボトルの水も3本消費。今年の夏は例年にも増す暑さを予感させます。

風も強く、特に西風が強くて横風で何度もハンドルを持って行かれそうになりました。平日なのでトラックなども多く走っており、大型車が脇をすり抜けると突風が襲ってきて怖いです。

それでも、新しくなったPolar V650のと新調したアイウェアのテストを兼ねて、ちょっとまとまった距離を走ってきました。

180622-01

富士山静岡空港のターミナルビル内は大きく変わっていて、以前は狭苦しい感じでしたが、航空会社のカウンターが横に長く連なっていました。

1階にあったコンビニも変わっていて、以前は西側の端にデイリーヤマザキが入っていました。それが今度は東の端にセブンイレブンになっていました。
駐輪場はターミナルビルの西端なので、コンビニまで遠くなってしまいました。東端にも駐輪場を作って欲しいです。

180622-02

石雲院展望デッキの無料コーヒーサービスは土日祝日だけです。有料のコーヒーはないかなと期待したのですが、お店自体が締まっていました。

180622-03

富士山静岡空港からは初めて通る道を一気に下り、郵便配達のバイクと抜きつ抜かれつしながら静波海岸へ。

180622-04

さすがに駐車しているクルマも海に入っているサーファーも少ない。

180622-05

何故か自由の女神が立っていました。何回かここに来ましたが、初めて知りました。

180622-06

海の家はまだ工事中で、3軒が軒を並べていました。

手前の「静波館」のフェンスには大手企業や○○健保などの看板が掲げられています。社員の保養施設として契約しているようです。中には山梨県と書かれたものもあり、山梨からここまで海水浴に来るんでしょうね。

180622-07

相良の街に入ると道端に「田沼意次候城下町」と掲げられていました。田沼意次は相良藩の初代藩主だそうです。看板も初代藩主も初めて知りました。

180622-08

波津1丁目交差点近くのKOマートで食糧を確保し、小堤山公園で昼飯休憩。何度も公園の下を通っているけど、ここに来たのは初めて。ついでにトイレもお借りしました。

180622-09

いつもの定点撮影スポット。

180622-10

ここも。今日は御前崎港へは行かず、地頭方から御前崎市街方面へ。

180622-11

久し振りに池宮神社に寄りました。

180622-12

前来た時と龍のお顔が違っているような?なんか鼻先が短い?

180622-13

桜が池。

180622-14

本殿。帰りは池宮神社の前の道を西へ行くとちょっとショートカット。

V650は終始問題なし。道を踏み外すこともなく完走しました。最近ケイデンスセンサーを認識しないことがあったのですが、それも直っていました。

V650は走行していないときにも本体を持ち歩いているだけでGPSを記録してしまいます。
一時停止していても記録しちゃうので、実際の走行距離に近い数値が欲しければ普通のサイコンが欠かせません。完全な休止モードを望みます。

迷走距離:83.55km Av:17.19km/h

2件コメントがあります

Hafny バーエンドミラー

スタンドで立てていたLGS-5をまた転倒させてしまいました。

180619-06

転送するだけならまだしも(転倒しないに越したことはないが)、ついこの間補修パーツと交換したばかりのミラーをまた折ってしまいました。
取り寄せた補修パーツ3個のうち2個を消費してしまったことになります。

転倒するとミラーが地面に接触し、そして構造的に一番弱いボールの首部分で折れてしまいます。
同じ事の繰り返しになるため、いっそのこと転倒に強そうな、他のミラーに換えることにしました。

180619-07

今度のは「Hafny バーエンドミラー(ブルミラー・チタンボルト仕様)」です。

「Hafny バーエンドミラー」は台湾製で、ブルミラーのものとシルバーミラーのものがあります。ブルミラーはガラス製鏡面でシルバーミラーはステンレス製鏡面です。
レビューによるとガラス製の方が平滑度が高いようなので、少し値段が高くなりますが、ブルミラーのものにしました。

180619-08

パッケージの中にはミラーだけがむき出しで入っています。こちらはミラー面です。

180619-09

裏側です。

180619-10

取り付けには5mmアーレンキーが必要で、製品には付属しません。内径16〜22mmのハンドルに対応しています。

180619-11

取り付けボルトはチタン製のようです。

180619-12

ブルミラーの「Hafny バーエンドミラー」とシルバーミラーの「ブッシュ+ミラー サイクルスター901/3」の比較。
「ブッシュ+ミラー サイクルスター901/3」は直径55mmに対し、「Hafny バーエンドミラー」は直径62mmと大きめです。

ブルーミラーは像が若干暗く見えます。レビューによると、夜間クルマのライトがソフトな感じに見えるようです。

180619-13

自転車のバーエンドには、下に吊すような位置に取り付けます。ミラーがハンドル幅から突出しないので、転倒に強そうな気がします。

ハンドルを握った腕の間からミラーを見ることになります。脚の映り込みが多少ありますが、最適な位置を探せばそれほど問題とは思いません。

180619-14

鏡面はほんの少しラウンドしており、平面ではありません。見え方は「ブッシュ+ミラー サイクルスター901/3」とあまり違いがなく、極端に小さく写らないので僕的には許容範囲です。

走行中も振動で揺れることもなく、その点も合格です。ひとつ問題になりそうなのは、ハンドルを右に切ったときミラーがトップチューブに当たること。走行中はそこまでハンドルを切らないと思いますが、駐輪中ならミラーの角度が変わる可能性があります。

コメントをどうぞ

リアディレーラーハンガーの交換

息子の乗っているシェファード2011の整備をしていたら、リアギアをローに入れると異音がします。

180619-01

覗いてみたら、リアディレーラーがスポークに当たっていました。

180619-02

最初は「リアディレーラーの故障かな」と思ったのですが、どうやらリアディレーラーハンガーが微妙に曲がっているようです。
多分駐輪中などに転倒してハンガーを曲げちゃったのかも知れません。

180619-03

調べてみたら、2006年モデルから2016年までは、シェファードのディレーラーハンガーは共通のようです(2017年以降は未確認)。

ワールドサイクルが一番安かったので、AERO-R1を購入するついでに取り寄せました。

180619-04

リアディレーラーハンガーの交換は初めてだったのですが、取り付けには5mmアーレンキーとペグスパナが必要です。ペグスパナがないとナットが空回りして締め付けられません。

180619-05

やっぱり不調の原因はリアディレーラーハンガーだったみたいで、取り替えたら全段変速できるようになりました。

コメントをどうぞ

Polar V650は生まれ変わって退院

GPS誤作動で入院していたPolar V650が生まれ変わって退院・・・というか新品交換ということで戻ってきました。

180618-05

大きめのプチプチ入りビニール袋で戻ってきたと思ったら、入っていたのは新品のV650とこちらから送る時に使った内蔵ハードディスクの段ボール箱。
念のためと段ボール箱を開けたら、送ったV650が送ったときと同じような状態で入っていました。

一瞬得した気分になりましたが気が引けたので、サポートに戻ってきたことをメールで伝えました。
返事は着払いで送り返して欲しいとのことでした。

同封されていたペーパーには「内部ソフトウェアに問題がありました」と書かれています。それ以上のことはわかりません。

交換されたV650は、外観上は新旧と差がありません。USBポートの上部に貼ってあるシール内容のレイアウトが変わっていました。内容そのものは同一です。また、中のソフトウェアは最新版になっていました。

V650が新品になってしまったので、初期状態のデータ設定や基本地図の再設定が必要です。
取り込んだルートはPolar Flowから再読み込みしますが、走行履歴は完全にクリアされた状態で、これは復帰できないようでした。

物理的には、液晶保護フィルムと脱落防止用ワイヤーのベースを貼り直さないといけません。

180618-01

液晶保護フィルムは、ミヤビックスのアンチグレアタイプを使用していたのですが、使っているうちに写真のように表面が剥がれてきていました。

180618-02

それで、今度は同じミヤビックスの高光沢タイプにしてみました。

楽天市場のミヤビックスショップで購入したら、液晶面の汚れを拭き取るクリーナーキットがオマケに付いてきました。

180618-06

クリーナキットはおしぼりのような液体を含んだシートと拭き取り用のクロスのセットです。これで液晶面をクリーニングし、フィルムを貼ってやりました。

このフィルムは貼る位置を完璧に合わせなければならないので難易度が高く、貼り直していたら、また気泡がいくつか入ってしまいました。
V650用の液晶保護フィルムはミヤビックスの製品が唯一で、他に選択肢がないのが辛い。

180618-03

脱落防止用ワイヤーのベースは結束バンドの固定ベースです。古いV650から剥がそうと思ったのですが、強固にくっついていて、剥がれたとしても強力な両面テープを用意しなければなりません。

REC-MOUNTSで脱落防止キットを再購入すると割高になってしまうため、ベースだけをホームセンターで買ってきました。

180618-04

両面テープの厚みが元のものと違いますが、多分大丈夫だとと思います。V650に携帯電話やカメラのようなストラップホールが最初からついていれば苦労しないのですが。

さて、バーミヤンに行くときにV650をクルマに持ち込み、道案内させながらテストしてきました。
結果は、11時前に出発し正午を跨いで記録させましたが、最後まで道を踏み外さないで正常に動作しました。クルマでの使用なので当然スピードセンサーなどはなしですし、タイヤ周長などもクルマ用にはなっていません。

みちびきがGPS不具合の原因なら、現在みちびき2〜4号が停止中なので当然の結果です。みちびきの送信が再開されたらまたGPSをロストするかも知れません。

4件コメントがあります

バーミヤン×ももクロコラボセット

カミさんとバーミヤン浜松白羽店へ「ももクロコラボセット」を食べに行ってきました。

180617-01

「ももクロコラボセット」は、ももいろクローバーZの10周年ベストアルバムの発売を記念して企画されたバーミヤンとのコラボキャンペーンです。
バーミヤンとのコラボは今回が2回目で、「とろとろ白桃とアンニンのアイス添え」に前回は「オリジナルレンゲ」、今回は「オリジナル小皿」がもらえるというものです。

前回はレンゲが品切れになったりいろいろあり、近場にバーミヤンがないこともあって、結局手に入れずじまいでした。
今回は品切れの噂も聞かず、最終日が6月24日と迫っていたので出掛けた次第です。

お昼を食べられる時間帯に行ったので、食事と一緒に「ももクロコラボセット」を注文しました。

180617-02

「とろとろ白桃とアンニンのアイス添え」はアイスクリームを「バニラ」か「いちご」のどちらかで選べます。僕たちは「バニラ」を選択。
食後でもツルッとお腹に入るサイズとおいしさでした。

180617-03

「オリジナル小皿」は5種類あるのですが、選ぶことはできません。

まっ黒けのビニール袋に入っていて、これがまたしっかりした袋で手で破くには難儀です。仕方がないので楽しみは家まで持って帰りました。

180617-04

家に帰ってきてから袋を開けたら、中身は2枚とも夏菜子ちゃん。
推しメンなので、うれしいような悲しいような複雑な気分。ベストは夏菜子ちゃんと箱推しバージョンでした。

コメントをどうぞ

カテゴリー